石橋蓮司の若い頃がかっこよすぎる!子供は息子と娘?嫁(妻)は緑魔子【画像】

石橋蓮司って本当に雰囲気のある俳優ですよね。

アウトレイジでの演技は「どんだけ~!」と叫びたくなるくらいのハマり役でした。
出身は東京都品川区のけっこう珍しい生粋の東京生まれ育ちなんです。

 

石橋蓮司さんのプロフィール

それではまず、石橋さんのプロフィールから見ていきます。

「石橋蓮司」の画像検索結果

●生年月日:1941年8月9日
●出身地:東京都品川区
●身長:178cm
●血液型:AB型

父と母の職業は建具職人で両親が早くに離婚したために、
弟4人と一緒にとある旅館で育てられたそうです。特殊な環境ですね。

 

若い頃は押尾学似のイケメン!

彼は、日本大学出身で中退しています。
ちなみに若い頃の彼はこんな感じ。

WS000021

かっこいい!
凛々しい顔つきですね。
左の写真は一瞬、押尾学に見えました。

WS000022
似ていませんか?

スポンサーリンク

 

奥さんがいるのに、堂々と不倫?

さて。もう70歳を超えているわけなんですが、30歳の女性タレントとの熱愛発覚が週刊女性に掲載されています。

ハードボイルドww

もちろん嫁さんはいますよ? 緑魔子です。

これもスゴイ名前ですね汗

「魔」という文字は、平成時代に産まれた子供たちにはほとんどの場合、ついていないんじゃないかな。

 

嫁の緑魔子さん

WS000023

●本名:石橋良子(旧姓:小島)
●生年月日:1944年3月26日
●出生地:台湾台北市(日本統治時代)

数々のドラマや映画、舞台で活躍されており、

「劇団 第七病棟」の画像検索結果

また1976年には石橋さんと2人で劇団「第七病棟」を旗揚げされています。

 

2人の馴れ初めは?

お二人の出会いは、1966年に緑さん主演の映画『非行少女ヨーコ』で

共演されたことが、きっかけだと言われています。

「非行少女ヨーコ」の画像検索結果

スポンサーリンク

当時、緑さんはすでにスター女優、一方で石橋さんは子役上がりの無名の新劇の俳優。

断然、緑さんの方が格上でしたが、石橋さんは緑さんに、「お前さあ」とため口で話しかけたということです。

この後、交際から長い同棲生活を経て、1979年に入籍されています。

子供は何人?

この年は、娘がちょうど小学校に入学した年だったそうです。

子供は1人で、息子の情報は皆無、つまりいません。

なにかドラマなどで話題になったのでしょうか?

実在はしないという線が濃厚です。

子供はもう40歳を超えています、

どんな職業をしているのでしょうか。

2人の名優のもとに産まれたわけですから、芸術的な仕事に就きそうですが。

 

夫婦に亀裂が入った原因は?

緑魔子と石橋蓮司は現在別居中ということです。

しかし、その原因は特別不仲ということはないとのこと。

「奥さんというより、戦友」と表現しています。

なにか突発的な事故が起こり、合理的な判断をしたのかもしれませんね。

別居生活はなんと25年以上にも及ぶそうですが、愛人?の女優を目指すタレントと半同棲中ということなので、特段寂しくはないのかも・・・

 

不仲なわけではないの?

また石橋さんは、奥さんとの関係についても次のように語っておられます。

「20年以上別居していて、そこで何か大きな問題があったわけでもないし、子供や孫もいるしね。あいつは、ある意味では同志であり、ある意味では一緒に闘ってきた人間なんだよ。それを何で切るんだよ。」

どうやら、お2人の間が不仲だという事は無さそうなので、離婚も無さそうですね。

 

愛人の影。どんな女性?

家事を全般やってもらってるようですね。

しかし、体の関係はまったくないそうで、掃除や洗濯・料理など身の回りのお世話をしてくれているそう。

「熱愛」と報道されましたが、彼女は将来的に女優を目指しているようですから、
超有名ベテラン俳優の日常生活にまで張り付いて勉強しようとしている、いわば一番弟子というポジションなのかも。

本人は恋愛感情は一切ない!と断言していますが、真相はどうかわかりません。

もう70歳ですしね~。人生でこれまで浮き沈みを経験してきて、
癒しを求めたいと思う時期なのかもしれませんが・・・・。末永い活躍を期待したいところです。

 

日韓問題の真実について生証言!

韓国の従軍慰安婦問題については、すべて嘘だと石橋蓮司は証言していますね。

その事実を調査するためのドキュメンタリー番組に出演し、実際にその経験があるという女性にインタビューを試みた時に、カメラが回っている時だけ演技をされたと証言しました。

ホンモノは嘘をつきませんからね。

韓国のイメージが日に日に地に落ちていきますね汗

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)