宮崎吾朗は嫁と結婚して子供は息子がいる?才能ない?イケメンと話題に。

宮崎吾朗さんの奥さんや息子さんとは、一体どのような方なのでしょうか。

また宮崎さんの才能についてや、イケメンであるということも話題になっているようです。

そんな宮崎さんの、自身や家族についてまとめました!

宮崎吾郎さんについて

まずは宮崎吾朗さんについてです。

宮崎駿さんという偉大すぎる父を持つ宮崎吾朗さん。

宮崎吾朗さんは、あのジブリ作品で有名は、宮崎駿さんの息子さんです!

 

奥さんはどんな人?

宮崎さんは結婚しているようですが、奥さんはどのような方なのでしょうか。

監督として着実に成長している宮崎吾朗さんですが、現在結婚はされているのでしょうか。

スポンサードリンク

調べてみたところ、宮崎吾朗は結婚されていてお子さんもいらっしゃるようです。

奥さんは一般の方なのか、あまり情報はなく顔画像なども見つかりませんでした。

宮崎家は大物の集まりなので公表することで周囲が騒がしくなり普通の生活を送りにくくなることは明白です。

なので公表をしていなのでしょう。

どうやら、奥さんの詳細や顔写真は公開されていないようですね。

 

子供について

どうやら、息子さんがいるようです。

宮﨑五郎氏は結婚されていて、
2008年には息子さんが誕生されているそうです♪

息子さんについても、詳細はあまり公表されていないようですね。

やはり有名人となると、プライベートの公表は避けるのでしょうか。

 

宮崎吾郎さんの才能

偉大な監督である宮崎駿さんの息子さんであるということですが、宮崎吾朗さん自身の才能はどうなのでしょうか。

世間からは「映画監督」と言われる前に「宮崎駿の息子」と言われてしまう宮崎吾朗(みやざきごろう)さん。

そんな宮崎吾朗さんに宮崎駿さんの才能は受け継がれているのでしょうか。

また宮崎吾朗さんの作品はどのように評価されているのでしょうか。

やはり「宮崎駿の息子」としてみられてしまうようですね。

大学卒業後はランドスケープコンサルタントとして公園緑地や都市の緑化などの計画や設計の仕事をしていました。

宮崎吾朗さんがスタジオジブリに入社するきっかけとなったのが三鷹の森ジブリ美術館。

宮崎駿さんがジブリの美術館を作る際に鈴木敏夫さんが宮崎吾朗さんに声をかけたのです。

宮崎吾朗さんは三鷹の森ジブリ美術館の総合デザインだけでなく三鷹の森ジブリ美術館の運営会社である株式会社ムゼオ・ダルテ・ジブリの代表取締役にも就任しました。

宮崎さんも、スタジオジブリに入社しているようです。

それまでアニメーションの世界とは関わりの無かった宮崎吾朗さんですが、スタジオジブリに入社したことでアニメーションに触れる機会が自然と増えたのでしょう。

2006年公開の「ゲド戦記」で脚本・監督を務めることとなります。

アニメーションに関しては全くの素人である宮崎吾朗さんが脚本・監督を務めることにジブリの全スタッフはぜ宮崎駿の息子というだけで監督なんだと反発したそうです。

競争が厳しいことで知られるアニメーション業界なのでこの反発は当然と言えるでしょう。

ですが、ここで諦めないのが宮崎吾朗さんの凄いところ。

自ら絵コンテやレイアウトを書き自分の能力を証明することで周囲のスタッフを認めさせジブリに溶け込んでいったそうです。

宮崎吾朗さんが監督を務めることに関して実は宮崎駿さんも反対をしていたんだそうです。

頑固なことで知られる宮崎駿さんを説得するのは並大抵なことではありません。
宮崎吾朗さんは宮崎駿さんを納得させるために「竜とアレンが向き合っている絵」を書き見せました。

それを見た宮崎駿さんは唸って黙ってしまったといいます。

スタジオジブリのスタッフだけでなく宮崎駿さんまでも認めさせる宮崎吾朗さん。

間違いなく宮崎吾朗さんには宮崎駿さんの才能が受け継がれているようです。

自身の力で、スタッフやお父さんを認めさせるなんて、素晴らしいですよね!

スポンサードリンク

やはり宮崎さんにも才能は受け継がれているようです。

吾郎さんの才能ですが、絵の才能は皆さん認めているようです。

また、作詞の才能があると評価している人も多く、純文学的だと評価している人もいます。

エンターテイナーというより芸術家タイプなのかもしれませんね。

絵や作詞の才能が認められているようですね。

 

作品について

そんな才能が評価されている宮崎さんの作品には、どのようなものがあるのでしょうか。

宮崎吾朗さんが初監督を務めた「ゲド戦記」。

多くの映画評論家からは酷評され、複数の映画評論誌で2006年度の最低映画とさえ言われました。

評論家のみならず世間からの評価もいまひとつ。

100億円を当初の興行収入目標としていましたが、その後は90億円に下方修正したものの最終的な興行収入は76.9億円に終わりました。

通常のジブリ作品の地上波初放送であれば視聴率が20〜30%となりますが「ゲド戦記」の視聴率は16.4%。

これは翌週に放送された「となりのトトロ」よりも低視聴率。

このように「ゲド戦記」の評価は散々なものとなっています。

初監督と務めたのは「ゲド戦記」のようです。

原作のファンからはウケがわるいというのもあります。

ジブリ作品として毛色が違い、原作のファンからもウケが悪いということで、酷評されてしまったというのがあるようですね。

とはいえ面白いという声もあります。

評価はあまり良くなかったのかもしれません。

しかし、面白いと評価する声もあるようです。

人それぞれですよね。

確かに、評価はどうあれ、感じ方は人それぞれですね。

宮崎吾朗さんは「ゲド戦記」の5年後に「コクリコ坂から」で2作目の監督を務めました。

「コクリコ坂から」の興行収入は44.6億円といまひとつでテレビ放送での視聴率も13.6%に終わっています。

ですが、「コクリコ坂から」は日本アカデミー賞で最優秀アニメーション作品賞を受賞しています。

世間からの評価はそれほど高くはありませんが、専門家からは評価された作品と言えるでしょう。

2作目は「コクリコ坂から」のようです。

受賞作ということで、こちらは主に専門家から高く評価されたようですね。

宮崎吾朗さんは「コクリコ坂から」以降、映画作品で監督はされていませんがテレビアニメ「山賊のむすめローニャ」で監督を務めています。

「山賊のむすめローニャ」は国際エミー賞の子どもアニメーション部門で最優秀賞を受賞するなど国際的に高く評価をされました。

こちらの「山賊のむすめローニャ」も、国際的に高く評価されたようです。

こちらは映画ではなくテレビアニメなのですね。

宮崎吾朗さんは着実に高く評価される作品を作っていっているようです。

いずれ父である宮崎駿さんを越える日が来るかもしれません。

いずれも高く評価された作品なので、今後の作品も楽しみですよね!

 

イケメンであると話題に!?

ところで、宮崎さんがイケメンであると話題になっているようです。

宮崎吾朗さんですが、お父さんよりもかなりのイケメンです。

かなりのイケメンということですが、こちらの画像。

落ち着いた雰囲気ですね!

本当にイケメンですね。

本当にイケメンのようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)