大島やすいちの嫁は川島れいこ。娘の大島永遠も漫画家で結婚してるの?

漫画家の大島やすいちさんと嫁の川島れいこさんについて注目します!

娘の大島永遠さんについても深掘りしていきます!

 

大島やすいちの嫁は川島れいこ

大島やすいちさんは「おやこ刑事」や「バツ&テリー」などの作品を描いたベテラン漫画家。

大島やすいちさんのお嫁さんも同じく漫画家の川島れいこさんです。

川島れいこさんは割と成人向けの漫画が多いのに対して、大島やすいちさんは熱い漫画や時代劇を描く傾向にあります。

大島やすいちさんの漫画と川島れいこさんの漫画があまりにも違い過ぎて、その対比バランスが逆に夫婦としてバランスが取れているのかな?と思ったりします。

漫画家同士の結婚って多い印象がありますが、やはり職場恋愛的な感じなのでしょうか?

インドアというイメージですから、出会いの場も限られていると思いますが、その中でも同業者を選ぶのは才能同士が呼び合うのでしょうか。

スポンサードリンク

 

大島やすいちの娘・大島永遠

大島やすいちさんと川島れいこさんの長女である大島永遠さんも漫画家として活躍しています。

親の七光りで仕事を貰うことを嫌い、デビュー後も長らく家族、特に父が大島やすいちであることを編集者などに秘密にしていた。

やはり実力で勝負したいですよね。

それでも、漫画の世界はシビアですから、例え親の七光りと分かっていても、内容が面白くなければ支持されない世界です。

 

まんがかぞく

スポンサードリンク

大島永遠さんが発表したノンフィクション・エッセイ「まんがかぞく」が話題となっています。

大島永遠さんのお父様・大島やすいちさん、お母様・川島れいこさん、妹・三島弥生さんと家族全員漫画家であるという特異な環境で育った大島永遠さんが、聞き手・語り手になり家族のエピソードを披露しているエッセイとなっています。

大島永遠さんにとっては初めてのジャンルです。

作者自身これまではコメディ・ギャグを中心に描いていたこともあって、多少コメディ色も残しているものの、基本的にはシリアスな展開になっている。

家族に内密にして進めていた経緯(後述)があるため、作者の主観で描かれている。

作中では家族が連載していた作品のカットが使われている。

これだけでも興味が沸いてきますよね。

漫画家は私生活を隠す傾向にありますから、私生活がのぞき見しているような気分になります。

しかも、両親の馴れ初めが詳しく書いてあるそうですから、大島やすいちさんと川島れいこさんファンの方には必見だと思います。

 

結婚について

大島永遠さんの結婚については今の段階ではされているのか、されていないのか分かりませんでした。

大島永遠さんも39歳ですから、結婚されていてもおかしくないですが、もしされていたとしても旦那さんのことは完全シャットアウトしている様子です。

もしかしたら結婚されていないのかもしれませんが、大島永遠さんのことを調べていくと気になることがありました。

それは、相方という存在。

2006年から相方の大島智(旧名:二階堂みつき)に作画をサポートしてもらっているとあるのです。

これは仕事上の相方ということで合っているのでしょうか?

それにしても苗字が同じなので婿養子にでも入ったのか?などと勘ぐってしまいます。

大島永遠さんが幸せならそれでいいのですが。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)