潮哲也の嫁・九条亜希子はどんな人?現在や子供について

俳優の潮哲也さんの嫁は九条亜希子さん。

今回は、潮哲也さんの嫁・九条亜希子さんや子供、現在について紹介します。

 

潮哲也の嫁は九条亜希子

潮哲也さんの嫁は、九条亜希子さんです。

潮哲也さんと出会った当時は、女優さんです。

出典 https://www.twipu.com

綺麗な人ですよね。

スポンサーリンク

 

潮哲也の嫁・九条亜希子はどんな人?

潮哲也さんの嫁・九条亜希子さんは女優さんでした。

1950年2月27日生まれ、2019年9月現在69歳です。

大阪出身です。

高校卒業後に東宝現代劇に入団されました。

舞台のデビュー作品は『赤と黒』

舞台に出演されたことがあった九条亜希子さんですが、『快傑ライオン丸』にレギュラーとして女忍者・沙織役で出演されていました。

 

潮哲也と嫁の馴れ初め

潮哲也さんと、嫁・九条亜希子さんの馴れ初めって気になります。

『快傑ライオン丸』で沙織役に選ばれた潮哲也さんの嫁・九条亜希子さんでした。

沙織役を決めるオーディションでは、潮哲也さんも立ち会っていたそうです。

潮哲也さんの方が先輩なのかなって思いましたら、まだ新人だったので、舞台経験がある九条亜希子さんを推薦されたとのことでした。

ドラマ『快傑ライオン丸』の共演がきっかけで、潮哲也さんと嫁・九条亜希子さんは結婚されたという事でした。

結婚されたきっかけも、ドラマ『快傑ライオン丸』なのですが、九条亜希子さんが芸能界を引退されたのもドラマ『快傑ライオン丸』がきっかけでした。

ドラマ『快傑ライオン丸』の放送が終了した後のイベントで司会をされた後、九条亜希子さんは芸能界を引退されていました。

レギュラーで出演されていたのに、ドラマが終わった途端引退を考えられたのか気になりますね。

九条亜希子さんが引退された理由には、次のようなことがあったそうです。

潮哲也さんが新人だったことで、演技経験のある九条亜希子さんを推薦されたという事なのですが、最初は九条亜希子さんが潮哲也さんに演技のアドバイスをされていたのですが…

スポンサーリンク

第1話の放映をみた九条亜希子さんは、潮哲也さんの演技を観られて、あまりにも上手な演技で、自分の演技に自信を無くしてしまったことが引退の原因だとも言われていました。

潮哲也さんの演技が、九条亜希子さんが自信を無くすほどって、どんな演技だったのか、見てみたい人もいるでしょうね。

演技って練習すれば上手になってくる感じがするのですが、女優になりたくて高校卒業後に東宝に入られていたのに、勿体ない感じもしました。

普通は、結婚が引退の原因なのかなって思われた人もいるかもしれませんね。

女性は、結婚するからと芸能界を引退される人もいますからね。

 

潮哲也と嫁に子供は?

潮哲也さんと嫁・九条亜希子さんの間には子供がいるのか結果から言いますとわかりませんでした。

検索キーワードで潮哲也・息子と出てくるのがどうしてなのかなって思われた人もいるかもしれませんね。

ドラマ『快傑ライオン丸』で獅子丸・沙織・小助の3人で旅をするのですが、小助役の少年忍者がいました。

出典 https://plaza.rakuten.co.jp

その小助と一緒に写られている画像などから子供がいると勘違いされている人もいるのかもしれませんし、公表されてはいませんが、子供さんが本当にいる可能性もありますね。

芸能人の人って、夫婦役を演じられたら、結婚していなくても結婚しているイメージになってしまったり、父親役されても子供がいるイメージになったりしちゃいますね。

 

潮哲也と嫁の現在

出典 https://xn--u9jy52g7hi70x09p6lc7t7c.com

潮哲也さんは、60歳になった時に、自分の想うような役の依頼も来なくなり、俳優を引退されていました。

潮哲也さんの事を少し紹介します。

潮哲也さんの父親は、警察官。

兄弟にはお姉さんが3人いるという事です。

何本かの脇役で出演されていた潮哲也さんですが、『快傑ライオン丸』で主演に抜擢されて本格的に俳優としてデビューされました。

次の作品『風雲ライオン丸』でも主演として出演されていました。

1974年には東宝芸能に所属されて、ドラマ・映画にと活躍されていました。

東宝を離れられてからは、俳優として活躍もされていましたが、競馬番組『スーパー競馬』で司会もされるようになりました。

現在は69歳の潮哲也さんですが、芸能界も引退されているのでのんびり暮らしているのでしょうね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)