二階堂智の嫁・結婚相手は誰?妹は二階堂千寿。ラストサムライに出演!

nikaidou-satoshi-kekkon

こちらでは俳優兼ナレーターの二階堂智さんの結婚事情についてご紹介します。

 

二階堂智の結婚相手は誰?

二階堂智さんは現在52歳ということですが、奥さんや子供さんはいらっしゃるのでしょうか?

早速チェックしていきましょう!

ところで、二階堂さんって独身??

独身であって欲しいです・・・

夢に出てくるくらい好きになってしまいました。
あぶないあぶない。

大人女子の心を掴み続ける素晴らしい演技力と整った顔立ちが魅力的な二階堂智さん。

スポンサーリンク

ネット上では独身であってほしい!というコメントも上がっていました(*^▽^*)

二階堂智さんが結婚しているのか調べたところ、プライベート情報がほとんどありませんでした。

現在52歳なので、結婚している可能性も否定できませんが、情報がないため何とも言えません。

ツイッターには「二階堂智」の名前でアカウントがあり、妻と子供がいる人物がいることがわかりましたが、別人であることがわかりました。

二階堂智さんはブログやSNSをやっておらず、私生活に関する画像や情報(特に女性関係)は残念ながら見つけることができず↓

もしかすると色んな役柄を演じることができるよう、あえてプライベートを隠しているのかもしれません。

本当に独身だとしても、最近の日本は晩婚化しつつありますし何より二階堂さんであれば素敵な女性と巡り会えそうですけどね(*^▽^*)

まい   「好きなアーティストは?」

二階堂さん「…….あ~ 出て来ないです」

まい   「好きな女性のタイプは?」

二階堂さん「気が合う人」

二階堂智さんは「気が合う人」がタイプとのこと。

見た目よりも中身を重視して交際相手を選んでいる、ということでしょうか♪

誠実なところも含めて素敵な俳優さんですね^^

 

妹は二階堂千寿

二階堂智さんの実妹は、女優の二階堂千寿さんです。

二階堂千寿(にかいどうちひろ)さんは1969年9月23日生まれの48歳、東京都出身です。

2歳から児童劇団に入団していました。

二階堂智さんの妹さんも役者をやっているそう^^

最近だと京都地検の女などのサスペンス系ドラマに出演しています。

子役として活躍していた二階堂千寿さんは、11歳で出演したドラマ「熱中時代先生編パート2」で脚光を浴びます。

スポンサーリンク

同ドラマで水谷豊さんと共演、後にドラマ「相棒」でも共演したことで、ファンの間で話題になりました。

二階堂千寿さんは子役としてデビューした当時、今でいう芦田愛菜ちゃんのように天才子役として注目を集めていたんだとか!

子役で一度人気になると人生が転落してしまったり、大人になったら全く別の職業に就く方も多いものですが、現在も女優業を続けているってとても素晴らしいことですよね。

いつか兄の智さんと一緒に映画などの作品で是非共演してほしいものです◎

 

ラストサムライに出演!

2003年公開の映画「ラストサムライ」に出演しました。

映画「ラストサムライ」は日本の「武士道」を偏見なく描いた意欲作品であり、ハリウッド映画でありながら、日本人俳優を数多く起用したことで話題になりました。

二階堂智さんはどちらかというと主役よりも脇役を演じることが多いので、今回彼のことを初めて知った!という方も中にはいらっしゃるかもしれません。

しかし、実は二階堂智さんは過去にラストサムライにも出演している程超実力のある俳優さんなんです!

映画「ラストサムライ」はトム・クルーズ主演で制作され、渡辺謙さんや真田広之さんなど後にハリウッド映画で活躍する俳優が出演しています。

映画「ラストサムライ」がきっかけで、その後、ハリウッド映画に進出した俳優が多くなりました。

二階堂智さんは、映画「ラストサムライ」で政府軍指揮官を演じました。

映画「ラストサムライ」に出演した渡辺謙さんは、「ゴールデングローブ賞」「アカデミー賞」助演男優賞にノミネートされましたが、いずれも受賞には至りませんでした。

ラストサムライでは政府軍指揮官に抜擢され、更には冷たい大地に横たわる死体のエキストラなども演じていたそう。

「エキストラ」と言っても天下のハリウッド映画なので、ある程度のスキルがなければ選ばれませんからね^^◎

過去には倉本聰さんの俳優養成塾「富良野塾」で本物の演技を学んでいたからこそ実力を発揮することができたのでしょう。

2006年公開(日本では2007年公開)の映画「バベル」に出演しました。

監督は「バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」や「レヴェナント:蘇えりし者」などを手掛けたメキシコ人監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥです。

旧約聖書の創世記第11章に登場する「バベル」を元に、言葉・心が通じない様をアメリカやメキシコ、日本を舞台にして描かれた作品です。二階堂智さんは、刑事役で出演しました。

更にはアカデミー賞を受賞したバベルにも出演しています。

イニャリトゥ監督から演技力を大絶賛され、カンヌ映画祭にも招待されたそうですよ^^

ちなみに、二階堂智さんについて調べていると「二階堂智也」「二階堂智子オンザムーン」「二階堂智子アートフラワー」と言ったキーワードが頻繁に上がっていますが、俳優の二階堂さんとは特に関係性はない模様。

おそらく、名前が人文字違いなので関連キーワードとして検索されている可能性が高いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.