大森立嗣は嫁と結婚してる?弟は大森南朋で父は麿赤兒?母は?

今回は映画監督・大森立嗣さんについてまとめました。

 

大森立嗣について

大森立嗣さんは、大学卒業後、俳優として活動し、助監督時代を経て、2001年からは主に映画監督として活躍されている方です。

2010年の監督第二作目となる『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』では、第51回・日本映画監督協会新人賞を受賞しました。

その他にも、『まほろ駅前狂騒曲』『ぼっちゃん』『セトウツミ』など、数々の話題作を撮られた社会派の映画監督です。

 

映画監督になったいきさつ

高校生までは映画にほとんど興味がなく、大学で偶然入った映画サークル『8ミリ同好会』に入ったことがきっかけのようです。

それも、映画に興味があったというよりは、楽しそうなサークルの人たちに興味を持たれての入部だったそうですが、入部後、様々な映画を観て、自由な価値観に触れ始めると楽しくなり、次第に自主映画を作り始められるようになったのだそうです。

大森さんは当時を振り返り、制作をする時にも、皆で順番に俳優をやったり監督をやったりで楽しかったですよ。

その頃と今で、政策の規模は変わりましたが、やっていることは同じだと思っています。

スポンサーリンク

と、おっしゃっていました。

元々映画監督や、俳優に興味があったからというわけではなく、単に「楽しそうだったから」というのが良いですね。

それが後々のモチベーションになって、今の大森さんの素敵な作品があると思いました。

 

大森立嗣の嫁は?

さて、新進気鋭の映画監督は、ご結婚されていらっしゃるのでしょうか?

大森さんは、以前結婚されていたようですが、2003年~2005年の助監督時代に、離婚されたようで、対談の中でただ働きみたいな感じで。

結婚してたんだけど、離婚したからね。金なくなって(笑)

とおっしゃっていました。

やはり下積みのお金がない時代というのは生活も苦しくなって離婚してしまうんでしょうか。

偏見ですが、こういった仕事は「技術を学ぶのが財産」的なイメージですが、実際はどうなのでしょう。

そして、いつ頃かは分かりませんでしたが、その後、再婚されたようです。

その後は再婚されて、大森さんのご家族と食事をとっているところを、週刊誌の記者に目撃されていたそうです。

今後はお金がなくて離婚ということはないと思いますので、まあ何事もないと思われます。

ちなみにお子さんはいらっしゃらないようでした。

 

弟は大森南朋で父は麿赤兒?

大森立嗣さんが実力派映画監督であることは先ほども紹介した通りですが、なんと大森さんのご家族も凄すぎるんです。

 

弟・大森南朋

大森立嗣さんの実弟は俳優・大森南朋さんです。

最近ではmeijiのR-1のCMで、吉田沙保里さんと夫婦役を演じていますよね。

またドラマ・映画・舞台と、色々な所で活躍されていますので、知らない方はいらっしゃらないのではないでしょうか?

スポンサーリンク

大森南朋さんは、兄・大森立嗣さんが監督を務めた映画『まほろ駅前多田便利軒』『まほろ駅前狂騒曲』に出演されています。

売れない頃は一緒に植木屋さんのアルバイトをしたりするほど仲の良い兄弟でしたが、弟が役者として名前を知られるようになった頃から、その関係はぎくしゃくし始めました。

当時、兄はまだ監督としてデビューしておらず、はがゆい想いや嫉妬が弟に向かってしまったのでしょう。

そんな時期を経て、今ではお互いに尊重しあう良い兄弟のようです。

こういった話はよく聞きますよね、そして何故か大抵の場合、下の兄弟が先に売れるんですよね。

兄として育てられたというプライドもあると思いますし、兄弟だからこそ思いがそのまま伝わってしまったのかもしれません。

それでもやはり血を分かつ兄弟だからこそ、今はいい関係を築けたんだとも思います。

 

父・麿赤兒

さて、大森兄弟に留まらず、なんとお父様は「アングラ界の怪人」麿赤兒(まろ あかじ)さんです。

麿赤児さんは俳優として活躍されていますが、元々は舞踏家で、海外でも高い評価を受けているそうです。

また、麿赤兒さんも、大森南朋さんと同様、映画『まほろ駅前多田便利軒』『まほろ駅前狂騒曲』に出演されています。

監督・大森立嗣さんは

「親父はだいたい『わしは就職活動中だ!』とかワケわかんないこと言ってるから、じゃあ出てもらおうかみたいな感じで(笑)

南朋は、メシ食ってるときに『出る?』って聞いたら『おぅ、出る出る』みたいな軽~い感じでしたね」と笑顔で説明。

なんて豪華な軽いお話でしょうか。

まほろシリーズ主演・瑛太さんは

「いや~、ホント素敵な光景でしたよ。

(現場で)3人で家族写真みたいな感じで撮っているのを見て、和みました」

と、話していたそうです。

見かけによらず、意外とアットホームな方だそうです。

若い頃は、レコード会社や米屋を開業したりしたものの、ちっとも売れずに借金まみれだったようですよ。

 

母は?

豪華な家族構成ですが、お母さまはどうなのでしょうか?

調べてみると、お母さまも昔舞台女優をされていたそうで、『ダダ』というお名前で活動されていたようです。

俳優のサラブレッド一家ですね…。

その他の情報はありませんでしたので、結婚を機に引退されたと思われます。

父・母・息子2人がそれぞれ似て非なる道を歩み、成功しているというのは凄い事だと思います。

これからも、監督として、役者として、日本の映画界を盛り上げていってくださると期待しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)