松風雅也と嫁・EmikaUmemotoと9年愛の末、結婚!一途すぎてヤバイ!

matsukaze-masaya-yome-emika-umemoto

声優や俳優として大活躍している傍ら、有名どころのメンバーの中に入ってしまうと、やや埋もれてしまったり、「下手くそ」という部類にカテゴライズされてしまう松風雅也さん。

彼の人間性の良さや、ピュアな恋愛観はきっとどこかで才能となって発揮されるはずです。

死亡説が出たという噂は本当なのでしょうか?

 

松風雅也の嫁のEmikaUmemoto。

声優としてはそれ程有名なわけではありませんが、松風雅也さんは芸能人が一度は出てみたい番組、「踊る!さんま御殿!!」に一度キャスティングされ、大活躍したことがあるんです。

控え目だけどしっかり仕事する男、松風雅也さんが選んだ女性は一体どんな方なのでしょうか?

 

9年間付き合っていた女性と結婚

1997年、「スーパー戦隊シリーズ」の『電磁戦隊メガレンジャー』においてメガブルー / 並樹瞬役として役者デビュー。

その後テレビ東京系バラエティ番組『おはスタ』のおはスタ番長などの役者活動を続ける。

スポンサーリンク

また同時期にセガのゲーム『シェンムー』の主人公・芭月涼のモーションキャプチャを兼ねて声優業にも進出。

その後は声優活動を主としているが、俳優としてもミュージカル『リボンの騎士』では王子フランツ役を演じ、タレントとしてラジオパーソナリティやtvk制作の昼バラエティ番組『ありがとッ!』などの司会も務め、『踊る!さんま御殿!!』でもトークでその場の雰囲気を盛り上げるなど、幅広く活躍している。

2003年4月から2007年3月までbayfmの『BAY LINE 7300』でパーソナリティを担当。

また、2003年10月から2004年9月まで『電撃大賞』のパーソナリティを浅野真澄と共に務める。

2004年2月に9年間付き合っていた女性と結婚。

2011年3月より青二プロダクションに所属。
それ以前はビッグアップル、ラディクスモバニメーション・マルチックアイ事業部、ヴァロック・ワークスに所属していた。

声優にしておくには勿体無いビジュアルを持っている松風雅也さんは、声優の仕事をしながら、時々、ミュージカルでも活躍されています。

私生活では2004年に、9年間も付き合ってた女性と結婚!!

かなりピュアな一面を披露してくれたのです。

 

死亡説や裏名について。

松風雅也さんは現在41歳です。

死亡説がでるにはまだ若過ぎる気がするのですが…。

一体どうして松風雅也さんに死亡説が出ているのでしょうか?

 

売れっ子声優の通る道

松風雅也には、過去に死亡説が流れたことがあります。

松風雅也の死亡説の出所は、正確にはわかりませんが、現在も5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)などの掲示板への書き込みを確認できます。

スポンサーリンク

現在確認できる情報では、松風雅也は2007年9月13日に死亡したことになっていますが、情報によって死亡日時や死因が違っていますし、嫁の名前が明らかに間違っていることから、嘘の情報であることが明らかです。

また、松風雅也は現在も声優・俳優として活躍していることから、死亡説は噂にすぎません。

死亡説が出た時、判断基準とされたところが「奥様の名前が違った」ところだったなんて、なんとも切ない話ではありませんか…。

結局調べてみても、なぜ松風雅也さんに死亡説が出たのか、という原因は分かりませんでしたが、とにかく内容は全くのデマだということが分かりました。

 

裏名義はない

松風さんは残念ながらBL関連の仕事(特にCDやゲーム)は断っているようで、BLCDは出ていないです。

松風雅也さんくらいの年齢であれば、裏名義を持っていることの方が多いのですが、松風雅也さんはまだそのようなジャンルの作品には参加されていないようですね。

 

下手との声も?

悲しい事実なのですが、松風雅也さんには「声優が下手」という噂が浮上しています。

これまでの経歴を確認すると、携わったお仕事は100をゆうに超えてきます。

それでも彼は本当に下手なのでしょうか?

 

感情がこもりすぎてわざとらしい

演技が下手だと思うプロの声優

前のトピ好きだったので、もう1度。
声優が本業の方のみの名指しでお願いします。

新ハンターハンターのイルミ役の松風雅也!
感情がこもりすぎてわざとらしい。
旧の高乃麗が良かった。

松風なんて未だに代表作なしだぞ!

松風の代表作はKAIKANフレーズだろ

確かに、下手な声優は誰かというスレが立つと、そこには必ずと言っていい程、松風雅也さんの名前が出てきてしまうようです。

しかし必ず名前がでる…というくらい有名であることも間違いないなさそうです。

 

俳優と声優の兼業

俳優と声優の兼業という「二束の草鞋」を履くような芸能活動ぶりを見せるが、松風本人は「素晴しい作品を作るためなら俳優と声優どちらでも関係無く出演したい」と言う。

よゐこの有野晋哉と仲が良く、有野の家の家具はほとんどが松風の特製のものである。

日本には「類は友を呼ぶ」という言葉がありますが、よゐこの有野晋哉といえば、性格が良さそうなことで有名です。

下手くそだと言われることもあるかもしれませんが、それはその分、彼が売れっ子だという証拠でもあるのです。

大御所声優のような派手さはありませんが、声優人生の終盤にはきっと人間性が声ににじみ出てくるようになってくるはず。

松風雅也さんの場合は、60代になってピークを迎えるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.