木原みのるの嫁は木原由紀子。子供はいるの?怪我の原因は?

自民党の政治大学で政治などを学び、満を持して政界にデビューし、その後、着実にキャリアを上げている木原みのる(稔)さん。

自らの信念を通すためにはいかなる紛争もいとわないタカ派ともいわれる木原みのるさんのお嫁さんはどのような方なのでしょうか?

木原みのるさんの経歴を追いながら調べていこうと思います。

お嫁さんは、誰もが憧れる職業についていたらしいですよ。

 

木原みのるについて

木原みのるさんは1969年、熊本県生まれ。

芸人のくりーむしちゅーのふたりが通っていた、熊本県内でもっとも古くからある高校を卒業し、早稲田大学に進学します。

早稲田大学では、政治とはあまり関係のない教育学部で国文学を学んでいたそうなので、ひょっとしたら、政治家ではなく教師になりたかったのかもしれませんね。

早稲田大学を卒業した後は赤い鶴のマークが有名な航空会社に勤めます。

スポンサードリンク

10年ほど勤め上げたのちに退社、政治家を目指すべく、自民党のかながわ政治大学校で政治学などを学んだそうです。

 

政治家

木原みのるさんが選挙に初出馬したのは2005年の衆議院選挙。

木原みのるさんの選挙区には、祖父の代から90年以上国会の議席を守り続けていた現職の松野頼久さんがいます。

木原みのるさんの選挙戦は、常に松野頼久さんとの戦いです。

2005年の初出馬では、選挙区で松野頼久さんに敗れはしたものの、比例区で復活当選し、初当選を果たします。

次の2009年の衆議院選挙では、選挙区でも敗れ、比例区での復活もできず落選してしまいます。

雪辱を期した2012年の衆議院選挙では、松野頼久さんを破り、選挙区で当選します。

さらに、2014年、2017年といずれも選挙区で松野頼久さんを破って当選しています。

一方、松野頼久さんは、2012年、2014年は比例区で復活当選したのですが、2017年の衆議院選挙では比例区での復活当選も果たせず、100年近くにわたり、3代続けて獲得してきた松野家の議席を失うことになってしまったのです。

選挙時に所属していた小池百合子さんの「希望の党」がそれほど力を発揮せず、敗れるべくして敗れた印象が強いです。

議席を失ってしまったことは残念ですが、国を良くするという情熱があれば、また国会の表舞台に立つことができるでしょう。

松野頼久さんの今後に期待したいですね。

 

政治活動

厳しい選挙区においても、しっかりと勝利を収めている木原みのるさん。

徐々に政府や党の要職に就くようになっていきます。

2013年に防衛大臣政務官として抜擢され、翌2014年には自民党の青年局長に就任します。

自民党青年局は、45歳以下の自民党員で構成される機関で、国会議員をはじめ、地方議員、学生、サラリーマンでも所属できるそうです。

ただ、慣例として衆議院議員は当選3回以下、参議院議員は当選2回以下が参加資格とされているようです。

スポンサードリンク

地方にも青年局はあるのですが、自民党本部の青年局長は「若手政治家の登竜門」とも言われていて、安倍晋三さんや麻生太郎さんといった議員が党の総裁、内閣総理大臣となっています。

木原みのるさんも、青年局長を務めましたので、将来が約束されたといっても過言ではないのかもしれませんでした。

ですが、木原みのるさんが青年局長を務めていた2015年にある事件が起こります。

自民党若手議員の勉強会「文化芸術懇話会」で、作家の百田尚樹さんが質疑応答の中で「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない」と発言した事が問題になったのです。

憲法できちんと保証されているのに、与党の勉強会で「言論の自由」を阻害する発言がされたことが大きく問題となったそうです。

衆議院の平和安全法制特別委員会でも、民主党の議員が「由々しき発言だ。党総裁として処分すべき」として出席者の処分を求めるという一幕もありました。

これにより、木原みのるさんは青年局長を更迭され、1年間党内の役職に就くことを停止させられてしまいました。

党幹事長の裁量で3か月に短縮されましたが、党総裁、総理大臣を目指す身としては手痛い結果となったようです。

2018年現在は、停止期間も過ぎ、2016年より就任している財務副大臣の仕事をきっちり成し遂げているそうです。

一度出世レースから外れたように見えましたが、現在はしっかりレールに戻ってきているみたいですね。

あと10年もしたら、「木原みのる自民党総裁」が誕生するかもしれませんよ。

 

けが

高校時代はハンドボール部の主将を務め、空手が特技だという、運動神経抜群そうな木原みのるさんですが、大けがをしたという噂が出ています。

ですが、いろいろ調べてみても、木原みのるさんがけがをしたというニュースが出てきませんでした。

・・・と思ったら、同じ「木原みのる」さんでけがをした方がいました。

日本テレビ系列の報道番組でお天気キャスターをやっている、気象予報士の木原実さんでした。

2017年に頸椎損傷の大けがをして、手術を受けたそうです。

2018年3月には無事番組にも復帰しています。

 

木原みのるの嫁

木原みのるさんのお嫁さんは、岐阜県出身で早稲田大学卒の由紀子さんです。

1994年に日本航空に就職し、2005年に退職するまで、国際線の客室乗務員(キャビンアテンダント)として世界の空を飛び回っていたそうです。

木原由紀子さんの経歴から察するに、木原みのるさんとは職場結婚だったのではないかと思われます。

木原みのるさんとともに地元熊本のパーティーに列席したり、旦那さんの木原みのるさんが政治活動で地元に不在の時はイベントなどに代わりに出席して祝辞を述べたりしているそうです。

2018年現在、お子さんはいないようです。

出産が難しい年齢になってきているので、ひょっとしたら、子供は作らず、夫婦ラブラブで生活していくことを決めたのかもしれませんね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)