大井昌和の嫁の大月悠祐子も漫画家?子供はいるの?

漫画家の大井昌和さんと同じ漫画家で嫁の大月悠祐子さんについてリサーチ!

子供についても言及します!

 

大井昌和の嫁は大月悠祐子

漫画「おくさん」「ちぃちゃんのおしながき」などで知られる漫画家の大井昌和さんは、同じく漫画家の大月悠祐子さんと2004年に結婚しました。

大月悠祐子さんのお父様も漫画家の「吉沢やすみ」さん。

吉沢やすみさんはあの「ど根性ガエル」の作者。

そこで、娘の大月悠祐子さんは「ど根性ガエルの娘」という漫画を描いたのです。

その内容がちょと興味深いのです。

スポンサードリンク

父の吉沢やすみさんは「ど根性ガエル」の連載終了後、極度のスランプに陥ったそうです。

仕事を放棄し、ギャンブルにのめり込む父によって、家族は崩壊したそうです。

しかし献身な妻の文子さんだけでは夫を信じて、妻の支えを得てすこしずつ、一歩ずつ、どん底から再生していく家族の姿を、実の娘大月悠祐子さんが描いた。

そういった辛い経験も漫画にすると、面白おかしくなってしまうのですから、漫画って本当に必要なものだと思います。

漫画家一族の仲間入りをした大井昌和さんも、お義父さんとお嫁さんからいい刺激をもらっているかもしれませんね。

 

大月悠祐子のプロフィール

スポンサードリンク

大井昌和さんのプロフィールをまずご紹介したかったのですが、情報がほとんどありませんでした。

代わりと言っては何ですが、お嫁さんの大月悠祐子さんにスポットを当ててみます。

大月悠祐子さんはお父様の影響もあり、8歳くらいから将来は漫画家になろうと思っていたそうです。

父親の仕事部屋にマンガがとにかくいっぱいあったので、小学校の高学年くらいのときには「人を感動させるマンガを描けるようになりたい」とハッキリ考えていたそうです。

自分はマンガが好きで、好きってことはそれだけでもう才能があると思っていたそうです。

環境とかDNAってやっぱりすごいんですね。

お父様の一番のどん底の姿を見ていても、漫画家の道を選ぶ当たりやはり生まれながらの漫画家気質なのだと思います。

大月悠祐子さんはデビューは「かなん」さんでしたが、2009年に「大槻悠祐子」として活動し始めました。

 

子供はいるの?

大井昌和さんと大月悠祐子さんの間に子供がいるのかについては、今の段階では分かりませんでした。

もしかして子供に恵まれているけれど一般人ですから、親として公表しないことで守っている可能性もあります。

ただ、大月悠祐子さんは幼い頃に、父親からはDVを、母親からは精神的虐待を受けて育った過去がありますので、子供を作ることに躊躇いがあってもおかしくありません。

幼い頃DVを受けて育った人は、自分の子供にも同じことをすると言われています。

その傷はやはり根深いものだと思いますので、一人の人間を育て上げる責任を考えると子供を作らないという選択もアリだと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)