石倉三郎の嫁が花菱の超美人女将!?子供はいるの?ケンカの武勇伝は伝説。

今回は名脇役の俳優として、さらにはコメディアンやタレントとしても活躍されている、石倉三郎さんを取り上げてみたいと思います。

石倉三郎さんのプロフィールは?

それではまず、石倉さんのプロフィールを見ていきます。

本名:石原三郎(いしはらさぶろう)
生年月日:1946年12月16日
出身地:香川県小豆郡内海町(現:小豆島町)
出身校:大阪市立緑中学校
血液型:A型
身長:170cm
体重:65kg
所属事務所:株式会社グローバルフィールド

出身は香川県小豆島ですが、中学校1年生の時に家族で大阪市鶴見区に引っ越したそうです。

石倉三郎って、本名じゃないの?

上で見たように、本名は石原さんです。

では何故、「原」を「倉」に変えたのかというと、

高倉健さんの倉をもらい、石原の原を倉にかえて芸名にされたそうです。

高倉健さんとの関係は?

では、高倉健さんから1字もらって芸名に、というほどの関係がお2人にあったのでしょうか。

スポンサーリンク

実は、石倉さんが映画界に入ったきっかけは、偶然喫茶店で出会った高倉健さんが

石倉さんに声をかけたことから、だそうです。

そして1967年に、高倉健さんの紹介で東映東京撮影所の大部屋俳優となりました。

俳優になるきっかけをくれて、下積み時代にも大変お世話になったということで、

芸名に高倉健さんから1字もらって付けた、ということなのでしょうね。

芸能界を引退していた時期があるの?

このように映画界でデビューした石倉さんですが、1972年に東映を退社し、

その後は舞台俳優として活躍されます。

さらに1975年 には、演芸界に転向し、コメディアンになります。

ただ下積みが長く、一時期は芸能界を引退し、マザー牧場で働いていたこともあるそうです。

ビートたけしさんとも関係があったの?

そんなコメディアンとして浅草のフランス座で下積みをしていた時代に、

ビートたけしさんと出会い、仲を深めたそうです。

後に、ビートたけしさんは自身の監督主演作品である『座頭市』に、

石倉さんを起用するなどしています。

そんな下積み時代が続いた後、

1981年にレオナルド熊さんと「コント・レオナルド」を結成されました。

実は、石倉さんが芸能界を一時期引退する前に、レオナルド熊さんとは

「ラッキーパンチ」を結成しましたがすぐに解散しており、事実上の再結成でした。

そして当時の若手による漫才ブームの全盛期に、あまり若くない2人による、

鋭い社会風刺コントは好評を博し、「コント・レオナルド」の人気は絶頂を極めました。

何故、解散したの?

このように大ブレイクした「コント・レオナルド」ですが、わずか4年で解散します。

理由は、石倉さんとレオナルド熊さんとの性格の不一致、

レオナルド熊さんの金銭問題と健康問題などだそうです。

その後、2人は絶交状態となり、レオナルド熊さんの葬式に石倉さんが出席するまで、

2人が顔を合わせることはありませんでした。

このコンビ解散後、石倉さんは俳優業に戻り、以降ずっと俳優として活躍されています。

では次に、石倉さんのご家族について見ていきます。

嫁は誰なの?

石倉さんの奥さんは、創業50年以上になる割烹・小料理屋『花菱』の女将さんだそうです。

ただ、いろいろと調べてみたのですが、名前や年齢等のプロフィールは分かりませんでした。

◆花菱 (はなびし)
ジャンル:割烹・小料理
住所:東京都江東区富岡1-4-5
電話:03-3641-6879
交通:東西線門前仲町駅2番出口徒歩2分
営業時間:17:30〜22:30(22:00)

店構えも店内の雰囲気も料理もいずれも評価が高く、

芸能人関係の店と知らずに利用する人も多々いるようです。

さらに、人気のお店のようなので、平日でも予約が必要みたいですね。

店内には芸能人の名入り提灯が掲げられており、もちろん石倉さんのポスターも。

スポンサーリンク

石倉さんが、店でゆったりくつろいでいることもよくある光景のようです。

2人の馴れ初めは?

奥さんはもともと『花菱』の女将をつとめていたのですが、 石倉さんが

この美人女将に惚れ込んで店へ通い詰め、ついには結婚に至ったということです。

石倉さんが惚れ込んだほどの美人女将、ぜひお顔を拝見したかったのですが…。

残念ながら画像は見つかりませんでした。

どうしても見たい!という方は『花菱』に行くしかないですね(笑)。

『花菱』にまつわる曲がある?

石倉さんは、ミュージシャンの長渕剛さんと家族ぐるみの付き合いがあるそうです。

それは長渕さんが主演し、彼の再婚相手となった志穂美悦子さんと出会うきっかけとなった

テレビドラマ『親子ゲーム』に石倉さんも出演していたのが始まりだそうです。

そして長渕さんが志穂美さんと再婚する際に、

『花菱』で石倉さん夫妻と4人で祝杯を交わしました。

その時の様子は、「花菱にて」というタイトルで、長渕さんの楽曲にもなっています。

子供はいるの?

調べてみましたが、情報は見つからなかったので、どうやらお子さんは居ないようですね。

ケンカの武勇伝・伝説があるの?

石倉さんは若い頃からケンカっ早く、芸能界でもケンカの強さはお墨付きのようです。

その武勇伝・伝説を幾つか取り上げてみたいと思います。

①映画界を辞めた原因もケンカ?

先ほど見たように、高倉健さんの紹介で映画界デビューをした石倉さんですが、

その性格から撮影現場で大暴れする事もしばしばあり、だんだん仕事が無くなったそうです。

そんな中でも自分を心配してくれた高倉健さんを尊敬し、今でも恩義を感じているそうです。

②下積み時代の小遣い稼ぎもケンカ?

コメディアンの下積み時代、当然お金がなかったので、仲の良かったビートたけしさんと

町に出て、サラリーマンやチンピラをシメていたそうです。

その辺りについては、石倉さんの著書『気分はいつも暗いマックス』でも語られているようです。

③故・安岡力也さんにもケンカで勝った?

今は亡き歌手・俳優の安岡力也さんも、ケンカが強い芸能人で有名でしたよね。

でも、石倉さんはその安岡力也さんにも勝った、という噂があります(あくまで噂ですが)。

2人は体格差もありますし、安岡力也さんは元キックボクサーでもありますので、

もし本当に石倉さんが勝ったのだとしたら、かなりの強さですよね。

④組事務所を潰した?

『ダウンタウンDX』という番組に出演した俳優の山城新伍さん。

その番組で「喧嘩の強い芸能人」を紹介するコーナーがあり、

山城さんは石倉さんの名前を挙げ、「あいつは組事務所潰してるから」と言ったそうです。

…これが本当なら、ただ単にケンカが強いというレベルを超えてますよね?でも、

いきつけの酒場で本職の方がしつこくみかじめ料を迫られた時も、

相手の肋骨を折り病院送りにした。

というエピソードを石倉さん本人がテレビで語っており、相手が誰であろうと関係ないのでしょうね。

と、様々な武勇伝を持つ石倉さんですが、今回調べていく中で、

奥さんについても少し面白い情報を見つけました。

…実は奥さんも気が強い?

『花菱』の口コミを見ていると、常連さんのコメントに

昔から勝気な女将

という言葉がありました。

これだけケンカの武勇伝・伝説がある石倉さんのこと、美人なだけでなく、

女将さんの気の強さにも惚れ込んだのかも知れませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)