小室哲哉の歴代嫁一覧!KEIKOにだけメロメロになった理由や現在について

名プロデューサーとして活躍していた小室哲哉さんは、2度離婚をしていて現在は3度目の結婚をしています。

今回は、そんな小室哲哉さんの妻について紹介します。

 

小室哲哉の最初の嫁は大谷香奈子

小室哲哉さんといえば、一時期はオリコンランキングを総なめにしてきた名プロデューサーです。

過去には華原朋美さんとの熱愛なども話題になりましたが、実はバツ2経験者!

最初の奥様は大谷香奈子さんというアイドルでした。

1988年に大谷香奈子と結婚。

アイドルデュオ「キララとウララ」として活動していた大谷香奈子さんは、解散したあと小室哲哉さんと結婚をしました。

スポンサーリンク

一時はイギリスで一緒にも暮らしていたそうです。

当初は、番組などでも結婚生活を語るなど、誰もがラブラブだと思っていました。

出典:kyun2-girls.com

ところがお二人は1992年に離婚。

結婚生活は4年ほどで幕を閉じます。

 

小室哲哉の2人目の嫁はAsami

その後、約9年後に歌手のAsamiさんと結婚をします。

そして、小室哲哉さんは歌手のAsamiさんと再婚をしました。

そして、2人の間には女の子が誕生しています。

小室哲哉さんにとってはじめての子供であり、2人は幸せな生活を送ると思われていましたが、この2人も長く続きませんでした。

出典:kyun2-girls.com

なんと、実は小室さんにはお子さんがいました。

しかし結婚後10ヶ月で離婚…奥様からしたら完全な乳飲み子を抱えての離婚となりますね。

しかし離婚の慰謝料は7億ももらってるとのことなので、もう働かずとも母子ともに幸せに生きていけるでしょう。

ちなみに離婚の原因は小室さんの浮気と価値観のズレだったそうです。

小室さんは女性には引っ張ってほしい甘えん坊タイプだったため、子供ができたことやギャルギャル系の奥様のわがままは、かなり負担だった様子。

 

小室哲哉の3人目の嫁はKEIKO

そして3人目の奥様はご存知、現在の妻でもあるglobeのKEIKOさんです。

Asamiさんと離婚して8ヶ月後にKEIKOさんと入籍したため、Asamiさんの妊娠中の浮気相手はKEIKOさんだったのでは、といわれています。

さらにAsamiさんとKEIKOさんは交友関係のある仲だったそう。

そう考えると、小室さんってかなり手近なところで相手を見つける癖があるのですね…!

ちなみに馴れ初めはマークパンサーさんだったそうです。

小室哲哉さんとKEIKOさんをくっつけたキューピットは、globeのマークパンサーさんだそうです。

マークパンサーさんは、冗談で小室哲哉さんにKEIKOさんをすすめ、「彼女にしないならボクが付き合っちゃうよ」なんてことを言ったことがきっかけだったそうです。

小室哲哉さんは、マークパンサーさんにとられると思ったのかもしれませんね。

出典:kyun2-girls.com

マークさんらしい、明るい挑発のしかたですね!笑

 

小室哲哉がKEIKOにだけメロメロになった理由

その後、KEIKOさんともハイスピードで離婚するかと思いきや…世間の期待(?)を裏切るように、仲睦まじく暮らしているようでした。

で、KEIKOさんと結婚した途端、小室さんは人が変わったようにKEIKOさんにデレデレでした。

堂本兄弟という番組で、「大事な事を3つ答えてください」という質問で即答で「KEIKO」と答え、その後も恋愛といえばKEIKO、結婚と言えばKEIKO、とKEIKOさんの名前を連発します。

出典:dogaentame.net

どんだけKEIKOラブなんでしょうか。笑

実はここまで小室さんがKEIKOさんにどハマりしたのには、ある理由があるのです。

 

KEIKOは小室哲哉にとって実は「母」

スポンサーリンク

それはKEIKOさんがしっかりした母性豊かな性格だということ。

反対に小室さんは落ち着いた大人な印象を持たれがちですが、実は甘えん坊の困ったボーイだそう。

さらに、霊能者の江原さんいわく小室さんは「よく今まで生きてこられた、というほど、とても孤独な人生を歩んできた人」だそう。

出典:pakutaso.com

寂しくて寂しくて仕方のない小室さんにとって、甘える対象である女性が絶対必要だったのです。

1番目の妻も2番目の妻もかなり年下で、おつきあいをしていた華原朋美さんもかなり年下。

「甘えられる女性」としては、やや力不足だったのでしょう。

その点、KEIKOさんは小室さんが安心して甘えることができる包容力の持ち主。

小室さんいわく「家の中で僕は完全に子供」というくらいで、KEIKOさんの前では赤ちゃん言葉も使っちゃうほどだとか。

それを受け止めてくれるのがKEIKOさんの魅力であり、小室さんがどハマりした理由なのでしょう。

 

病魔に倒れるKEIKO!記憶障害により芸能活動が不可能に?

しかし、そんな大好きなKEIKOさんに悲劇が…。

なんと、緊急搬送される事態になってしまったのです。

KEIKOは24日夕方、首の後部に激痛を訴え、立つこともつらい状況となったことから小室が救急車を呼び、都内病院に緊急搬送されていた。

夫の小室は「このたびはご心配をおかけいたしまして申し訳ございません。

病院関係者の皆様のご尽力のおかげで、手術も無事成功いたしました。

KEIKOも精一杯頑張っておりますので、引き続き見守っていただければと思います」とコメントした。

出典;oricon.co.jp

このときには何の病気かはっきりしていなかったのですが、その翌日に病状は「くも膜下出血」と発表されました。

小室さんの介護生活の始まりです…。

大好きなKEIKOさんを支えるため、献身的に介護をしてきた、という話ですが…?

 

KEIKOの現在

その後、KEIKOさんはリハビリを続けていますが、やはり昔と同じように過ごすことは難しくなってしまったとか。

高次脳機能障害とか、脳のちょっとした障害ということで、少し欲がなくなってしまったりとか、女の子みたいな優しげな性格になりました。

脳のどこの部分がつかさどっているのか分からないのですが、音楽には興味がなくなってしまって。

ほぼ歌うこともなくなりました。

出典:haru-journal.com

まず、高次機能障害が残ってしまい、記憶や人格に変化が出てきているようです。

しっかりハキハキした大人の女性だったKEIKOさんも、今はおっとり少女のような性格になったとか。

また、以前globeのマークパンサーさんはKEIKOさんの状態について

「電話も普通なんですよ。記憶も僕のことも覚えているし、あらゆることを覚えている。

ただ、何回も「マークいつ帰るの?」といった現在記憶っていうものが失われちゃっているだけのことなんですよ。

唯一残念かもしれないのは、新曲が歌えないこと。現在記憶がないから新曲が歌えない。」

と話していました。

出典:haru-journal.com

短い期間の記憶は覚えられないらしく、多少きついことを言ってもすぐに忘れてしまうそう。

歌を覚えることもできないため、新曲を覚えるのはまず不可能…これはファンにとっては辛いことかもしれないですね。

ですが元気で過ごしているようですので、それが何よりです。

 

KEIKOのリハビリの進展具合は?

KEIKOさんは現在もリハビリを続けているそうです。

今年の一月にはリハビリの一環なのか、それまで「おやすみなさい」だけしか書き込まれなかったツイッターにも変化が。

短い文章を投稿するようになり、その中にはこんな内容もありました。

くも膜下出血のためリハビリを続けるglobeのKEIKOが24日、ツイッターを更新し「ジム行って来ました~」と報告。回復ぶりをアピールしている。

KEIKOは「ジムに行って来ました~。筋トレやってまぁす!疲れたぁ」とツイート。

体を動かしていることを明かし、リハビリが進んでいる様子をうかがわせた。

出典:daily.co.jp

ジムに通ったり、カラオケに行ったりと活発に過ごしているようですね!

明るい気持ちで毎日を過ごしている様子に、ファンも安心したようでした。

 

KEIKOの現在の病状詳しく語った小室哲哉に賛否両論!

しかしそんな小室さんに不倫疑惑が発覚。

結論としては「不倫ではなく知り合いの看護師を家に招き、一晩泊めていろいろな相談をしていた」とのことで、男女関係はなかったそうです。

実は、仲睦まじい夫婦だったお二人ですが、小室さんも色々と限界だった様子。

さらに「これもお恥ずかしい話なんですが」と前置きし、「今は小学4年生の漢字ドリルをすごく楽しんでやっている。すべてがそういうレベルではありませんが…」とKEIKOについて話す。

そして「大人の女性に対する日に日にコミュニケーションもとれなくなってきている」とし、「僕も疲れはじめてしまったことはあった」と語った。

出典:excite.co.jp

これに対して世間では、「小室さんの大変さがわかる」という意見と「同情をひこうとするな」という意見で真っ二つ。

賛否両論のようですが、介護の辛さって本当に本人にしかわからないですよね…。

小室さんがまじめに介護をしていたのなら、信頼できる看護師を招いて相談するくらい許してあげてよ…とも思うのです。

実際は当人たちにしかわからないことでしょうが…今後も小室さん自身が潰れないよう、どこかで息抜きをしながら支え合って生きてほしいものですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)