橋本岳の嫁は韓国人?離婚の噂が!DV問題で?子供について!

今回は政治家の橋本岳(はしもと がく)氏についてみていきましょう。

橋本岳について!

第82・83代内閣総理大臣橋本龍太郎の次男である橋本岳氏。

健康問題や金銭スキャンダルなどを受けて政界引退した龍太郎氏の後継として、2005年8月の郵政選挙に出馬して初当選を果たします。

現在の小泉進次郎氏と同じく「自民党のプリンス」として、父と同じ“王道”を歩むと注目されていました。

2017年にも4選を果たし、これからの政治活動が期待される橋本岳氏ですが、気になる家族について調べてみました。

 

嫁は韓国人?

橋本岳氏の妻・栄里子さんは、三重県菰野町出身の方です。

大学院に入学してその4月に結婚したので、学生結婚ということになりますね。

スポンサーリンク

大学院生時代に、同級生と学生結婚したことが『FOCUS』1996年3月27日号に掲載され、22歳で父親となり、ベビーカーを押してキャンパスを歩くことで学内では有名だったとか。

大学在学中にお付き合いをしていて、親から「せめて大学を卒業してくれ」と言われ「そうだね」と言って。

すぐ娘にも恵まれて子供たちも今4人いる。

(ベビーカーを押しているのが話題になったが)―押していた。

話題になったかどうか知らないが。

藤沢キャンパスだったが(結婚してすぐ授かり)大学院の2年生の時は(ベビーカーを)押しながら。

奥さんも同級生なので、どちらかが授業だったりするとどちらかが押していた。

その時(父は)総理だった。

(自分が小さい頃、父が厚生大臣になった位までは)週末は帰って来た。

栄里子さんの詳細な情報は分かっていませんが、川崎医療福祉大学医療マネジメント学部講師や姫路独協大学薬学部講師を務めているそうです。

韓国人という噂がありますが、三重県出身の純日本人のようですね。

 

離婚の噂が!

4人の子宝に恵まれ、順風満帆に見えた橋本夫妻ですが、どうやら離婚の噂があるようです。

選挙前に「橋本は離婚したらしい」という噂が流れたのだそうですが、事実ではありません。

子育てに手がかかるためあまり表には出ていませんが、当選をともに喜んでいます。

しかし一体、誰がそんな噂を流すんでしょうね。

このように離婚を否定した橋本岳氏。

ではいったいどうしてこのような噂が流れたのでしょうか?

 

DV問題で?

橋本岳氏には以前、妻・栄里子さんに対するDV問題が取りざたされました。

実は、岳氏は栄里子夫人と別居中。

それに至ったきっかけは、驚くことに岳氏の家庭内暴力(DV)だったという。

2年ほど前に倉敷市内の住宅地に建てられた橋本邸の近隣住民は、衝撃的な証言をする。

スポンサーリンク

「2010年のお盆頃でした。

岳さんのお宅からすごい怒鳴り声、そして奥さんの悲鳴が響いてきたんです。

そして家から逃げ出してきた奥さんが近くの家に逃げ込んで110番して、パトカーが出動する騒ぎになった」

橋本岳氏の最大の支援者ともいえる奥さんに暴力をふるうなんて・・・

今後、奥様との関係を修復してもらわなくては、女性後援会の動きが鈍くなりますよね。

夫と妻の口論がエスカレートした末に手が出て、警官を呼ぶ騒ぎに――。

さすがに“よくある夫婦喧嘩”というには派手すぎる展開ですよね。

「奥さんが“グーで36回殴られた”と訴えていたそうです。

“殴られていたのに、よく回数を数えていたものだ”と話題になりました」

当時は落選中とはいえ、橋本岳氏は自民党公認の選挙区支部長で、次期選挙の立候補が確約された身でした。

そんな立場の人物が妻への暴力行為で警察沙汰になるとは、尋常な話ではありませんよね。

結局この件はうやむやになり、現在も離婚はしていないようです。

 

子供について!

前述したように、橋本岳氏と栄里子さんの間には4人のお子さんがいらっしゃいます。

子沢山は、子育てが大変だと思いますが、子供の成長など楽しみが多そうでいいですね。

ただ、私のところは、四歳と二歳の子供の二人いますが、子育ての費用などは頭の痛い問題で、三人目は難しいなあと考えています。

このように語っていた橋本岳氏ですが、結果的に4人もの子宝に恵まれています。

子供たちはどうにか飯食わせなくてはいけないし、背負っているし、背負っていながら色々なかた達にお支え頂いたりお力を頂いて何とか生活していた。

(総理大臣の息子だからといって食べて)―いけない。実家が何か会社があるわけでもないし。

それは、嫁の実家に助け頂いたりとか色々なかたのお助けがあって生きてこられた。

橋本岳氏は育児にも積極的に参加しているようで、子供のためにミルクを作ったりとイクメンっぷりを発揮しています。

四番目はまだホギャホギャ言ってます。

昨晩は、妻がとても疲れて熟睡してたので、 ミルク作って飲ませました。

朝方は妻に任せちゃったけど。

まあ、そんなこんなで橋本家は皆元気で、今日も明るく倉敷で暮らしてます。

自分が二十歳を超えて、父が総理の時に晩酌を付き合った時にこぼされた。

「お前が幼稚園の時に、日曜日の晩にこれから東京に行くっていう時に「また来てね」と言われたが、寂しくてなあ」と。

(自分は)全然覚えていないが。

この間一番下の息子に言われた「また来てね」と。

(息子に)「またね!」と。歴史は繰り返す。

総理であった自身の父親の気持ちが、自身も父になったことで分かるようになったのですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)