植松伸夫の嫁は?海外の反応は?病気について!

ファイナルファンタジーの音楽などゲーム作曲家として第一人者の植松伸夫さん。

植松伸夫さんの嫁、海外での活動や反応、病気について紹介します。

 

植松伸夫について

1959年3月21日生まれ、高知県出身。神奈川大学英文科卒。

1986年 株式会社スクウェア(現:株式会社スクウェア・エニックス)入社。

『FF』こと『ファイナルファンタジー』シリーズほか、数々のゲームの作曲を手がける。

1999年にFF8テーマ曲『Eyes On Me』が1999年度 第14回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー(洋楽部門)」を受賞。

2004年に退社後は、フリーの作曲家として『グランブルーファンタジー』などゲーム音楽を作曲し続けるかたわら、世界各国でオーケストラコンサートや自身のバンド“EARTHBOUND PAPAS”によるワールドツアーを開催。

2007年7月にNewsweek誌にて“世界が尊敬する日本人100人”の1人に選出される。

スポンサーリンク

ゲーム音楽の作曲として神的な才能の植松伸夫さん。

あだ名は「ノビヨ」と言われていますが、姪が幼少の頃「ノブオ」の「ブ」と「オ」が発音しきれず、「ノビヨ」と呼ばれていたことからだそうです。

 

ゲーム音楽をオーケストラでやるきっかけは?

きっかけは「ドラゴンクエスト」のすぎやまこういちさんがオーケストラコンサートをやったことですね。

他にやっている人もいませんでしたし、面白そうだなと思っていました。

その後ファイナルファンタジー(以下FF)でもオーケストラ演奏にも見合うような曲が溜まってきたので、挑戦してみるのも面白いかなと思い、日本で初めての公演を行いました。

元々はCMの曲などを作曲していた植松伸夫さん。ゲーム音楽をしたくて、デモテープをずっと送り続けたそうです。

 

海外の反応は?

海外でも人気の植松伸夫さんですが、

こちらのきっかけは

指揮者をやっているアーニー・ロスとの出会いです。

彼はオーケストラに詳しいと同時にロックやポップスなど様々なジャンルとコラボレーションもしていたのでゲーム音楽にあまり偏見がなく、コンサートに関しても熱心にやってくれました。

そこでこの人とだったら面白いものができるかもしれないな、と思って始めたのがこのツアー「Distant World」です。

始めてから7年経って、このトロント公演で99回目です。

記念の100回目は1月に日本でやります。

アーニー・ロスとの出会いが海外ツアーを重ねているきっかけになっているそうです。

海外でも大人気の植松伸夫さん海外での反応はというと、

スポンサーリンク

ゲーム『ファイナルファンタジー』の音楽を作曲した植松伸夫氏が壇上に上がると、拍手はさらに大きくなる。

植松氏がスタンディング・オベーションを受けるのはこの夜で2回目だ。

最初は同氏が登場した時だった。

演奏が始まる直前に、同氏が舞台の袖から現われ、スポットライトの中、舞台の正面から観客席へと満面の笑みをたたえながら歩いた。

自分たちのヒーローの登場に、観客は騒然となった。

2009年7月のサンフランシスコ公演の様子ですが、アメリカでも大人気の植松伸夫さんです。

 

植松伸夫の嫁は?

植松伸夫さんの嫁はReiko Uematsuさんと知られています。

Reiko Uematsuさんは、2016年11月には

本日、お昼東京カルチャーカルチャーでトークイベントです。

2017年5月には

蒲田、大田区アプリコにて物販中! 11時45分より植松伸夫トークイベントもあります。当日券あるそうです!

などと、ツイッターであげていますが、どんな職業の方なのか、どんな顔なのか、馴れ初めなどはわかりませんでした。

 

病気について!

2018年9月20日に自身のブログで体調不良による休業を宣言します。

「ファイナルファンタジー」シリーズなど多くのゲーム音楽で知られる作曲家・植松伸夫氏(59)が20日、自身のブログを更新。

体調不良が続き、今後の活動を休止することを発表した。

「ドッグイヤー・レコーズの設立以降、作品作りやコンサート出演等で忙しい日々を駆け抜けてきましたが、ここ数年の無理が祟(たた)ったのか、今年に入りいくつかの病気が立て続き、今少し心身ともに弱っている状況です」

「現状では年内を目安にお休みをさせていただきつつも、その後の活動につきましても、もうしばらくの間状況を見つつ判断をさせていただければと思っております」

「いつも応援してくださっている皆様や多くの関係者の皆様へお掛けするご迷惑とご心配を思いますと苦渋の決断ではございますが、何卒ご理解とご協力をいただければ幸いです」

まだ休養生活に入られたばかりなので、まずは1日も早く体調を整えて、またゲーム音楽をはじめとした音楽活動を再開されることを祈ります。

植松伸夫さんの音楽活動、海外での公演の様子、嫁、病気について紹介しました。

現在休養生活に入られており、心配ですが、まずはゆっくりと休んでいただき、1日も早くお元気になって、また作曲活動やライブ活動をされることをお祈りします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)