柴田恭兵の嫁・加奈はバツイチ元モデル。飲み屋で意気投合して結婚へ。

今回は、柴田恭兵さんの奥さんや息子さんら、家族についてなど色々と紹介していきます。

柴田恭兵は1982年に結婚!

柴田恭兵さんの奥さんの顔画像は公開されていません。

名前は元モデルである加奈さんという女性。愛媛県出身

現在、柴田恭兵さんが所有している個人事務所の社長というポジションを受け持っているようです。

元モデルということですから、もしかしたら顔画像が出回っている可能性もありますが、見つけるのは難しいですね。加奈という名前に関しても偽名である可能性は十分にありますので、有力な情報は現段階ではないのでしょう。

ただ、元モデルというだけありますので、容姿端麗に違いありません。

 

1982年の結婚当時、柴田恭兵さんは32歳。加奈さんにとって、柴田恭兵さんとの結婚は2回目。再婚だったんですよね。

 

馴れ初めについて

奥さんがシングルマザーをしていた時に飲み屋(居酒屋?キャバクラ?)で出会ったようです。最初は、友人の紹介だったようですね。

二人でお酒を楽しみ、談笑しているうちに意気投合したそう。

スポンサーリンク

元モデルということなので、馴れ初めは、芸能関係かと思ったのですが、どうも違うようですね。芸能関係で柴田恭兵さんと加奈さんは出会い、その後、加奈さんは芸能界を引退したのだと思っていましたが。

 

シングルマザーって、結婚経験がありますから、包容力が結婚したことがない女性と比べて、段違いなんですよね。いい意味で、結婚に夢を持っておらず、現実的ですから、わがままを言わないケースが多いんですよね。

もしかしたら、柴田恭兵さんは、そこに色気を感じたのかもしれません。(どんな理由で離婚したのか、その女性の性分にもよりますがw)

 

交際中エピソード

交際から結婚まで、すべてスムーズにいったのかと言うと、実際にはそんなことはなかったようで、むしろ付き合いたてホヤホヤの時に大喧嘩をしたそう。

スポンサーリンク

それで関係がプッツン途切れるかと思いきや、むしろ仲良くなったそう。心の距離が縮まったんですね。お互いに本音をぶつけ合わないと、相手が心の底で何を考えてるのかってわからないですし、いい機会だったのでしょう。

 

夫婦仲

恐妻家という噂があります。名俳優の柴田恭兵さんでも、自宅では奥さんの尻に敷かれていると。真相は不明ですが、旦那さんがこれだけ長い間、俳優として活躍されているのには、間違いなく奥さんの献身的なサポートがあってこそでしょうから、きっと素敵な奥さんをされているのだと思います。

自宅は、東京都世田谷区上馬の一軒家ということで、それはもう稼ぎも十分にあるでしょうから、晩年は悠々自適でしょう。

 

子供

柴田恭兵さんには、1人の娘と2人の息子がいました。

「いました」という表現なのは、1984年に誕生した次男である「鮎」さんが2004年に死去しているからです。

長男の名前は「智大」で、次男は上記にもあるように鮎という名前ですが、長女の名前は公表されていませんが、1987年に誕生したことだけはわかっています。

長男に関しては嫁である加奈さんの連れ子。

奥さんに関してのこともそうですし、子供に関してのこともそうですが、柴田恭兵さんはプライベートをしっかりと守る人。賢明な判断だと思います。

 

息子(=次男)の死因

次男の死因は、「心臓発作」とのことです。

もともと鮎さんは喘息を持っていましたが、喘息から併発した心臓発作によって死去しました。

まだ20歳であった鮎さんは心臓発作を起こした当時、実家を出て一人暮らしをしてしました。

当時、九州芸術工科大学に通い、コンピューター音楽について学んでいたので、家に一人の状況だったようです。

それゆえ誰も心臓発作に気づかず、一人で命を落とすことになってしまいました。知人が鮎さんの家に訪問したところ、すでに鮎さんは死亡。

もしも周りに気づける人がいたら鮎さんは亡くならなくて済んだのかもしれません。

自分で救急車を呼ぶような余裕がなかったということですから、ひどい症状に苦しまされたことでしょう。

想像すると胸が痛くなります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.