デューク更家の嫁の実家は金持ち?出会いや馴れ初めは?

ウォーキングトレーナーのデューク更家さん。
嫁はどんな人か、出会いや馴れ初めについて紹介します。

 

デューク更家のプロフィール

デューク更家(でゅーく・さらいえ)
1954年、和歌山県新宮市生まれ。
ファッションショーの演出およびプロデュース、モデルへのウォーキング指導を手がけた後、
1993年から一般向けのウォーキングレッスンを開始。
細胞を活性化させ、心身を整え、健康で更に美しい身体に作り変える独自のウォーキングエクササイズを確立。
「歩く量や時間ではなく歩き方の質」や「歩くことで道徳を伝える『歩育』」を提唱すべく全国各地で活動中。
今や、起業家ですからね。

デューク更家と嫁の由美子さんの馴れ初め

デュークと知り合った頃、由美子さんはデュークの知人の会社の社長秘書をしていた。
その当時デュークは大阪でも有名な遊び人だったそうである。
朝まで遊び歩く毎日が続いていた。
そんなデュークを由美子さんは警戒して3~4年観察していた。そうするうちに由美子さんの中にある思いがわき上がってきた。
どうしてもデュークに一言いっておきたい、いや言わなければならないそう思うようになった。
そしてある夜バーにいくとデュークがひとりで飲んでいた。
由美子さんもひとりだった。
言うならいましかない。
そう思った由美子さんはデュークにこう切り出した。

「時間とってもらえますか。話したいことがあります。」デュークは

「いいよ。じゃあ、夕飯でも食べにいきましょうか?」
「いえ、ご飯はいりません。」
「じゃあ、飲みに行きますか。」
「いえ、お酒もいりません。」
「は?じゃあなに?」

それから日をあらためホテルのロビーで二人は再び会った。
食事もお酒もなしである。
ホテルのロビーで由美子さんは延々とデュークに彼女の思うところをプレゼンしたそうである。

上品な方です。

デューク更家のプロポーズ

「この人は優しい人でその優しさはなにも女の人に対してだけというわけじゃなくて。男性にも年配の人にも子供にも優しくて。そういう気遣いのできるところがあなたの良さなのに何故あなたは朝まで遊んでるだけなの?パワーを使う場所って他にあるんじゃないの?それだけしかできないの?って延々プレゼンしたんです。」

由美子さんのプレゼンをじっと聞いたデュークはふっと由美子さんの方へ向き直りこういった。「結婚してくれませんか」

それがデュークのプロポーズだった。

デューク更家はモナコ在住

モナコって、コーヒー1杯が1万円の世界
それをもったいないと思う人には住めないね。
俺は、そういう環境にいると野心がメラメラ湧いてくるんですよ。
豪快でかっこええやつがいっぱいおって、姉ちゃんもみんなキレイやねん!
F1レーサーなど高額所得者たちが住む街モナコは物価も高いけど、豪快な人たちが多く暮らしているんでしょう。

娘さんは6か国語しゃべる

デューク更家さんのお子さんは、長女:小麦(1992年生)、次女:クリステル紗々(2002年生)です。

フランス語、英語、スペイン語……長女なんかは6か国語しゃべりよるからね。

それから立ちふるまいが身につく。
娘はルイ・ヴィトン、奥さんはグッチ、俺はアルマーニででかけます。
美しい所作や行動のお手本になる人が、モナコにはいっぱいいますよ。

スポンサーリンク
――娘さんたちとは、とても仲が良いそうですね。
なんでもフランクに話しますね。長女はもう24才ですが、お風呂に一緒に入ってきますからね。家の中ではみんな全裸やし。
長女が15才のときにね、アンダーヘアが生えてきて「たわしみたいやな!」と言ってやったんです。
「ちゃんと整えなさい」と、脱毛させました。
ヨーロッパでは、アンダーヘアの処理はあたり前ですから。ハート型にしてやる人もいれば、きれいに揃えてカラーリングしたりね。
娘さんは外国人のような感覚をお持ちなのかもしれません。
娘思いのヂューク更家
そんなヂューク更家さん、娘さんが大好きなようで、実は、娘はロンドンであの〈キャンディークラッシュ〉のゲームソフト会社に勤めていて、そこの世界大会がバルセロナであったんやけど、その会社の「KingsofLondon」という名のミュージジックグループのメンバーで、それでバルセロナのカンプノウというサッカーの聖地と言われる球技場で歌ったんやな❗
親バカデューク更家としては、めちゃ嬉しいかぎりなんやな❗
ついこの間まで、目に入れても痛くなかった娘がもう、目に入らなくなったんやな❗
ちぃーと寂しい気もするんやけど~
嬉しい限りなんやな❗
しかし
まだ、オイラには、もう一人の娘がおるんやけどな~これがまた、どんどん大人の女子になっていくんやな❗
どうよ、この立ち姿~可愛い通りこして、綺麗やもんな❗
ヤバイな~俺も若々しく蘇らんと❗
ウォーキングランして、ミトコンドリアいっぱい増やさんとあかんな〈笑〉親バカデュークの一人言でした。
と親バカぶりを自身のブログにアップしていました。

デューク更家の金持ち生活

デューク更家の食事の特徴は「シャンパン」を飲むことにある。
朝食は「朝シャン」(朝のシャンパン)とエスプレッソが必ず入ったメニューで、“毎朝1万円以上”(!?)の内容となる。
昼食にもシャンパンかビールと肉料理や中華料理などでやはり1万円以上をかける。
そして夕食は「叙々苑」などの有名な焼肉店や寿司店でやはりビールかシャンパンとともに2万円程度である。
つまりデューク更家は、毎日朝昼晩の3食で約4万円以上の食事をするという計算になる。
 これだけ見ると暴飲暴食のように思えますね。

デューク更家が金持ちの理由

スポンサーリンク

実家が元々お金持ちだったというのもあるようですが、デューク更家さんのウォーキング教室は月謝が5万円で、生徒数が40000人!50000円×40000人=200000000円!!!!

月謝だけでも月に20億円です!!このほかに大阪経済大学客員教授としての収入や本やDVDなどの出版物の印税があるでしょうから、年収が一体いくらになるのか、計算するのも恐ろしい!!

デューク更家さんはウォーキングトレーナーとしてテレビにも出演されるほどですから、お金はたくさんあるんでしょう。

「リゼウォーク」って?

リゼクリニックの医療脱毛で美しい肌を手に入れて、輝く日々をスタートしてほしい。
その想いから生まれたのが「リゼウォーク」です。監修はウォーキングトレーナーのデューク更家さん。
カッコいいだけではない、新しいウォーキングです。
メイクとドレスで、女性は驚くほど美しくなれるもの。
でも女性たちをいちばん輝かせるのは、きっと、それぞれの心に満ちあふれた『自信』のはず。
両手を上げたポーズには、美しいワキをアピールするだけでなく、胸に秘めた自信を解き放ってほしいという思いが込められています。
リゼウォークのやり方はYoutubeなど動画が上がっていますね。

リゼウォークのCMが子供たちにウケている

リゼクリニックの公式サイトによると、リゼウォークとはウォーキングエクササイズでおなじみのデューク更家氏が監修した歩き方だという。
両手をまっすぐと上げながら歩くことで、自信をアピールすることができるのだそうだ。

このリゼウォークのCMを見て、幼児たちにある現象が起こっているという。

それに気づいた母親たちが、Instagramに次々と写真や動画を投稿しているのだ。

Instagramの投稿では、真似をして踊り出す幼児もいれば、急に泣き止む幼児もいて、不思議なもの。なぜリゼウォークのCMは幼児の反応がいいのか。
乳幼児は真似をすることで、からだやことばを発達させていくため
リゼウォークの動きは分かりやすく真似しやすい・しやすい動作のため
バンザイのポーズが成功体験・自己肯定感を求めている
 専門家によると上の3つの理由でリゼウォークのCMが子供たちにウケているのではないかということです。

デューク更家氏ら考案「怒らない体操」

更家氏の弟子のファシリテーター、伊達弘泰さんが壇上に上がり、“怒らない体操”を披露。
身体をリラックスさせてポジティブなイメージを頭に描きつつ、息を吐きながら、全身を使って簡単に短い時間でできる体操だ。

どういうメカニズムなのか。

例えば、8種類ある体操のうちの一つ、短息と長息の2つの呼吸法を取り入れた「ブレスウオーク」。

 

短息トレーニングは、背を丸め腕を胸の前で組んだ状態から上体を起こして胸を広げるという動作を歩きながら交互に行い、さらに1歩ごとに短く「ヒュッ」と息を吐く。
長息トレーニングは両手を組んだまま前かがみになったり伸びたりの動作を繰り返し、「あー」「おー」「んー」と声に出しながら歩く。

以前よりテレビの露出は減っているかもしれませんし、モナコの悠々自適生活でアル中になって激太りという噂もあったようですが、
現在も「怒らない体操」を考案したり、ウォーキングセミナーやウォーキングイベントに出演したりと相変わらず元気なデューク更家さん。
娘さんも独立されているとはいえ、家族と一緒に幸せに暮らしているように見えます。
スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)