西田敏行の嫁・西田寿子の交際当時エピソードがかっこよすぎる!

映画「釣りバカ日誌」のハマちゃん役や「ドクターX」などのドラマに出演し、大河ドラマ「西郷どん」では語りとして、さらに「探偵!ナイトスクープ」など司会者としても活躍している西田敏行さん。

西田寿子さんと結婚していますが、奥さんとの馴れ初めや結婚生活について紹介します。

 

西田敏行は1974年に西田寿子と結婚!

西田敏行さんが寿子さんと結婚したのは1974年8月のことでした。当時、西田さんは27歳、奥さんは23歳でした。

過去、第一生命の「グランドライフふぁみりぃ」というCMで家族全員と共演を果たしており、上記画像の西田敏行さんの右隣にいる女性が奥さんなのではないか。と言われています。心なしか、西田敏行さんと似ている気がします。

 

馴れ初め

二人が出会った当時、西田敏行さんは24歳、奥さんは20歳でした。

西田さんが1968年から所属していた劇団「青年座」(1970年に卒業)に寿子さんが研究生として入ったことが、初めての出会いでした。そこで、西田敏行さんは、一目惚れしたそう。

 

交際中エピソード

知り合ってから数ヶ月後には、寿子さんのアパートに転がり込んで同棲を始めています。

ある日、二人で一緒にお酒を飲んだ後、西田さんが奥さんの自宅アパート(4畳半)を訪れた際、モノと言えば、ひびの入った鏡台くらいしかなかったようなんです。

このことについて、奥さんは「女優だから鏡台は必要だけど、そのほかはいらない」と発言したことに、西田さんはビビッときて、彼女が住んでいたアパートに転がり込む形で、同棲生活が始まったんです。

スポンサーリンク

質素な暮らしぶりに十分満足していることから、「この人となら長く一緒にやっていけそうだな」と感じたのではないでしょうか。派手なモノ・コトってそう長くは続かないものですし、やはり「足るを知る」という考え方が根底に無いと、結婚生活はしんどいですよね。

 

同棲をきっかけに彼女は劇団を辞め、女優の夢をあきらめました。以降、寿子さんは俳優の下積み生活を送る西田さんのために仕事を開始。アルバイトをいくつも掛け持ちして、ただひたすら、西田さんが俳優として花開く日を夢見て、経済的なサポートを自ら買って出たんです。

一目惚れから彼女のアパートに転がり込むって、かなりのアタックを繰り返したのではないでしょうか。

 

結婚生活

結婚後は、お金がなかったことから新婚旅行にも行っておらず、東京都世田谷区内の家賃35,000円の2Kアパートに住んでいたものの、1977年にはドラマレギュラー出演枠を獲得し、世田谷区粕谷に4000万円のマイホームを購入しました。

最寄り駅は、京王線の芦花公園だそうです。

 

夫婦仲がわかるエピソード

西田敏行さんは、長女が生まれた時に、奥さんへ、「育児がひと段落したら、女優に復帰していいんだよ」と伝えたことがありました。これに対して奥さんの返答はNO。

最初から、西田さんを家庭面からサポートする覚悟を決めていたので、女優復帰は微塵も考えていなかったようです。

 

病気で大変な思いをしてしまう

スポンサーリンク

そんな幸せな家庭に身を置く西田さんですが、たびたび出るのが病気の話題。

2001年には加齢が原因の頸椎性脊髄症で手術、2003年には心筋梗塞で緊急入院、2016年2月には自宅ベッドから落ちたことが原因で頸椎亜脱臼で4時間半もの手術を経験。

4月末には胆嚢炎を患い、心身共に大変な思いをした年になりました。

すでに退院していて、通院しながらリハビリをされているようですから、もうそれほど心配するような状態ではない様子。

 

ただ、西田敏行さんの日常生活を見てみると、過去かなり身体に負担を与えてしまっていたことがわかりました。

というのも、病気をする以前までは、一日に60~70本もタバコを吸うヘビースモーカーでしたし、さらには、大酒飲みの大食漢。生活習慣を整えることは急務だったということです。

実際、心筋梗塞を患った時には、病院の主治医さんからも不摂生をはっきり指摘されたようで、奥さんは禁煙と禁酒を守るように、西田敏行さんにきつく言ったんだとか。

それでも、お酒だけは完全に断つことはできなかったようですが、禁煙には見事成功し、90キロオーバーだった体重も82キロにまで落とすことができました。

 

これら話とは別に、一時期痩せてしまったことから、「もしかして、がんで入院?」とか「薬物では?」という噂もあったようですが、そういった事実はありません。

入院中も退院してからも車いすを押したり、寿子さんは献身的に看病したそうです。お二人ともとても仲良く、理想的な夫婦ですね。

 

妻と娘には頭が上がらない?

どうやら西田敏行さんは嫁と娘に頭が上がらないそうです。

というのも、まだ、寿子さんが大分にいた時、西田さんは毎日何通も手紙を出して結婚を迫ったんですよね。そのため、夫婦喧嘩をすると、寿子さんはその手紙を出してきては、「どう落とし前つけるんだ」と怒られてしまうんですって笑

「あの時、覚悟したんじゃなかったっけ?」ってことですね笑

娘達には「パパの宝物」という歌を作ってあげたそうなんですが、一番父親を必要とする頃に、仕事に追われてしまったことを今でも後悔しているそうです。

家族ならではのエピソードですよね。

やはり出身地が大分の奥さんに猛烈にアタックしていたとのことで、頭が上がらないんですね。でもそれだけ今でも仲がいい証拠です。

 

子供は?

西田敏行さんの子供は2人です。1976年には長女の娘さん、その後、次女の娘さんが誕生しています。

長女は彩夏(さやか)さん、次女は梨沙(りさ)さんと言います。実は、娘さんがまだ小さい頃にテレビCMで共演しているんです。

西田敏行さんは息子さんもいるイメージですが、実際には娘さんが2人で息子さんはいません。

80年代に放送されていたドラマ「池中玄太80キロ」(上の写真)では3人の娘を育てるパパ役でしたけど、あんな感じのいいパパ像が浮かび上がります。

 

嫁さんとの馴れ初めや家族、西田さんご本人の病気について紹介しました。上島竜兵さんと顔や雰囲気が似ているからか、兄弟という噂もある西田敏行さん。

上島さんとは全く血縁関係はありませんが、俳優でありながら人を笑わせるのが好きなところや、あの顔が家族や視聴者をいつも癒してくれます。

年齢も70歳を越えているとは思えませんし、お孫さんがいるのかもわかりませんが、まだまだ元気に活躍されることでしょう

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.