キダタローの嫁・木田美千代との出会いがヤバイ!子供は?現在はどうしてる?

kidataro-yome

「アホの坂田」や「バラエティー生活笑百科」「三枝の国盗りゲーム」などのテーマ曲や数多くのCMソングを作曲しているキダタローさん。

兵庫県の出身で「浪速のモーツァルト」という異名を持っています。

キダタローさんの嫁や子供、かつら疑惑について紹介します。

 

キダタローの嫁は?

嫁はん(木田美千代)の話しましょか。

当時、懇意にしてた昭和プロのマネジャーも大阪で3人組の女の子に「レモンレモンズ」という名前をつけて育てよとしてた。

「キダやん、レッスン頼むわ」て言われたんがキッカケです。

それこそ“一目会ったその日から”みたいな感じですねぇ。

しかし商品ですから。恋愛感情は持ち込めない。

変なヤツと思とったらしいです。そら思いますやん。

スポンサーリンク

レッスンしてるときから、なんかムスッとしてる。

こっちは困ってたのに。

キダタローさんと奥様の木田美千代さんの出会いは、「教え子」に手を出してしまったパターンですね。

レモンレモンズが歌っていた頃は、ミニスカートの大流行と共に社会現象とまでなったイギリス人女性モデルのツイッギーが人気で、ボディラインを出す姿が多く、当時はこまどり姉妹とザ・ピーナッツという絶対的な女性双子デュオが存在して、なかなかヒットには恵まれなかったようです。

 

子供は?

キダタローさんは1930年12月6日生まれの87歳ですが、お子さんはいないようです。

 

死去説

長寿の秘訣? 戦争に行って弾が当たらないという表現がいいと思います。

戦争に行く人で弾丸に当たる人と当たらん人がおるでしょ。

たまたま当たらなかっただけで、秘訣は何もありません。

要するに運ですわ(笑)

と本人が言うくらい、お元気です。

 

かつら疑惑について。

キダタローさんは独特の髪型をしているため、昔からかつらではないかと言う疑惑があったようですし、関西では触れてはいけないことだったのですが、何人かの方がその噂について、語っています。

「ナイトスクープ」の局長であった上岡龍太郎にいたっては、キダ・タローがカツラであることを、番組の中で明言しています。

上岡龍太郎さんも毒舌で有名ですが、この話を明言してしまっているようですし、また落語家の桂小枝さんも

落語家・桂小枝(59)が8日、大阪市内で「8時間耐久落語会」に挑戦し、長時間高座のドサクサにまぎれて、“浪速のモーツァルト”こと作曲家のキダ・タロー氏(84)の“禁断の秘密”を暴露した。

「キダ・タロー先生の七不思議」として、84歳の高齢でも「メガネをしてても度が入ってないんですよ」「毎晩、あほみたいに酒を飲む」などと明かした。

とキダタローさんのメガネには度がはいっていないのではという噂についても暴露した上に、さらに小枝さんは、

キダ氏の自宅に招かれた際に「この部屋、絶対に入ったらあかん」と言われた“開かずの間”を、キダ氏がトイレにたったすきにのぞいたことを告白。

「部屋の中には、たんすの上にキダ先生の“頭”だけが置いてあって…もう地獄絵巻きですわ」。

長らく、諸説ありながらも関西では誰も触れずに“スルー”してきた、キダ氏の頭髪の“秘密”に切り込んだ。

とかつらであることを暴露してしまいます。

まあ、キダタローさんの年齢も87歳と言うお年ですし、今さら言う感じになってしまった感じでしょうか。

スポンサーリンク

 

CMソング作曲のギャラは?

テレビのテーマソングでは「バラエティー生活笑百科」「花の新婚!カンピューター作戦」「プロポーズ大作戦」「2時のワイドショー」、CMソングでは「小山ゆうえんち」「かに道楽」「チキンラーメン」「出前一丁」など4000にも及ぶ曲を作曲してきたキダタローさんですが、CMというと高額のギャラがもらえそうですが、CMソングの作曲のギャラについて、テレビ番組で答えています。

高橋ひとみが、キダ氏に「CMってやっぱり、たくさん(ギャラを)頂けるんですか?」とたずねると、口ごもるかと思いきや「昔はえらい時代でしたから、そのまま単価通り頂いておったら、今頃、家2~3軒持ってると思います。昔は悪い人がいっぱいおりまして、やりたい放題という」と、若手の頃に搾取されていたことをほのめかした。

昔は製作者のギャラもすごかったそうですが、「いろんな関係者」が搾取していたんですね。

この手のものには、料金表などないでしょうし、権利も複雑なものがあったのでしょうか。

さらに聞かれて、

「CMは印税入らないんです。

CM以外の用途に使った場合は印税が入ります」と、CMソングの作曲家のジレンマを吐露した。

南海キャンディーズの山里亮太が「先生、じゃあ具体的に、今いくら貰ってるか教えていただけますか?」とたずねると、キダ氏は「あの一曲、コマーシャル書きますと、最低200万。

作詞、作曲、編曲、演奏、スタジオ代、全部入れて200万。歌詞は別です。」

と答えています。

印税が入らず、最低とはいえ、200万円と聞くと意外と高くないのかもしれないと思ってしまいます。

とはいえ、作曲した曲数がとてつもないですから、相当なギャラが手に入っているのでしょう。

 

現在どうしてる?

キダタローさんの現在について見ていきましょう。

 

ゲームが大好き

「家にいる時は、ゲームだけです」といい、朝の10時から夜の10時まで12時間もプレイしていたこともあるという。

「何が大変かって、一番トイレが大変」と笑いながら、「今は、3DSをしています。女の子を主人公にしていて、自分と違う性別の方が面白いんです。名前はタロ子です」と明かしてくれた。

音楽以外ではゲームにはまっていると言うキダタローさん。

ゲームを12時間もし続けるほどはまっていると言うのも意外ですし、女の子を主人公にして、ゲームをしていると言うのも意外です。

 

大阪桐蔭高校の応援歌も作曲

第96回全国高校野球選手権大会でみごと優勝を果たしたのは大阪代表の大阪桐蔭高校だった。

もちろん勝因は選手ひとりひとりの力に他ならないが、実は吹奏楽部が演奏すると大勝利に繋がるという縁起のいい曲があった。

その曲こそが「アルプス・キダ・タロー」だ。

浪速のモーツァルトことキダ・タローが大阪桐蔭高校に書き下ろした応援曲で、ネットでは「さすがキダ先生」「応援曲史上最高!」「来年みんな演奏しそう」「これには脱帽(?!)」といった絶賛コメントが溢れ、今や「神曲」と呼ばれている状況だ。

CMソングやテレビ番組のテーマ曲を数多く作っていますが、高校野球の応援歌はこの大阪桐蔭高校からの依頼が初めてだそう。

それで甲子園で優勝してしまうのですから、さすがです。

キダタローさんと嫁の木田美千代さんについて紹介しました。

年齢も90歳に近いので、テレビなどにはかつてほどは出演されていませんが、若い頃は1日で7曲も作ったりしたそうです。

本人も80代からが人生の黄金期と言っているようにまだまだ元気に人生を楽しまれています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.