ダンディ坂野の嫁はなつこ?岩手出身?年収や現在について!

お笑い芸人のダンディ坂野さんの嫁や年収、現在の活動などについてまとめていきたいと思います!

 

ダンディ坂野のプロフィール

こちらはダンディ坂野さんのプロフィールになります。

本名:坂野 賢一
生年月日:1967年1月16日
出身地:石川県加賀市
身長:166cm
血液型:AB型
最終学歴:石川県立大聖寺実業高等学校
グループ:一発屋2008
活動期間:1996年
事務所:サンミュージックプロダクション

1993年に上京し、スクールJCAでコンビを結成し、ボケとして活動されていましたが、才能が無いということで、1996年からはピン芸人として活動していきます。

黄色いタキシードに身を包み、苦し紛れに「ゲッツ!」のポーズを取る芸風(?)はあまりにも有名ですよね(笑)。

 

結婚した嫁はなつこ?

ダンディ坂野さんは、2004年8月に結婚されているようですが、結婚相手の嫁はどんな方なのでしょうか?

2004年8月に14歳下の一般女性「ナツ子」さんと結婚。

坂野さんは2004年の”37歳”の時に”14歳年下”のナツ子さんと結婚しています。

スポンサーリンク

つまり、当時の妻は”23歳”ということになり、現在の年齢は”37歳”ということになります。
(2018年5月現在)

お相手は一般人という事なので、顔写真までは、流石に見つかりませんでした。

お名前が「なつこ」さんで、年齢がかなり離れているという事だけですね。

 

岩手県出身なの?

ダンディー坂野さんの嫁のなつこさんについて調べると、「岩手」という情報が出てきましたが、これについては関連した情報を得る事は出来ませんでした。

なつこさんが岩手出身なのかと思いましたが、なつこさんのプロフィールはそもそも殆ど分かっていませんからね。

ただ、現在ダンディー坂野さんが岩手朝日テレビに出演されていたり、坂野さん自身がブログで「何かと縁がある岩手」という発言をしていることから、もしかしたら、夏子さんとの縁も岩手で始まったのでは?と考えた方がいたのかもしれません。

 

子供は息子と娘が1人ずつ!

ダンディー坂野さんと嫁の夏子さんの間には2人の子供がいらっしゃるようです。

2009年7月7日に長女を出産したそうです。

七夕ですね! おりひめ様になるのでしょうか。

とても縁起がいいですね^^

さらに、さらに! 第二子まで誕生したそうですよ!

スポンサーリンク

2014年の2月5日に生まれたそうで、ダンディー坂野さんがブログで長女の「ななみ」ちゃんに弟ができた、と言っているのでもちろん男の子です!

こちらが長女の写真です。

写真は2~3歳くらいでしょうか、とてもかわいいですね!

現在は小学生に通っているでしょうね^^

長男については名前や顔写真については公開されていないようです。

 

年収はいくらなの?

ダンディ坂野さんの年収が凄いという噂がありましたので、調べてみました!

「年収2,000万円以上だといわれています。それも、実働は週3~4日だそうですから、うらやましい限りです。

在京キー局のバラエティ番組などではそれほど見かけませんが、地方局の番組や CMなどには結構出演しています。

もちろん、『ゲッツ!』という持ちネタは世間的にはとっくに飽きられているのですが、認知度やインパクトを考えると地方では十分通用する。

特に、地方での営業では有効です

一発屋でも、一度でもブレークした芸人は結構なギャラがもらえますからね。

テツandトモも同じように地方営業でずいぶん稼いでいるようですし、エスパー伊東などはもっと割り切っていて、ダンディやテツトモほどギャラ単価は高くないものの、地方営業に特化して数をこなすことで、やはり年収2,000万円程度は得ているそうです」(スポーツ紙記者)

一週間フルに活動しているというわけではないのに、年収2000万円とは凄いですね!!!

 

現在はどうしてる?

ダンディ坂野さんは一発屋芸人というイメージが強く、またあまりテレビで見る事もなくなったため、現在は消えてしまったのではないか?というイメージが強いですが、先にも述べた通り、彼は現在では地方を中心に活動されているみたいです。

一発屋とはいえ、一度爆発的に売れた芸人は、そのギャグだけで、地方での営業やイベントに引っ張りだこになるんです。

正直、地方では、ブレイクした経験のある芸人は、いつまでたってもスター扱いされる。

ダンディはそれで、月収300万円前後ですね。

『なんでだろ~』のテツandトモも、いまだに営業でけっこう稼ぎ、月収は数百万円。

十分食っていけるので、テレビにはたまに顔見せ程度に出るだけでよく、その出演料も安くてかまわない。

そうした陰の人気要因があるため、CMオファーもなくならないのです」(お笑い番組を手がける放送作家)

芸能人として売れていた時代があるため、ネームバリューで営業もはかどるのでしょうね!

テレビから干されてしまい、そのまま廃れていくお笑い芸人は多いですが、地方でも精力的に活動されているのは称賛すべき事ですよね。

CMだけでなく、また在京キー局の番組にも活躍してほしいですね^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)