丹波義隆の嫁は誰?子供は息子がいるの?現在どうしてる?

こちらでは東京都杉並区出身の俳優、丹波義隆さんの結婚事情についてご紹介します。

丹波義隆の嫁は誰?

彼の奧さんは『おれは男だ!完結篇』でデビューした田中久美さんです。

演技の基礎を勉強するために丹波道場に入ったことから付き合いがスタートしたということです。

結婚してからは丹波哲郎さんのマネジャーもやっていたとのこと。

丹波義隆さんの私生活について調べてみたところ、女優として活動していた田中久美さんと結婚していたことがわかりました!

久美さんが丹波道場に入ったことをきっかけに交際→結婚に発展したそう。

テレビ・映画・舞台・CMに多数出演。

スポンサードリンク

主な出演作品は、テレビ朝日『大人によくないテレビ』、映画『母』、舞台『かもめ』、CM『明星』ほか、朗読にも挑戦し、活躍の場を広げる。

代表作品1 テレビ朝日『大人によくないテレビ』
代表作品2 映画『母』
代表作品3 舞台『かもめ』

好きなスポーツ バトントワリング/乗馬/ボウリング
趣味・特技 日本舞踊/ピアノ

田中久美さんは現役時代は映画、舞台など数多くの作品に出演してきました。

また乗馬や日本舞踊が好きということで(どちらもそれなりにお金がかかる趣味なので◎)恐らく、実家がお金持ちのお嬢様なのではないか?と予想しています^^

ちなみに、ホリプロ出身のタレントさんにも田中久美さんがいらっしゃいますが、丹波義隆さんの奥さんとは全く別の女性です◎

結婚30周年で私にとって聖地である川奈ホテルに二人で来ています。

・・・う〜〜〜ん、30年かぁ〜。

色々あったようで、あっと言う間のようで、まぁこれからも仲良くやっていければ幸せです。

子供たち3人も合わせて家族5人!
今後とも宜しくお願いします!!

丹波義隆さん夫妻は結婚30年目を迎えた今もとっても仲良しで、静岡の川奈ホテルで記念日をお祝いしたそうです。

最近は昔に比べると簡単に離婚する夫婦が多いなか、30年も一緒に生活を続けるって本当に凄いことですよね。

おじいちゃんおばあちゃんになっても一生涯仲良し夫婦として幸せに過ごして欲しいものです!

 

丹波義隆に子供は息子がいる?

丹波さんと久美さんの間には1男2女の子どもたちがいるとのこと!

画像は残念ながらネット上に回っていませんが、過去には旅番組などで共演しているので、もしかすると子供さんの顔を見たことがある♪という方もいらっしゃるかもしれません。

スポンサードリンク

24日に肺炎のため84歳で死去した俳優丹波哲郎さんの通夜が29日、東京・港区の青山葬儀所で営まれ、600人が献花した。

通夜の後、長男で俳優丹波義隆(51)が家族そろって会見。

義隆の長男で高校3年生の大士さん(17)が「これからも誇りに思える偉大な祖父。

祖父と父と同じように俳優になりたい 祖父を目標にしたい」と将来の夢を口にした。

また、義隆さんの長男は丹波哲郎さんの通夜の時に報道陣の前で俳優になりたい!とまさかの堂々宣言。

突然の宣言に義隆は「今、初めて聞いた。

僕が俳優になりたいと言ったときのおやじの気持ちが分かります。

おやじと子供はどこか、ライバルなんですが、父は孫の思いを喜ぶと思います」と感激した。

息子さんが俳優になりたいと話したことは直接なかったため義隆さんは余計にもびっくりしてしまったそうw

実際に現在、大士さんが俳優として活動しているかどうかリサーチしてみましたがまだ俳優としての活動経歴はないみたいです。

有言実行とはいかなくても、お通夜で「俳優になりたい」と言ってくれた言葉自体がおじいちゃんの丹波哲郎さんにとって何よりものプレゼントだったのではないでしょうか?

優しいお孫さんを持って哲郎さんは最期の時まで大変幸せだったことでしょう。

背番号 氏名 : #17 丹波 大士
生年月日 : 1989.1.22
身長/体重 : 175cm / 61kg
所属チーム歴 : 立教大学MANEUVERS
好きな芸能人 : 堂真理子

また、長男の大士さんはバスケットボールとアメリカンフットボールを組み合わせた新感覚スポーツ、「アルティメット」の社会人チームに以前所属していた可能性が高そうです。

(※これ以外詳しい情報が記載されていませんでしたが、年齢的にも全く同じなので丹波義隆さんの息子さんと同一人物かと思われます!)

男同士:久しぶりに息子と二人でお茶しています!

もう親子と言うより、男同士って感じ・・・ 何か良い o(^_-)O

息子さんと義隆さんは普段からとっても仲良しでカフェに足を運ぶことも◎

どんなボーイズトークを繰り広げているのでしょうか♪

なんだか微笑ましいですね^^

 

丹波義隆は現在どうしてる?

丹波義隆さんは今は丹波道場の道場主でもあり、介護などに関する自分の体験に基づく講師なども行っているとのことです。

あまりテレビで見かける機会が少ない丹波義経さんですが、現在は道場主兼セミナーの講師として活躍しています。

ハンディキャップを持っていた母と過ごした40数年を振り返り、その経験を話します。

差別と偏見をなくして、気さくで明るい福祉社会を築くことが私の望みです。

経験者だからこそ説得力がある素晴らしい講演内容かと思われます。

現在家族の介護・ハンディキャップについて悩みを抱えている方は是非義経さんのセミナーへ足を運んで欲しいものですね^^

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)