関健一郎の嫁は?高校や出身について!評判はどうなの?

関健一郎さんのや奥さん、高校や出身についてまとめてみようと思います。

 

関健一郎について

どの様な人物なのでしょうか?

神奈川県鎌倉市生まれ。

鎌倉市立大船小学校、鎌倉市立岩瀬中学校、神奈川県立大船高等学校卒業。

2003年3月、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。同年4月、NHKに記者として就職。

名古屋放送局へ赴任。2005年、豊橋支局へ赴任。

その後、東京経済部、高松放送局などに赴任。

2014年11月18日、安倍晋三首相が11月21日に衆議院を解散する考えを表明。

スポンサーリンク

その翌日、11月19日、第47回衆議院議員総選挙に愛知15区から民主党公認で立候補する意向を表明し、12月1日付でNHKを退職した。

12月14日に行われた衆院選では自由民主党の根本幸典に敗れ落選。

2016年、民進党が結党。同党愛知15区総支部長に就任。

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙に愛知15区から希望の党公認で出馬し、根本に敗れるも比例復活で初当選した(惜敗率80.805%)。

2018年5月7日、民進党と希望の党の合流により結党された国民民党に参加。

これからの活躍まだまだ期待しています。

政策は以下の通り。

  • アベノミクスをどちらかと言えば評価しない。
  • 消費増税の先送りをどちらかと言えば評価しない。
  • 安全保障関連法の成立を評価しない。
  • 北朝鮮問題への取り組みをどちらかと言えば評価しない。
  • 共謀罪法をどちらかと言えば評価しない。
  • 森友学園・加計学園問題への対応を評価しない。
  • いますぐ原子力発電を廃止すべきだ。
  • 選択的夫婦別姓の導入にどちらかと言えば反対。
  • ひとり親家庭やDINKSなど家族の形は多様でよい。
  • 日本の防衛力はもっと強化すべきだ。
  • 憲法改正に賛成。改正すべき項目に、地方自治・衆議院の解散・戦争放棄と自衛隊を挙げる。

生粋の神奈川人で、真面目な方なんでしょうね。

NHK出身って、そういう良い印象があれば当選もしやすい事でしょう。

 

関健一郎の嫁

関さんの奥さんは、どの様な方なのでしょうか。

関健一郎さんのお嫁さんの名前は関基衣(もとえ)さんと言います。

いきなりNHKの記者をやっていたエリートである夫が、それを辞めていきなり政治家になるなんて言い出したらそりゃ誰でもびっくりしますよね。

実は関健一郎さんの中では大学に入るころからずっと選挙に出たいという話をしていたということです。

奥さんは専業主婦からいきなり無職になって、しかも選挙に出ると言う人の嫁さんになるとは思ってもみなかったんじゃないかと思いますが、しっかりと関健一郎さんを支えています。

スポンサーリンク

性格は天真爛漫で、前回の選挙活動でも関健一郎さんの知名度を上げようと一生懸命に支援をしていました。

今回の第48回衆議院議員総選挙でも夫を支えているのではないかと思います。

実は関健一郎さんはNHK記者をやめて政治家を目指すことをプロポーズで伝えており、お嫁さんとなる基衣さんもそれを受け入れたんですよね。

昔から目標があって、それを貫く関さんと奥さん、素晴らしい関係性ですね。その一言につきます。

 

子どもは?

二人の子どもはいるのでしょうか。

長女は、一人で横浜のばあばのところへ。長男は、お泊まり保育。

一回り大きく成長して帰ってこい!

次男が、なんとなく分かるのか、寂しそうでした。とブログで書いており3人の子どもがいる事が分かります。

家庭は順風満帆の様ですね。微笑ましいです。

 

関健一郎の評判

関健一郎さんの評判はいかがなものでしょうか?

週末の戸別訪問で、強い危機感を改めて持ちました。

『モリカケでいつまで同じことやってんだ』

『18連休で給料もらっていいなあ』

国民の皆さまは、与党にも、そして野党にも、あきれてますよ。

これが、国民の皆様の受け止めだということを見つめなおさないと。

僕は3年間の落選期間と衆院選期間中、モリカケを徹底的にやるので国会議員にしてくださいとは、一度もお願いしていません。

すべての人間が、産まれてから最期を迎えるまで、ニッコリ笑って暮らせる仕組み「尊厳ある生活保障」の実現をしたいので国会議員にしてくださいとは、お願いしました。

経済、外交、食、社会保障。すべての分野で与党に対して現実的な選択肢を示しますので、国会議員にしてくださいとは、何度もお願いしました。

己の信念に、有権者の皆様の声なき声にしたがって、行動します。

<デイリー新潮記事>

候補者として“あり得ない”という点では、愛知15区の関健一郎氏(39)も同様である。

10月7日の夜に行われた立候補予定者3人による公開討論会。

関氏は開始30分ほどで途中退席したのだが、その理由がすごい。

地元の祭りで「手筒花火を上げるため」に退席したというのだ。

関氏本人に聞くと、「批判が起こることは覚悟して中座しました」とした上で手筒花火の「重要性」を説くのだった。

与党の事は批判しておきながら、手筒花火ですか?

地元を大切にしているのか、よくわかりませんが大事にする事はどっちかを考えてほしいものですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)