前原誠司の嫁・前原愛里は創価学会信者でパソナ南部靖之の元秘書?

政治家の前原誠司さんは1994年に結婚しています。

嫁は前原愛里さんという方のようでした。

今回はその前原誠司さんの嫁・前原愛里さんについてまとめていきたいと思います。

 

前原誠司と嫁は1994年に結婚

 

この投稿をInstagramで見る

 

進撃の猫ちこたんさん(@great_nature_okamoto_official)がシェアした投稿

まずは前原誠司さんとはどんな方なのかご紹介していきます。

前原誠司さんは1962年4月30日に京都府京都市で誕生しました。

今年で57歳を迎えたようですね~^^

57歳とは思えないほど若々しいですよね!!

前原誠司さんは京都で生まれ京都で育ち、中学は京都教育大附属中に進学。

スポンサーリンク

政治家で活躍しているということもあって順風満帆の人生かと思いきや中学2年生のときに京都家庭裁判所の総務課庶務係長だった父親が自殺します。

これについては本人も語っており隠している様子はないようでした。

父親の名前は前原博さんといい、生前はいつも息子である前原誠司さんのことを小さい子供のようにかわいがっていたと言います。

父親が亡くなった時は母親がショックを受けていた様子を見て体を休めるように促し、中学生であった前原誠司さんが父親の関係先や伯父と一緒にあいさつ回りをしていたようでした。

しっかりした中学2年生ですよね。

この支えのおかげで母親はなんとか立ち直り、これをきっかけに勤めを始めます。

母親の名前は清子さんと言い、父親の自殺後は母子家庭で二人の子供を育てました。

二人の子供と述べたように、前原誠司さんには3つ上の姉がいます。

名前などは公開されていないようでした。

それから月日が流れ1987年京都大学法学部を卒業後、松下政経塾へ入塾しました。

この頃から「外務大臣になって国の役に立ちたい」と熱く語っていたと言われています。

その夢を実現させた前原誠司さんは本当にすごいですよね!!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

民進党さん(@minshinto)がシェアした投稿

1991年4月に松下政経塾を卒塾し、京都府議会議員選挙に立候補。

府議会史上最年少の28歳で初当選を果たします。

これが政治家・前原誠司さんの始まりでした。

そんな前原誠司さんは初当選から約3年後の1994年に結婚をしています。

お相手は前原愛里さんと言う方で、前原誠司さんの嫁としてメディア出演をしたこともあります。

前原誠司さんと言えば趣味はSL写真撮影と公式プロフィールにも記載されているほどSL好きなんです。

両親が山陰出身だったので幼い頃から夏は墓参りなどで列車に乗って山陰に出かけていました。

その時にSLも走っていてそれを見たことがきっかけで鉄道が好きになったと言います。

このSL好きが新婚旅行に大きく影響。

現役のSLが走っているという理由で新婚旅行の場所は北海道に決まったということでした。

前原愛里さん曰く、一緒に鉄道を見ているとカメラを渡されて「SLが見えてきたらシャッターを押し続けろ」と言われることもあったと言います。

かなり写真撮影にこだわっていることが分かりますよね。

きっと前原愛里さんはシャッターを押し続けていたのでしょうね~。

スポンサーリンク

それに加えて親交旅行中にもかかわらず、高価な機関車のプレートを購入し前原愛里さんは嘆いたと語っていました。

新婚旅行であればSLよりも二人の時間を大切にしてほしいですし、高いもの買うなら何か二人の愛の証にしてほしいですが。

前原愛里さんは笑顔で語っていたので、こういうところも含めて好きなのでしょうね^^

 

前原誠司の嫁はどんな人?

では、前原誠司さんの嫁・前原愛里さんはどんな人なのでしょうか。

年齢は前原誠司さんよりも6歳年下なので今年(2019年)で51歳になるようです。

上の画像は約10年前の前原愛里さんの画像になります。

綺麗な方ですよね。

とても賢そうな印象です。

幼い頃は父親の仕事の都合により、香港で暮らしていたこともあるようでした。

そのため、広東語が話せると言われています。

広東語(カントンゴ)とは広州や香港、マカオ、シンガポールなどで多く使われている言語なんだそうです。

香港でのお仕事ということもあり父親の職業はネット上では、エリート職と言われており商社マンなどがあげられているようでした。

以前、前原愛里さんは大手人材派遣会社「パソナ」で勤務しており、社長である南部靖之さんの秘書を務めていました。

当時は秘書だけではなく愛人関係にもあったというお二人。

それは前原誠司さんの為だともいわれています。

衆議院議員になりたかった前原誠司さんでしたが、衆議院議員になるためにはお金が必要でした。

そこで南部康之さんに前原愛里さんが近づき愛人になったことで、選挙費用を援助してもらっていたというのです。

その後、1993年に初当選をしたと言われています。

援助はそれきりだということでしたが、これが本当だとすればかなり汚い世界ですよね…。

ただ、これはあくまでも噂なので信じ過ぎないほうが良いでしょう。

前原愛里さんは現在、地元の公設第一秘書を勤めているということです。

 

前原誠司と嫁の馴れ初め

次に前原誠司さんと嫁・前原愛里さんの馴れ初めについて見ていきましょう。

上の画像はかなり昔の画像ですが、ツーショットで写っている貴重な写真です。

仲睦まじい様子ですよね。

そんなお二人が出会ったのは前原愛里さんがパソナで秘書として勤務しているときだったようです。

友人の紹介で知り合い、デートを重ねて交際に至ったとのことでした。

長い交際の末に結婚したと思いきや、知り合ってからわずか2カ月で結婚に至っています。

デートは数回で交際期間もほとんどありません。

ということは1994年に結婚していますから、その年もしくは1993年の終わりぐらいに出会っているということになりますね。

交際してから2カ月ではなく知り合って2カ月で結婚って驚きです。

それほど惹かれあっていたのでしょうね。

 

前原誠司の嫁と創価学会との関係

前原誠司さんの嫁・前原愛里さんについて調べていくと「創価学会」というキーワードが出てきます。

創価学会とは日連大聖人の仏法を信奉する日本宗教法人です。

この創価学会と嫁・前原愛里さんにはどのような関係性があるのか、詳しく見ていきましょう。

実は前原愛里さんは創価女子短期大学を卒業していたようでした。

創価女子短期大学に進学した人がすべて創価学会の信者というわけではないようですが、前原愛里さんが創価女子短期大学に進学したのは創価学会の信者だったからと言われているとのことでした。

また、卒業後はパソナに就職しており、パソナの社長である南部靖之さんは創価学会の信者と言われています。

そのため南部靖之さんの秘書になれたのは創価学会との関係があるからだということなんです。

これは憶測にすぎないので真実は分かりませんが、創価学会との関係性で言えることとしては創価女子短期大学を卒業していたということだけです。

 

前原誠司と嫁に子供は?

前原誠司さんと嫁・前原愛里さんが結婚して約25年。

お二人の間に子供はいるのでしょうか。

残念ながら子供はいないようでした。

ネット上では『子供はいるかいないか公表されていないので恐らくないだろう』と推測を述べていることが多いようでしたが、前原誠司さんの口から子供がいないことが明かされていることが分かりました。

それは『月刊エンタメ』の2019年6月号での対談で語られていました。

その対談の内容とはNHKの『サイエンスZERO』に出演している井上咲楽さん(19歳)が前原誠司さんのプライベートや政治についてどう思っているのかなど聞きだしており、夫婦円満の秘訣について聞いたところ秘訣に触れながら「うちは子供がいないから」と子供について触れていたんです!

子供を作らなかったのか、子供ができなかったのかは分かりませんが、夫婦2人で過ごしているようですね^^

 

前原誠司と嫁の現在

さて、結婚25年を迎えるお二人ですが、現在はどのように過ごしているのでしょうか。

前述したように『月刊エンタメ』の2019年6月号では井上咲楽さんと前原誠司さんのプライベートや政治について対談をしていたので、掲載している内容を見ながら結婚生活の様子をお伝えしていきます。

本文では前原誠司さんは家で過ごす時間が何よりも好きで「妻(前原愛里さん)との何でもない会話も楽しいからね。」と語っていたようでした。

結婚生活が長く続けば続くほどお互いが空気のような存在になって会話もなくなるという話もよく耳にしますが、前原誠司さんと前原愛里さんはその逆。

子供がいないためずっと恋人同士のような感じで、結婚して25年ですが付き合っている頃以上に愛おしいと素直に気持ちを打ち明けていたと言います。

これには夫婦生活について質問した井上咲楽さんも「こっちが照れちゃいますね!」と赤面する場面も。

子供がいるとどうしても母親や父親になってしまいますから、そういった意味では子供がいないからこその関係性なのかもしれませんね。

とはいっても前原誠司さんは政治家です。

かなり多忙な方なので、お仕事の時間はもちろん支援者の方々との会食の機会が多いと言います。

だからこそ前原愛里さんとたまに2人きりで食事をするのがとても楽しみなんだそう。

しかし外食ではなく家での食事がメインのようで、前原誠司さん曰く「家内は料理も上手ですし、家が一番落ち着くし、好きですね。」と語っていました。

それに加えて「24年も経つと家内が側にいてくれるのは自然な感じなんですけど、いつも感謝しています。」と感謝の気持ちも述べていたようです。

このように前原誠司さんと前原愛里さんは現在も仲良く暮らしており、日々愛おしさが増しているとのことでした。

結婚25年を迎えるということは銀婚式の年になります。

銀婚式で盛大にお祝いしている様子を我々にも見せてほしいものですね^^

いかがでしたでしょうか。

前原誠司さんが愛妻家だという一面が見られましたね!^^

こんなに素直に気持ちを伝えてくれる旦那さんだから、ずっとラブラブでいられるのでしょう。

今後も前原誠司さんの活躍を期待しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)