志茂田景樹の嫁は誰?息子の下田大気はタクシードライバー!画像。逮捕って?

直木賞作家でタレントの志茂田景樹さん。

志茂田景樹さんというとあの派手なヘアスタイルとファッションが有名ですが、

志茂田景樹さんが結婚した嫁、息子など家族や私生活について紹介します。

 

志茂田景樹の嫁は誰?

志茂田景樹さんと妻・光子(みつこ)さんの出会いは、当時2人が勤めていた保険会社時代。

2年の交際を経て2人は結婚

新婚当時は4畳半のアパート暮らし。

当時の志茂田景樹さんは保険のセールスの仕事をしながら小説家を目指していました。

結婚から3年後、長男が誕生。

スポンサーリンク

それから4年後には次男を授かりました。

1940年3月25日に静岡県伊東市で生まれた志茂田景樹さんは、中央大学法学部を卒業した後、弁護士事務所に就職しますが、作家になるまでにその後はセールス、探偵、保険調査員、塾講師、週刊誌記者など、20種類以上の職業についています。

保険調査員をされていたのは28歳前後だそうですが、1969年にお二人は結婚されています。

 

直木賞受賞と不倫発覚

1980年に直木賞を受賞しますが、一躍有名になり、大金を手に入れたその頃に不倫が発覚します。

「男の子にとって父親は絶対の存在ですから、子供の前で悪口は決して言いませんでした。

女性のことも知られてはいけないと思い、『お父さんは外でお仕事している』と言い続けました。

それでも子供は感じ取るものです。順洋の反抗期はすさまじくて、中学生のころ私と口論になったとき、『直木賞なんかいらない』と言った言葉を今も忘れられません」

強い母として、息子たちに心配かけまいと振る舞っている感じがします。

この頃は荒れた家族だったようです。

現在、夫の愛人問題に悩むことはなくなり家族が再生されたとはいっても、4人が「一つ屋根の下」で暮らしているわけではない。

東京近郊の志茂田さんの実家に暮らすのが光子さんと大気さん。

そこから5分ほどのマンションで単身生活をするのが、『YORIZO』名義でフリーカメラマンをしている順洋さん。

志茂田さんは事務所で週の大半を過ごし、週末に仕事や出張がなければ自宅に戻るという。

奇抜なファッションになったのもこの頃からのようです。

離婚しなかったのも奥様の光子さんが家族のためにしっかり家庭を守ったからと言われています。

夫婦関係で言うと、DVは別ですが、あまり派手な夫婦喧嘩はなくなりましたね。

夫婦は同じ方向を見つめ合うって昔からいうけど、そうじゃなくてもいいんですよ。

夫婦で全く違うことをやっていても上手くいく人たちも多いんだから、お互いが理解し合って認め合えればいいんです。

そういうものを築けないまま、3年以内に離婚してしまう夫婦が多くなっているのかもしれませんね。

奇妙な作家さんという印象の志茂田景樹さんを支えるには、奥様の光子さんのように家庭をしっかり守れる人でないとそのまま崩壊ということになっていたかもしれません。

 

息子の下田大気はタクシードライバー!

志茂田さんの二男の下田大気さん(36)が、芸能活動や実業家を経てタクシードライバーに転身したのが3年前の2010年。

スポンサーリンク

たちまち「カリスマドライバー」と呼ばれるようになり、初めての著書『タクシーほど気楽な商売はない!』(光文社)を出版し、現在はテレビにも引っ張りだこだ。

志茂田景樹さんと光子さんの間には2人の息子さんがいます。

長男・順洋さんと次男の大気さん

次男の大気さんは高校を卒業し、18歳の時に父の援助を受けて健康食品会社を設立していますが、その後倒産。

数々の事業に失敗し、ギャンブルに走ったりしますが、2009年9月に反省し、タクシードライバーとして成功します。

「まあ、うちの家族は空白の期間が長かったですからね。

今、こうやって両親が読み聞かせをして一緒に日本中を旅したり、僕がまたテレビに出ていること自体、不思議な気もします」(大気さん)

カリスマタクシードライバーとして、そして執筆活動を通して、メディアにも出演するようになります。

 

政界進出?

志茂田景樹氏(74)の次男で“カリスマタクシードライバー”の異名を持つタレント・下田大気氏(ひろき=38)が、政界を目指すことが明らかになった。

本紙の独占直撃に、春の統一地方選で、地元である東京・武蔵野市の市議選(4月19日告示、26日投開票)に立候補することを表明したもの。

「過去の黒いスキャンダル」「親の七光」の批判も上等――。

新人候補は“父子鷹”で市政に乗り込む決意を激白した。

1976年生まれの下田大気さん2015年に武蔵野市議選に出馬し、初当選を果たします。

現在もタクシードライバーをしながら市議として武蔵野市のために活躍しています。

 

長男はカメラマン

長男の下田順洋さん『YORIZO』という名のフリーカメラマンです。

太陽が好きで、主に太陽の写真を撮っています。

また次男の大気さんが2012年にタクシー乗務経験などをまとめた著書「タクシーほど気楽な商売はない!」を発刊した時には表紙や宣伝用の写真を担当しています。

 

逮捕って?

作家の志茂田景樹氏(74)が20日、過去に違法薬物で逮捕されたとする誤解が一部Twitterユーザーからあがったことを受け、「まだ薬で捕まったことはありません」と否定した。

志茂田氏はすぐに「あのォ僕まだ薬で捕まったことはありません」と否定。

根も葉もない噂を「何だか薬で捕まってみたくなったw」と一笑に付した。

2014年はASKAさんの薬物逮捕があった頃で、その流れで根も葉もない噂がツイッターで上がってしまったようです。

見た目が派手で過激だからでしょうか。

志茂田景樹さんの結婚した嫁、息子など家族について紹介しました。

なぜか死亡説が出たりもしましたが、現在もテレビに出演したり、人生相談に乗ったり、ファッションコメントしたりとマルチに活躍する志茂田景樹さん。

78歳の現在でも元気な姿ですし、本人も100歳まで生きると言っていますから、まだまだテレビ界で話題を巻き起こしそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)