中原丈雄の嫁の画像。娘はパン屋?若い頃や絵について!

役者として成功し、温かな家族や趣味のバンドなど、絵に描いた幸せを全て手に入れてしまった俳優・中原丈雄さん。
一体彼はなぜ成功できたのか、過去の作品や家族の職業などを一挙にご紹介します。

 

中原丈雄の嫁の画像。

私生活ではお洒落なファッションに身を包み、イタリアンなどのレストランにも足蹴く通われている様子の中原丈雄さん。
人生に成功した秘訣は「色んな世界に臆することなく飛び込む」という姿勢だったのかもしれません。

 

奥様の名前は敬子

中原丈雄が結婚した奥さんは、敬子という名前の女性。
中原丈雄の家族は、中原丈雄の奥さんのほかに、長女の暖、次女の静がおり、日本テレビ系列の「メレンゲの気持ち」にそろって出演した過去があります。

奥様のお名前が敬子さんということは分かっているのですが、残念ながら、現在はそれ以上の情報を見つけることはできませんでした。

 

娘はパン屋?

料理、絵画、外食、ファッション…などなど、本当に多趣味でいらっしゃる中原丈雄さん。
その影響がいい意味で次女とその旦那様に引き継がれていらっしゃるようです。

 

次女はパン屋さんのオーナー

テレビ番組「メレンゲの気持ち」に、奥さんと娘さんたちが出演されたことがあり、この番組によると、静さんご夫婦は、東京参宮橋で、パン屋さんのオーナーをされているとのこと。

スポンサーリンク

番組内では、次女夫婦の経営する渋谷区代々木の参宮橋にある「タルイベーカリー」というパン屋さんが紹介されました。

恐らく↑の画像、左上の男性が次女の旦那様だと思われます。
都内では現在かなり多くのパン屋が日々競争しながら本当に美味しいパンを提供している中、ここ「タルイベーカリー」は雑誌で取り上げられる程の人気ぶりです。

2015年に中原丈雄が出演した「にじいろジーン」でも、ぐっさんを引き連れて「タルイベーカリー」でロケをしており、中原丈雄の家族仲の良さがうかがえます。

芸能関係のお仕事ではありませんでしたが、パン屋さんということで、もしかしたら、料理が趣味の中原さんの影響を受けたのかもしれませんね。

店内はどんな雰囲気かというと、↑の画像が本物の店内の様子を撮影した写真になります。
まぁまぁまぁまぁ!!なんて美味しそうなパンが並んでいるんでしょうか!?
「パン屋はある意味変人でないと務まらない」そんなインパクトのあるメッセージを残すパン屋だけあって、食べてみたいパンがづらりと並んでいるのです。

スポンサーリンク

 

若い頃や絵について!

中原丈雄さんの若い頃の写真が↑の画像です。
今も細身なイメージですが、若い頃は更にスリムな印象ですね!!

 

映画「おこげ」

中原さんは、1992年、41歳の時に、映画監督の中島丈博さんに見出され、映画「おこげ」に出演されました。

中原さんはこの映画で、妻がありながら、同性愛者である自分に気づき、自分らしく生きようとする、中年サラリーマンを演じられたのでした。

難しい役柄でありながらも、見事に演じ切った中原丈雄さん。
↑の画像、一番右端の男性がその時の中原丈雄さんです。
妻がありながら、同性愛者である自分…まさに役柄にぴったりな印象です。

この映画での演技が絶賛され、以降、数々の映画やドラマに出演、現在まで、名脇役として活躍中です。

ちなみに、中原さんは、1988年に、映画「もっともあぶない刑事」に出演されているのですが、なぜか、中原さんの所属事務所のプロフィールでは、「もっとあぶない刑事」ではなく、「おこげ」が映画デビュー作となっています。

「もっとあぶない刑事」の方が知名度が高そうなのに、なぜ「おこげ」が映画デビュー作となってしまったのか…真相が気になります。

 

イラスト画と個展

中原さんは、シャンソン歌手の石井好子さんに、絵を絶賛され、個展を開くようになったそうです。

中原さんの絵は、油絵や水彩画ではなく、イラスト画で、ポップで欧州的な画風は、
芸能界にも多くのファンをお持ちだそうです。

明るく賑やかな色使いで、見る者の心を元気にしてくれるような、そんなイラストですね。

「ART BOX大賞」「ギャラリー賞」をはじめ、数々の賞を受賞されているそうです♪

俳優業だけでも大変そうだというのに、絵を描いて個展まで開いていらっしゃる中原丈雄さん。
どんな絵を描いているのか気になって調べたところ、↑の画像を発見することができました。

びっくりするほど上手くて驚かれた方も多いのではないでしょうか?
これを本業にすることができる印象です。

外国人が描いたようなタッチが面白いですし、色使いやバランスも絶妙です!!

 

バンド(TAKEO.UT・Men)

中原丈雄さんは、プライベートバンド「TAKEO.UT・Men(タケオユニットメン)」を結成されて、ライブ活動もされているそうです。

メンバーは、中原丈雄さん(リードギター),須田永治さん(ベース),堀田芳孝さん(ドラム),隠塚望さん(サイドギター,ブルースハープ),石川智久さん(キーボード)で構成されています。

ジャンルは、1960年代にヒットを飛ばしたシャドウズ、スプートニクス、アストロノウツなどの名曲を演奏するバンドだそうです。

中原丈雄さんは俳優業、絵画に続き、またもう一つ、趣味としてバンド活動をやられています。
これだけ多趣味でクオリティーが高ければ、人生は毎日時間が足りないくらい幸せいっぱいに違いありません。

どうしたら人間は中原丈雄さんのように幸せになれるのか?
それはきっと…「色んな世界に臆することなく飛び込む」という姿勢なのではないでしょうか…。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)