石原慎太郎の嫁・石原典子の写真や現在。画家の息子や5人の学歴。

元・東京都知事 石原慎太郎さんの妻と息子達について詳しくご紹介します!

 

石原慎太郎の嫁・石原典子の写真

石原慎太郎さんの嫁・石原典子さんは、1938年生まれ。
結婚し、4人の子供を出産後に慶応義塾大学法学部政治学科に進学
卒業後に本の刊行もしていて、とても行動力のある方のようです。
典子さんの画像がこちら!

ご家族・ご親族は、表舞台で活躍されている方が多いですが、妻の典子さんは、あまり公の場に出る事はないようです。

 

2人の結婚までの出会いや馴れ初め

石原慎太郎さんと妻の典子さんは、1955年12月に結婚
お二人の出会いは小学生の時
典子さんは、広島で生まれ神奈川県に転居し、鎌倉・金沢八景・逗子で育ちました。
典子さんは慎太郎さんより6歳年下で、同級生というわけではありません。
結婚したときは典子さんは、18歳でした。

結婚に至った大きなきっかけは、慎太郎さんと典子さんが一緒にいる所を親戚に見つかり「切れるか、結婚するか」と迫られ、「結婚します。」と答えたからだそうです。
少し、追い込まれた部分もあったのでしょうか・・・。

 

妻の現在

あまり、公の場に出ることのない典子さんなので、現在の様子については詳しくは分かりませんでしたが、都知事を辞めた慎太郎さんと静かに暮らしているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

息子は5人いて学歴は?

石原慎太郎さんの5人の息子の学歴と職業についてご紹介します!

 

長男・石原伸晃は政治家

職業:政治家

●自由民主党所属の衆議院議員(10期)
●自民党外交再生戦略会議議長
●近未来政治研究会(石原派)会長
前職は、日本テレビ報道局の記者をされていました。

学歴:慶應義塾大学文学部都市社会学専攻 卒業

 

次男・石原良純はタレント

職業:タレント
報道番組やバラエティで活躍されています!

学歴:慶應義塾大学経済学部 卒業

 

三男・石原宏高は政治家

職業:政治家。
父と兄と同じ道に進んでいます。

●自由民主党所属の衆議院議員(4期)
●自民党内閣第2部会長

学歴:学歴:慶應義塾大学経済学部 卒業

 

四男・石原延啓は画家?

スポンサーリンク

職業:画家。
東京やニューヨークなどで個展を開催するなど芸術家として活動中。

学歴:慶應義塾大学経済学部 卒業

 

五男はどんな人?

実は、石原慎太郎さんには、4人の息子の他にも、もう1人息子がいます!!
その子は、1983年頃に生まれた不倫相手との子供でした。

しかし、石原慎太郎さんは、その事実を認めようとはせずに「DNA鑑定すれば、俺の息子でないと分かる!!」と言っていたとか。しかし、1994年に子供を認知
毎月、20万円の養育費を支払うことを約束したそうです。
すぐに認知せず、言い訳をしていた石原さんには批判の声もありました。

 

宗教はオウム?幸福の科学?

石原慎太郎さんについて調べてみると、【オウム真理教】というキーワードが!
詳しく調べてみると、過去に<四男の延啓さんがオウムの幹部>という記事が週刊誌に掲載された事がありました!
さらに、慎太郎さん自身も深い関わりがあるのではと言われています!

1995年(平成7年)4月、石原慎太郎は突然衆議院議員辞職を表明した。地元の後援会にも知らされず、全く唐突であった。日本の政治に失望したという趣旨の意見を残しているが、とってつけたような感じである。なぜ唐突にやめるのか、全くその説明としては不十分であった。

しかし、彼は議員辞職をせざるを得ない、大きな事情を抱えていた。

オウム真理教は、1984年(昭和59年)2月に任意団体「オウム神仙の会」として設立された。その後、1989年(平成元年)8月に、東京都から「宗教法人オウム真理教」の認定を得ている。東京都は頑なに認定を拒否し続けていたのにもかかわらずである。

一方、石原裕次郎は1978年(昭和53年)、舌ガンのため慶應病院に最初の入院をする。翌年東大病院に転院して再び手術を受ける。ここで病魔を克服したかと思ったが、1981年(昭和56年)、解離性大動脈瘤で再び慶應病院に運ばれる。生還率3%、6時間33分の大手術に耐える。しかし、その後も1984年(昭和59年)に肝細胞ガンで、1985年(昭和60年)に胆内単胆菅炎でと毎年慶應病院に入退院を繰り返し、1987年(昭和62年)7月17日に永眠。

オウム真理教と石原裕次郎になんの関係があるのかと思われるであろう。キーワードは「慶應病院」である。1981年に解離性大動脈瘤で入院したときの執刀医がだれであったか、そこに鍵がある。この大手術の執刀を行ったのは、心臓外科医としての林郁夫だった。

四男については・・・

石原氏4男、延啓氏オウムの準幹部(官房長官副秘書官)だったが、第7サティアンで”救出”され、保護、その後暫くの間、高尾病院に強制入院させられていたことも初めて明らかにされました。

事実だとすれば、石原慎太郎さん本人も四男もオウムと深い関わりがあることになります。
最近では、このオウムとの関わりについての報道はありませんが、長男・次男・三男も政治家・タレントとして活躍されているので、影響が出るような事がないと良いですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)