大友康平の嫁は木下桂子。画像は?鼻が病気で肥大?

今回は歌手で俳優の大友康平さんについてみていきましょう。

 

大友康平について

大友康平さんといえば、1980年代に大ブレイクしたロックバンド「HOUND DOG」のボーカルで、現在ドラマやバラエティで活躍中の俳優さんですね。

大友康平さんの本業はあくまでロック歌手ですが、近年ではタレントとしてドラマやバラエティに引っ張りだこになっています。

どちらかというと冗談が通じなさそうなタイプに見える大友康平さんですが、バラエティでは「面白い」とじわじわと人気を得ているようです。

そんな大友康平さんの結婚した嫁について調べてみました。

 

嫁は木下桂子

大友康平が結婚したのは、今から30年ほど前になります。

お相手は、元ファッションモデルの木下桂子さんです。

スポンサーリンク

嫁さんの画像はありませんでした。

木下桂子さんさんはカルビーエスニカンのCMに出演したりと活躍されていましたが、結婚を機に芸能界を引退しているようです。

2人の交際のきっかけは、某音楽番組で大友康平さんに1人惚れした木下桂子さんのほうからの猛アタック。

そして交際4年目に、大友康平さんが「君を幸せにできる自信はありませんが、僕が幸せになる自信は絶対にあります。僕と結婚してください」とプロポーズの言葉を送ったそうです。

木下桂子さんはこのプロポーズに大変感動し、結婚を快諾します。

それから数ヵ月たったある日、木下桂子さんが、大友康平の部屋を掃除している際に「釣りバカ日誌」のコミック本を発見します。

何となくパラパラやっていると、何と大友康平のプロポーズと全く同じセリフが……。

妻はがっかりしたでしょうが、大友康平の不器用で可愛らしい意外な一面を見た気がします。

ちなみに大友康平さんはロック歌手というイメージに合わず、恐妻家なんだそうです。

 

子供は?

大友夫妻の間には子供はいません。

さずからなかったのか、元々作る予定がなかったのかは定かではありませんが、それでも30年連れ添っているということは夫婦仲が良好なんでしょうね。

 

鼻が病気で肥大?

大友康平さんについて調べていくと、どうやら「鼻が肥大化している」と言われているようです。

スポンサーリンク

たしかにニンニク鼻というか、膨らんでいるように見えますよね。

鼻が肥大化する病気の一つに、「アクロメガリー(先端巨大症)」というものがあります。

鼻だけでなく手足などの先端も肥大化する病気で、大友康平さんがこの病気にかかった可能性もあります。

また、整形によって大きくなったのでは?なんて噂されてもいるようですが、真相は不明です。

加齢によって鼻が大きくなっていくこともありますので、何か特別なことをしたわけではなさそうですよね。

 

難聴?

大友康平さんは2012年11月7日、自身のブログで2011年に突発性難聴にかかっていたことを告白しました。

聴力については手術も受けたそうですが回復しておらず、また関係者の話でも、完全な聴力回復はほぼあり得ないといわれているようです。

なお、大友康平さん自身は、

「歌うことに支障はない。

震災で被害を受けた方々に比べたら、俺の問題なんて、ちっぽけなものだ。

手術はしたけれど、片方の耳の聴力は戻っていない。

少し安静期間を取ったけれど、状況は変わらなかった。

現実をしっかり受け止め、“それ”と正面から付き合うことにした」

と発言しています。

また、どちらの耳が聴こえなくなったかは、共演者や番組関係者に気を遣わせるので公表しないとしています。

 

裁判騒動

大友康平さんは現在、ソロで「HOUND DOG」の活動を行っています。

1980年のデビュー当時には「HOUND DOG」は6名のバンドでしたが、今では大友康平さんしかいなくなってしまったため、ソロ活動をしているようです。

きっかけは2005年のこと。

事務所を通さずに仕事を受けた”裏営業”が原因で、大友康平は所属事務所「マザーエンタープライズ」とケンカしてしまいます。

それを機に、大友康平は個人事務所「イエホック」を設立して独立。

これに怒ったマザーエンタープライズ側は、「HOUND DOG」の業務を終了し、解散をも匂わせるような言動をしました。

もちろん大友康平には解散の意志はありませんでしたから、ライブではファンに「解散しない!」と強気に宣言。

そして、大友康平は「イエホック」にメンバー全員で移籍することが、「HOUND DOG」存続のための理想形と考えました。

しかし、キーボード・蓑輪単志さんと、ベース・鮫島秀樹さんは移籍に難色を示し、交渉がまとまらずに脱退させられてしまったのです。

大友康平の思惑通り、「HOUND DOG」のギター・八島順一、ギター・西山毅、ドラムス・橋本章司は無事に「イエホック」へ移籍し、2005年からは、4人で「HOUND DOG」として活動していました。

そんな中、蓑輪と鮫島が「HOUND DOG」を商標登録申請出願し、”「HOUND DOG」の名称は6人に使用権がある”として、バンド復帰を求めて、訴訟を起こしました。

5人のメンバーは和解したようですが、大友康平さんは応じず、ソロで「HOUND DOG」を名乗ることに決めたようです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.