関俊彦が結婚した嫁は小林輝世子!娘の名前は?関智一と似てる?兄弟なの?

sekitoshihiko-yome

今回は声優の関俊彦さんについてみていきましょう。

 

関俊彦について

関俊彦さんといえば、大人役、中年役、クールな美形、冷酷な悪役、主人公のよき理解者、おっとり系、三枚目、老爺役など幅広い役柄をこなす声優さんです。

1980年代から活躍を続けているベテラン声優で、歌唱力にも定評があります。

若手時代はova作品『冥王計画ゼオライマー』において、気弱な主人公秋津マサトとその冷酷な黒幕木原マサキの二重人格主人公の演じ分けをして、話題になりました。

そんな関俊彦さんの結婚した嫁や娘について調べてみました。

 

関俊彦が嫁と結婚

関俊彦さんは2000年頃に結婚されているようです。

奥さんについては現在メディアに露出することがないのであまり知られていないかもしれませんが、元声優の小林輝世子さんです。

スポンサーリンク

関さんの奥さん・小林輝世子さん(元声優)を、かつて山寺宏一さんも狙ってたらしいのですが、関さんがゲットした。

このような話もあるくらい、声優界ではモテていた小林輝世子さん。

そして見事その小林輝世子さんのハートを射止めた関俊彦さん。

詳しい馴れ初めは分かりませんでしたが、現在も夫婦仲は良好のようです。

 

娘の名前は?

関俊彦には娘さんが2人いらっしゃいます。

事前に募集しておいた質問を、出演者のみなさんににぶつけるコーナー(笑)。

昼の部では「関さんの娘さんがアンジェリークのキャラクターとつき合うとして、誰だったら許しますか?」という質問にしぶしぶ(笑)オスカーと答えていました。

「これ、「イリュージョン」のビデオだよね?僕、今日初めて見ました―(笑)。

そう言えば、うちの娘が今朝見てました(笑)」

朝からビデオをご覧になる関さんの娘さんが「最遊記」ファンだったら嬉しいですよね~

ファンとのイベントではたまに娘さんの話をするようです。

娘さんについての名前が気になっている人が多いようで調べてみましたが、詳しい情報は一切出てきませんでした。

 

関智一と兄弟?

関俊彦さんと、同じく人気声優である関智一(せき ともかず)さんは兄弟なの?と言われることが多いです。

同じ苗字ですし、そろって人気声優ということもありますが、2人はまったくの他人だそうです。

「大人気声優のダブル関とも言われる、関智一さんと関俊彦さんに迫る!」なんていう企画もあるくらい、有名な声優さんであることは変わりないですが。

ガンダムシリーズでの共演多いですね!!

機動戦士ガンダムSEEDでの、イザーク・ジュールの声を担当している関智一さん、そして敵ボスでもあるラウ・ル・クルーゼの声を担当した関俊彦さんです!

このガンダムSEEDの続編のような感じになっているのがガンダムSEED DESTINYです!

その続編でも実は、共演しているのですね!

スポンサーリンク

上の方でも紹介していると思うのですが、関智一さんは変わらずのイザーク・ジュールの声なんですが!

関俊彦さんの担当する声がレイ・ザ・バレルというキャラです!

でも、前のガンダムSEEDでも担当していたラウ・ル・クルーゼと深く関わりのあるキャラだったのです!!

またガンダムSEED、そして続編でもあるガンダムSEED DESTINYを見てみるのも楽しいかもしれませんね!!

他にもたくさん共演しているようで、ワンピースではガレーラカンパニーのボスであるロブ・ルッチの声を担当している関智一さん。

サンジの手配書そっくりな男デュバルの声を担当しているのが関俊彦さんです。

そして最も有名なのが、「忍たま乱太郎」の忍術学園の先生で、1年は組の担任でもある土井半助の声を担当しているのが関俊彦さん。

ドクタケ忍者の声を担当していたのが関智一さんです。

他にもたくさん共演しているのがありますので、ダブル関とも呼ばれる理由も納得ですよね。

今後もたくさんの作品で共演してほしいです。

 

双子なの?

関俊彦さんは関智一さんと兄弟ではないことがわかりましたが、実は双子の弟さんがいるそうです。

おそらく一般人なのか、詳細は明かされていないようでした。

 

歌唱力がすごい!

NHKの小学3年生向け音楽教育番組『ふえはうたう』では、1989年度から1996年度の8年間にわたっておにいさん役を務めていた関俊彦さん。

歌だけではなく、リコーダー奏者の吉沢実、村上雅美らと共にリコーダーの演奏や童謡の歌唱などを披露しています。

2008年までにソロ、デュエット、ユニット含め220曲以上の歌を出している。

『ぷりんせすARMY』のキャラクターソング、『アンジェリーク』のキャラクターソング「空曜日」などのレコーディングでは、1、2回歌っただけでOKが出たという。

『ここはグリーン・ウッド』の忍役は、「歌が上手い」という条件で原作者が沢山の歌のデモテープを聞き、その中からキャスティングされた。

モモタロス役として他キャストと共にオープニング、エンディングテーマを担当している『仮面ライダー電王』のプロデューサーからも、その歌唱力を評価されている。

プロも認める歌唱力で、音域が広く、低音でも高音でも難なく歌いこなすことができるようです。

『世紀末☆ダーリン』のキャラクターソング「amore〜アモーレ」のレコーディングでは、関本人が「歌うキーは低音でも高音でもいけますけどどちらにしましょうか?」と原作者に確認、試しに両方歌ってみたところ、その場にいた女性陣が満場一致で低音の方を選んだという。

声優さんって歌がうまい方が多いですよね!

その中でも関俊彦さんは別格のようです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.