石橋凌と嫁・原田美枝子に離婚の噂が?結婚式や娘について

石橋凌さんは1987年に女優の原田美枝子さんと結婚をしています。

過去には、石橋凌さんに不倫報道があり離婚の危機を迎えましたが、現在も結婚生活は続いているようです。

今回は石橋凌さんの嫁や嫁との馴れ初め、結婚生活についてまとめていきたいと思います。

 

石橋凌と嫁は1987に結婚

冒頭でもお伝えしたように石橋凌さんは1987年に女優の原田美枝子さんと結婚をしています。

結婚当時、石橋凌さんは31歳でロックグループであるARBのリーダーを務めていました。

原田美枝子さんは29歳で、黒澤明監督の映画『乱』に主演として出演していたようです。

結婚を発表したのは嫁である原田美枝子さん。

ちょうど、『乱』の収録が終わったタイミングで結婚発表をしたとのことでした。

スポンサーリンク

この時すでに、お二人は同居していて籍はいれていませんでしたが、事実婚のような状況だったと報道されていました。

石橋凌さんの魅力については「乱の撮影が終わった時、「お疲れさん」と言ってくれました。彼は音楽一筋の人で、そんな純粋なところに惹かれたんです。」と語っていたようです。

結婚前も石橋凌さんとの関係を聞かれていた原田美枝子さんは「役者は自分の主張だけではやっていけないけど音楽は自分の主張をきちんと出せる分野だと思う。それができる彼を素敵だと思ったんです。彼のコンサートにはできる限り行っています。」とすでに嫁のような発言をしていたこともありました。

報道のように事実婚のような関係性だったことがこの過去の発言でも分かりますよね。

一方で、石橋凌さんも「悩みのある時は話し合う友達のような関係」と原田美枝子さんについてコメントをしていたということでした。

結婚以前からお互い公私ともに何でも言い合える、共有しあえるような関係性だったのですね~。

 

石橋凌の嫁はどんな人?

では、石橋凌さんの嫁である原田美枝子さんはどんな人なのでしょうか。

原田美枝子さんは1958年12月26日に生まれ東京都で育ちました。

1974年に『恋は緑の風の中』という作品でデビューを果たし、1976年『青春の殺人者』などの作品でキネマ旬報主演女優賞を受賞しました。

当時10代だったと言います。

その後も映画やドラマなどに多く出演し、数々の賞を受賞してきたようです。

現在も、女優として活躍中で『プレオール』のCMが話題となっています^^

今年で61歳になる原田美枝子さんですが、年齢を感じさせないほど若々しくとてもお綺麗ですよね。

優しい話し方と笑顔が特徴的で、女優としても女性としてもとても魅力ある方です。

 

石橋凌と嫁の馴れ初め

共に俳優として活躍されているお二人。

どのようにして出会ったのでしょうか。

出会いは、石橋凌さんが26歳、原田美枝子さんが24歳のときでした。

1982年頃に友人のパーティーが行われたそう。

その時お二人が出席していて、知り合ったことがきっかけでした。

交際していた時も報道されており、当初は原田美枝子さんが「結婚なんてまだわかりません」と結婚に対する意思は表明しなかったそうです。

確かに交際したてにそんな質問をされても、まだわかりませんよね。

ただ、同年2月には石橋凌さんと原田美枝子さんの二人だけで10日間ほどのヨーロッパ旅行をしていたということです。

新婚旅行みたいですよね~。

これを聞くと結婚をすでに考えていたのではないかなんて思ってしまいますね~。

とにかく忙しいお二人ですからかなり前から10日間のお休みを合わせて旅行の計画をしていたのではないでしょうか。

それから5年の月日がたち、石橋凌さんが31歳、原田美枝子さんが29歳の時に結婚しました。

 

石橋凌と嫁の結婚式

出典:shirutoku

ヨーロッパに旅行に行っていたくらいなので、結婚式も海外かななんて思いきや、国内での挙式だったようです。

国内での挙式と言っても都内のホテルや結婚式場とかではなく、なんと鳥取砂丘で行われていたのです。

鳥取砂丘でするなんて斬新すぎます。

結婚式に出席したのは、石橋凌さんと原田美枝子さんの親族に加え、松田優作さんと松田美由紀さん夫妻だったようです。

カメラマンとしては、植田正治さんが撮影していたとのことでした。

芸能人同士の結婚でしたが、芸能人が大勢集まる豪華な結婚式ではなくシンプルな結婚式だったんですね。

松田美由紀さんは結婚式での様子をツイッターで「そうそう。砂丘でね。石橋凌ちゃんと原田美枝子の結婚式。大変だったな~。砂で足がずぶずぶ入ってそこで結婚式だもん」と語っていました。

やはり砂丘ですから、列席者も大変だったようですよ。

 

石橋凌が起こした過ちとは?そのとき嫁は?

さて、今も結婚生活が続いているお二人ですが、過去には石橋凌さんがある過ちを起こしました。

その過ちとは何なのか、その時の原田美枝子さんの対応はどうだったのかご紹介していきます。

結婚してから3人の子供に恵まれ、誰もが結婚生活は順調だと思っていました。

しかし、ある日突然思いもよらぬことが発覚したのです。

それは、石橋凌さんの不倫でした。

お相手はアメリカ人女性で、当時30代半ばだったと言います。

クラブなどに勤務しており、1994年頃に出会ったということでした。

スポンサーリンク

石橋凌さんは不倫をしていただけではなく、不倫相手との間に隠し子までつくっていたのです。

この報道を受けて、2001年24日に緊急会見を開きました。

そこでは、「雑誌報道は事実。何ら弁解はしません。」と不倫や隠し子の存在を認めました。

2001年の時点で、隠し子は5歳となっており男の子と明かされています。

アメリカ人女性はシングルマザーとしての意向を示していたため、子供は認知していませんが、子供は石橋凌さんのことを「お父さん」と呼んでいるということです。

養育費を送り続けていた上に、年に数回はあっていたようなので恐らく原田美枝子さんは気づいていたのではないかとも言われています。

確信的な根拠として、原田美枝子さんは報道される2年前に知人から石橋凌さんに愛人がいる事を聞いていたというのです。

よって、報道される頃にはすでに知っていたということになります。

噂によるとその時点で、夫婦で話し合いがもたれていたようでした。

とはいっても会見では隠し子のことを原田美枝子さんとの子供と同じように愛していると語っていたようでした。

これにはかなりショックを受けたのではないでしょうかね。

報道後の原田美枝子さんは公の場では語らず、文書を通して「しばらくそっとしておいてほしい」とマスコミやファンに対してコメントしていたようです。

こんなにきれいな方が嫁なのに、なぜ不倫をするのか分かりませんね…。

不倫だけならとにかく、子供がいたなんてショックすぎます。

ちなみに隠し子は、原田美枝子さんとの子供である二人目と三人目の間にできているということでした。

隠し子がいながらも、嫁との間に子供をつくる精神、ある意味すごいですよね。

 

石橋凌と嫁の夫婦仲

その後、石橋凌さんと原田美枝子さんの仲はどうなのでしょうか。

現在も結婚生活は送っているようです。

先ほども述べたように、報道の2年前から善後策を話しているようですが、その話し合いの場では一度も離婚の方向にはならなかったと言います。

会見でも「今の段階で、離婚はない。子供たちをちゃんと育てあげるという務めがある。」と石橋凌さんは説明しました。

離婚をしない理由としては子供が一番の理由なのかもしれんせんね。

それほど夫婦としては子供を育てるという強い思いが一致しているのでしょう。

ただ、「彼女の側から申し出があった時はまた考える。子供がある程度の年齢にいくまで」と発言したということもあるので、子供が全員家を出たりすると熟年離婚もあるかもしれないということでした。

なので、夫婦仲は良好と言えば良好なのかもしれません。

 

石橋凌と嫁に離婚の噂

石橋凌さんや原田美枝子さんで検索をかけると離婚というワードが出てきます。

一部では、離婚したという誤った情報が出ているところもあるようです。

恐らく、不倫や隠し子の報道が原因で離婚の噂が流れているのでしょう。

しかし、先ほども述べたように離婚はしていません。

 

石橋凌と嫁の子供

石橋凌さんと原田美枝子さんの間には3人の子供がいます。

1990年に長男が誕生し、1992年には長女、1995年に次女が誕生しているようでした。

そして、長女と次女は芸能界で活動しているというのです。

長女から順番にご紹介していきましょう。

長女は2011年から優河という名前でシンガーソングライターとして活動を始めました。

父親譲りの歌唱力なのでしょうね~。

2015年には1stオリジナルフルアルバム 『Tabiji』をリリースしました。

それから全国ツアーを開催したり、番組や映画などの主題歌も担当しているようです。

その他にもUNIQLOのCMのナレーションやCMのサウンドロゴを歌唱しているとのことでした。

続いて、次女は石橋静河という名前で、女優やダンサーとして活動しています。

石橋静河さんは、4歳からクラシックバレエを習い始め、15歳でボストンやカルガリーのバレエスクールに留学します。

その後2013年に帰国しコンテンポラリーダンサーとして活動を始めました。

それから二年後の2015年には女優として活動を開始

2016年10月に公開された映画『少女』で女優としてデビューを果たします。

2017年5月に公開された映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』では初主演を務めるなど、これからどんどん活躍するであろう若手女優となっています。

また、2018年4月2日より放送されたNHK連続テレビ小説『半分、青い。』では主人公の幼馴染である律の嫁を演じ、朝ドラデビューとなりました。

 

石橋凌と嫁の現在

石橋凌さんと原田美枝子さんは現在もそれぞれで活躍しています。

石橋凌さんは俳優としてテレビドラマや映画、CMに出演する一方で、2019年3月からは全国ツアーも開催しているとのことでした。

原田美枝子さんも女優として、テレビドラマや映画、CMなどに引っ張りだこのベテラン女優として活躍を見せています。

いかがでしたでしょうか。

子供が巣立っていっても離婚せずに結婚生活を続け、夫婦二人の時間を過ごしていってほしいですね。

今後も石橋凌さんや原田美枝子さんを始め、優河さん、石橋静河さんの活躍を期待しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)