鈴木央の嫁の画像は?顔が気になる!鳥山明との関係は?似てる?

『ライジングインパクト』『ブリザードアクセル』『七つの大罪』の作者、鈴木央さん。

鈴木央さんが結婚した嫁について、それから鳥山明との関係について紹介します。

 

鈴木央について

鈴木央さんは1977年2月8日に福島県の須賀川市に生まれました。

央はなかばと読みますが、性別について、男性なのか女性なのか’気になる人もいるようですが、男性です。

ちなみに「鈴木央」は本名です。愛称は「ばっちょ」と呼ばれているそうです。

出身校は福島県立須賀川高校です。

 

鈴木央の嫁の画像は?

嫁は幼馴染の元アシスタントです。

スポンサーリンク

彼女は鈴木央さんのエッセイ漫画にも「黒峰さん(仮)」と言う名前でよく登場しています。

この名前の由来はエッセイ漫画に登場させるのに使用した彼女の似顔絵が「ライジングインパクト」に登場する「黒峰美花」というキャラクターの顔から拝借したことによります。

奥さんがアシスタントだと言うのは

「週刊少年サンデー」の目次コメントに「仕事場のメンバーは私と嫁だけ」という鈴木氏の発言が。

『ライジングインパクト』からの読者には鈴木氏の幼馴染である黒峰さんが唯一のアシスタントとして有名ですが(ライパク単行本参照)

と言うことからファンにはわかってしまったようです。

 

顔が気になる!

黒峰さんの顔が気になるところですが、残念ながら写真などはありません。

 

鳥山明との関係は?似てる?

スポンサーリンク

鈴木央さん『七つの大罪』と鳥山明さんの『ドラゴンボール』。

この作品の絵のタッチや内容が似ているので、鈴木央さんは実は鳥山明さんのアシスタントをしていたのでは?、といったうわさがあります。

でも実際のところは鳥山明さんのアシスタントをしていたことはなく、鈴木央さんが鳥山明さんの大ファンなので、きっと絵のタッチも真似をしていたのでしょう。

パクリではありませんが、憧れの先生の作風に似てきてしまうものかもしれません。

 

鈴木央さんの年収は?

実は、2016年度の漫画家収入ランキングでも上位に入っている鈴木央先生の年収は、推定3億~5億円とも言われているようです。

漫画家さんのギャラってどんなか気になる人も多いようですが、印税ってやっぱり儲かるんですね。

 

「七つの大罪」が舞台に

鈴木が劇場用に描き下ろしたネームをもとにしたアニメ「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」の公開を記念して制作される「七つの大罪 The STAGE」。

東京公演は8月3日から8月12日まで東京・天王洲銀河劇場にて、大阪公演は8月18日から8月20日まで大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演される。

さらに脚本・演出は、「ミュージカル『黒執事』」や「最遊記歌劇伝」を手がけ、「宇宙戦隊キュウレンジャー」など特撮作品でも知られる少年社中の毛利亘宏が務めることも発表された。

2018年8月についに舞台化されることが決まっています。

どんな感じになるのか楽しみですね。

鈴木央さんの嫁について、そして鳥山明さんとの関係などについて紹介しました。

漫画家さんはあまりプライベートについて語らないので、奥さんについてはわかりませんでしたが、長い付き合いでアシスタントまでしていた方なので、少なくともお仕事についての理解はあるでしょうね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)