佐藤信夫の結婚した嫁や娘の佐藤有香ついて。浅田真央のコーチだった?

今回は佐藤信夫の嫁、佐藤久美子と二人の娘、佐藤有香の噂について紹介します。

長年、小塚崇彦の
コーチをしていたことで
知られている佐藤信夫。

荒川静香、安藤美姫、村主章枝、
中野友加里など、日本でも
トップクラスの選手を
指導してきた実績があります。

近年では浅田真央の
コーチをすることになって
注目を集めていました。

今日はそんな佐藤信夫コーチの妻
佐藤久美子さんについて
検索して調べてみたいと思います。

(画像はニコライ・モロゾフと荒川静香と佐藤久美子)

プロフィール

佐藤 久美子(さとう くみこ、旧姓・大川、1946年2月22日- )は、大阪府出身[1]の女性フィギュアスケート選手で、現在はフィギュアスケートコーチ。1964年インスブルックオリンピック、1968年グルノーブルオリンピックフィギュアスケート女子シングル日本代表。大阪女学院高等学校、関西大学卒業[1]。夫の佐藤信夫はフィギュアスケートコーチ、娘の有香はプロフィギュアスケーター、振付師、コーチ。

人物
中学、高校時代より数多くのフィギュアスケート大会で活躍していた。その後、関西大学商学部に入学。後に夫となる佐藤信夫と共に日本人初のユニバーシアード優勝、二度の冬季オリンピック出場を果たし、世界フィギュアスケート選手権5位(当時の日本人選手最高位)を記録するなど、日本のフィギュアスケートに歴史を刻んだ。

スポンサーリンク

1969年に同じ関西大学出身でフィギュアスケート選手の佐藤信夫と結婚する。1990年代に活躍したフィギュアスケート選手佐藤有香は娘である。2006年のトリノオリンピックフィギュアスケート女子シングルで金メダルを獲得した荒川静香のコーチをニコライ・モロゾフと共同で務めた。現在は夫の信夫をサポートする格好で小塚崇彦らの指導、振付なども行っている。

浅田真央のコーチをしていましたね!

佐藤信夫が浅田真央のコーチだったことは有名ですが
妻の久美子もフィギュアスケートのコーチですので
浅田真央のコーチとして指導する立場だったのかと
思いきや、実際はそうではなかったようです。

同じリンクでコーチを務める妻・久美子とは
スケーティングを大事に指導する点で共通するが、
基本的に夫婦共同で生徒を教えることはしないという方針で

夫婦共同で指導することは基本的に無いそうなので
佐藤久美子コーチが浅田真央を直接、
技術的な指導するということはなかったようです。

ソチ五輪の際にも佐藤信夫はコーチとして
浅田真央、小塚崇彦に同行していますが

スポンサーリンク

佐藤久美子はソチにも練習拠点のアルメニアにも
同行していなかったことからも
そのことは明らかです。

ただし、普段は同じリンクで見ていますから
浅田真央の話を聞いたりといった
サブコーチ的な役割をすることはあったようです。


(画像は演技後に浅田真央にハグする佐藤久美子コーチ)

佐藤信夫と久美子の娘、佐藤有香

佐藤 有香プロフィール

佐藤 有香(さとう ゆか、Yuka Sato Dungjen、1973年2月14日 – )は、東京都出身の元フィギュアスケート(女子シングル)選手、プロフィギュアスケーター、フィギュアスケートコーチ 兼 振付師。父は佐藤信夫、母は佐藤久美子。1992年アルベールビルオリンピック7位入賞、1994年リレハンメルオリンピック5位入賞、1994年世界選手権優勝、1993年・1994年全日本選手権優勝など。

1993-1994年シーズンの全日本選手権で2年連続の優勝を果たし、2位となった井上怜奈と共にリレハンメル五輪・女子シングルの二大会連続オリンピック日本代表入りとなる。同五輪のテクニカルプログラムでは、トリプルルッツからのコンビネーションジャンプの予定がシングルルッツとなり失敗、7位と出遅れる。フリースケーティングではほぼノーミスの演技をこなし、五輪メダルは惜しくも届かなかったが総合で5位入賞。アルベールビル五輪に続き、冬季五輪で2大会連続入賞を果たした(他女子シングル日本代表では伊藤みどり(5位・銀メダル)に次ぐ二人目の快挙である)。

オリンピック後の1994年3月に千葉県・幕張メッセで行われた世界選手権では、リレハンメル五輪金メダリストのオクサナ・バイウルと銀メダリストのナンシー・ケリガンが欠場し、銅メダリストの陳露が予選後に棄権したため、同オリンピック4位のスルヤ・ボナリーと同5位の佐藤との一騎討ちの展開となった。最終的に4対5で佐藤が日本人選手として2人目の世界女王となった。

世界選手権後にプロスケーターに転向し、北米に拠点を移す。スターズ・オン・アイスやチャンピオンズ・オン・アイスなどのアイスショーに多数出演。世界プロフィギュア選手権ではクリスティー・ヤマグチと優勝争いを演じたことで一躍注目を集め、のちに夫となるジェイソン・ダンジェンとペアを組みペアスケーターとしても活動。世界プロフィギュア選手権で4度優勝している。1999年にダンジェンと結婚。
コーチ 兼 振付師としても活動をはじめ、1998年からは日本人選手の指導も行う。1998-1999年シーズンは荒川静香の振付も担当。デトロイトスケートクラブを拠点にアリッサ・シズニーやジェレミー・アボットの指導、小塚崇彦の振付を行っている。

冬季オリンピックやNHK杯などの放送では解説も行っている。
2013年にダンジェンと離婚。コーチとしての仕事は共に続けていく。

彼女もまた浅田真央のコーチでした。

佐藤信夫と佐藤久美子の娘、
佐藤有香もコーチとして
活躍しています。

浅田真央の歴代コーチはタチアナ・タラソワ、
ラファエル・アルトゥニアン、
山田満知子、樋口美穂子、伊藤朋子、門奈裕子であり

佐藤有香が正式に浅田真央の
コーチだったことはありません。


(画像は佐藤有香が指導していた元全米チャンピオン、ジェレミー・アボット)

ただ、日本はアイスリンクが少ないため練習場所を求めて
日本人選手が、佐藤有香が拠点にしている
デトロイトスケートクラブを訪ねるということは
よくあるようです。

ちなみに、小塚崇彦は現役時代
毎年のようにデトロイトスケートクラブを
訪ねて、佐藤有香に振付など
指導をしてもらっていました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)