角野卓造の嫁は倉野章子。子供で娘や息子はいるの?

俳優 角野卓造さんの嫁と子供についてご紹介します!

 

角野卓造の嫁・倉野章子について

角野卓造さんの嫁の名前は、倉野章子(あきこ)さん
文学座所属の女優です。
倉野章子さんの画像がこちら!

章子さんは「太陽にほえろ!」2013年放送のドラマ「とんび」など、数多くの舞台・映画に出演されています。
1995年「野分立つ」では舞台初主演を果たし、この「野分立つ」で第30回紀伊國屋演劇賞個人賞、さらに第3回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞しています。

 

2人の結婚までの出会いや馴れ初め

2人の出会いのきっかけは、舞台『にしむくさむらい』での共演でした!
章子さんは、文学座で角野さんの4期先輩・1歳年上です。
2018年3月に出演した、徹子の部屋では、結婚までの馴れ初めを語っていました。

「アトリエっていう稽古場がありましてそこで 年3回割と新しい芝居を公演するんです。
『にしむくさむらい』っていう。
私が駄目出しをした芝居ですけれど。
後輩のくせにね、ワーワー ワーワー言ってたんですよ。
そしたら この『にしむくさむらい』っていう芝居は結構 評判が良くて。
3カ月ぐらい経って、すぐ再演したんです。
珍しいことだったんですけど。
そしたら その再演。
一応 稽古しましたけど「あれ? 初演の時に 卓ちゃんあんなにアッコちゃんにワーワー ワーワー言ってたのに再演になったら 何も言わないね」って 周りの役者がね。
「もしかして 好きになったんじゃないの?」なんてね。
変にね はやしたてて、結構それが なんか、その気になったのかも分からないですけど。
よくあるじゃないですか。小学校なんかでも周りが言うんで本人が その気になるっていう。
仲間の言葉がなければ、交際・結婚はなかったかもしれませんね。
ちなみに角野さんは、結婚当初から36年間、荻窪に住んでいます。

妻はどう思っていた?

妻・章子さんがテレビ番組で、角野さんとの出会いや弱点、直してほしい所などを語っていました!

スポンサーリンク

●ご主人の第一印象は?
「初めて見たのは 文学座の研究生発表会だったかと思います。
頭にリボンで いくつも、ちょんちょりんを作って両手を広げて 舞台に出てきたのを鮮烈に覚えています。
面白い新人が入ってきたなと。名前も四角いので、一遍で覚えました。 角野卓造」

●ご主人の弱点は?
「孫娘」

ご主人の好きなところは?
「これ 難しい質問。私が 何々したらと提案すると、まずは怒ったりしてはねつけますね。 でも あとでちゃんと受け入れてくれるところかな」

スポンサーリンク
ご主人に直してほしいところや要望などおありですか?
「まあ 怒るだけ無駄だし体にも悪いので。まず カッとするのをなんとか抑えられないかしら。
自分の失敗も 自分に怒ります。
失敗する自分 老いていく自分も大事にしてほしいな。でも そこら辺が 彼らしいところなんですよね」
ドラマで見る”頑固おやじ”な一面は、普段の角野さんにもあるようです!

子供について

角野卓造さんには、子供が1人いるそうです!
角野卓造さんの子供について調べてみました!

 

娘や息子がいるの?

【長年出演していた『渡る世間は鬼ばかり』の幸楽のワンシーン】

角野卓造さんには、息子さんがいます。
名前や顔が分かる画像は公表されていません。
年齢は36歳
今は、結婚され娘さんもいるようです。
角野さんもおじいちゃんなんですね!
芸能界で活動しているという情報はありません。

もちろん、「角野卓造じゃねえよ!」でおなじみのハリセンボンの近藤春菜さんは娘さんではありません。

2人は、バラエティ番組やCMでも共演されていて、“ウチくる!?”では、角野さんから春菜さんに感謝の言葉を伝えていました。

 俳優の角野卓造が18日放送のフジテレビ系「ウチくる!?」(日曜・正午)に出演し「ハリセンボン」近藤春菜への思いを明かした。

 春菜「角野卓造じゃねぇよ!」のギャグで人気となり、VTR出演で角野への感謝を伝えた。これに角野「みんなイヤでしょうとかどうですか?って言われるけど、ウソではなくてオレにとって物凄いありがたい。あれだけ名前を連呼してくれた」と明かし、春菜がギャグにする前は地方へ行くと半分ぐらいは「カクノさん」「スミノさん」などで呼ばれていたという。

 それが「今や彼女のおかげで日本国中どこ行ってもカドノさんって呼んでくれる」と感謝していた。

まるで本当の親子のように自然体な2人ですよね!
そっくりです!!

 

妻は子育てに専念

妻・倉野章子さんは、出産後に女優業を一時、お休みしています。
その理由は、子育てに専念する為。
息子さんが小学校に入るまで、仕事をセーブしていました。
そんな章子さんのおかげで、角野さんは仕事に集中出来ていたと「徹子の部屋」で語っています。

 

現在は?

一人の時間が好きな角野さんは、よく一人旅一人で呑みに出かけていたそうですが、結婚40年目にして”妻孝行”をはじめているそう。
なるべく家呑みを増やし、奥さんと晩酌をしているとか。
息子さんが家を出て、奥さんが1人で食事をするのは寂しいだろうと思いはじめたようです。
【亭主関白】である事が、家庭が上手くいく方法だと思っていたようですが、心の変化があったようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)