内山安二の嫁は輝子で画像は?息子がいるの?代表作は?

漫画家の内山安二さんのお嫁さんについて、画像も合わせてご紹介します!

内山安二さんの息子さんについても言及。

そして、内山安二さんの代表作を発表します!

 

内山安二の家族

2002年9月2日、惜しまれつつ亡くなった漫画家の内山安二さん。

死因は大腸癌で、67歳でした。

そんな内山安二さんと漫画道を歩んだ家族について取り上げます。

 

嫁について

内山安二さんのお嫁さんについては、情報が公開されていないので、どんな方なのか分かりませんでした。

スポンサードリンク

そもそも内山安二さんは結婚していたのか?

と原点に戻ってみましたが、調べていくと息子さんがいることが分かりましたので、確かに結婚はしていたようです。

更に調べると、お嫁さんの名前は「輝子」さんということが分かりました。

漫画家さんは普通のサラリーマンとは真逆の生活だったでしょうから、お嫁さんも慣れるまでは大変だったと思います。

勝手な思い込みですが、漫画家というと家に籠って締め切りに追われながら、黙々と漫画を描いているイメージです。

ですから、お嫁さんも子育てのストレスや、家事の愚痴などもこぼせず、鬱々とした日々を送っているのでは?

なんて思ったりするのですが、夫の才能を信じて共に歩んできたという自信が持てたり、売れっ子漫画家ともなれば多少の贅沢も出来るなどいいこともたくさんあったでしょうね。

 

嫁の画像

そもそも内山安二さんの画像もあまり出回っていないのに、お嫁さんの画像など入手出来ないことが根底にあります。

その通り、お嫁さんの画像は収集出来ませんでした。

スポンサードリンク

 

息子について

内山安二さんには内山大助さんという息子さんがいらっしゃいます。

内山安二さん亡き後、息子の大助さんがお父様のほとんどのお仕事を引き継いでいます。

漫画に関しても引き継いでいて、それはお父様の内山安二さんと酷似していて、シンプルで子供にも大人にも親しみやすい画風と評判です。

漫画家の息子さんが跡を継ぐって珍しくないですか?

しかも漫画の続きをそのまま引き継ぐなんて、よっぽどDNAが似ていないと同じようには描けないと思うのですが、やはり血は争えないのですね。

お父様のように愛される漫画を大助さんにはこの先ずっと描いてもらいたいです。

 

内山安二の代表作

それではここで、内山安二さんの代表作をご紹介します。

まずはこちらをご紹介しないわけにはいきません。

「コロ助の科学質問箱」です。

主人公のコロ助と猫のニャーゴが、世の中の科学に関する様々な疑問を解決すべく奔走するという作品。

この漫画に影響を受けた方も多いようです。

現在、学研の科学にて『まんがサイエンス』を手掛けているあさりよしとおは内山安二、とりわけこの作品の魅力に取り憑かれて、ただの悪ガキから漫画家を目指すようになったと本人が語っている。

漫画って人の人生を変える力も持っているんですね。

次にご紹介したい作品は「できる・できないのひみつ」という漫画。

さまざまな科学技術や自然現象の課題に際して可能と主張する少年やっ太に対して、何かにつけて不可能だと反論する「ヘンな外人」デキッコナイスが討論を重ねながら結論を導き出す内容。

この作品で探検家や発明家のエピソードを分かりやすく知識として吸収できると言われています。

内山安二さんは主に子供向けに分かりやすく科学や歴史を伝える伝道師のような存在だったようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)