小川敏夫の嫁は市毛良枝。息子や家族構成について。帰化したの?

小川敏夫の嫁は市毛良枝で、その息子や家族構成についてまとめてみました。また帰化の真相も調べました。

 

小川敏夫の嫁は市毛良枝

市毛良枝の心を射止めたのは、小川敏夫でした。

小川敏夫は、その当時は検事を務めていて、後に参議院議員に選出されることになる人物です。

「お嫁さんにしたい女優No.1」市毛良枝の結婚報道には、当時の男性が世を嘆いてしまうほどのインパクトがありました。

しかし、ほどなくして市毛良枝と小川敏夫は離婚してしまいます。

当時はかなりショッキングというか、びっくりした話だったと思います。

結婚したい女優のno、1だったからです。

世の男性がうらやむ女優を手に入れたのですから、本当に小川敏夫さんは幸せだったと思います。

スポンサーリンク

しかし、長続きはしませんでした。

ではどうして離婚に至ったのでしょうか。

この点について詳しく述べたいと思います。

 

なぜ離婚をしたのか?

市毛良枝は、離婚理由を正式に発表していませんが、ファンやメディアの間では、小川敏夫のDVが原因なのではいか?と言われています。

しかし、小川敏夫サイドは、「事実ではない」として、報道をした週刊誌を訴えているので、真相は明かではありません。

当時はそのDV疑惑のため、市毛良枝を芸能記者が昼夜を問わず取り囲み、質問攻めとなった上、世間からも大バッシングを受けました。

今まで「お嫁さんにしたい女優No.1」として絶賛していた報道陣たちが、一変してたたき始める事態に、市毛良枝は相当傷ついたようです。

DVはだめですね。

これが本当ならばかなりやばかったと思います。

しかし後に彼は裁判で勝訴しています。

しかし、これに対して市毛良枝さんはかなり傷ついたといえます。

離婚はかなり精神的にも負担となります。

どんな理由であれ、ずっと報道陣に付きまとわれるとたまりませんね。

それでは次に家族関係とお子さん、特に息子さんのことについてみていきます。

 

息子や家族構成はどうか?

お2人の間には息子どころかお子さんもいませんでした。

これは意外でした。

だからdvにあっていたのではと疑われたのかもしれません。

しかし、今考えるとお子さんがいなくて良かったと思います。

しかし、どういうわけか、お子さんの話題が出てきました。

おかしな話ですね。

この点を詳しく見ていきます。

 

なぜ息子の事が?

スポンサーリンク

「46歳で子どもが生まれ、子どもの世代のために何を残すか、よい社会を残すのが親世代の務めであると感じました。」

と書かれていましたから、21歳ぐらいのお子さんはいらっしゃるようです。

次の嫁とのお子さんだったんですね。

お子さんがいなかったはずなのにと思っていましたが、どうやら次の人とのお子さんだったようです。

ご子息がいるというのは政治家としては良かったのではないでしょうか。

お子さんは正解に進出するかはわかりません。

しかし、父親の跡を継いでやってくれるかもしれませんね。

市毛さんのお子さんだったら話題性が合って面白かったかもしれません。

 

犯罪をしたのは本当か?

民進・小川参院議員の息子逮捕「わいせつ目的で暴行」:メデイアは立憲、民進関連の性犯罪容疑を連日のように報道するが、準 … 一瞬、小川敏夫民進党参議院議員会長の家族かと勘違いしそうになったが、小川勝也参院幹事長の方か。

びっくりしますよね。

小川という名前は同じでも違う人でした。

国会議員ですし、紛らわしいですけど、これは仕方が無いですね。

もっといい報道で間違われるならいいですけど、迷惑極まりないですね。

 

帰化したのは本当か?

小川敏夫 「カジノは賭博中の賭博!競馬や競輪より … 当時法務大臣の小川敏夫が国会内で競馬をやってた事を指摘される↓ 自分の … 誰かと思ったら帰化して裁判官やってた人じゃん♡

この人自身の帰化ではなかったんですね。

紛らわしいことを常日頃からしているからなのでしょうか。

帰化していないというのは間違いないようです。

ですので、小川さんは間違い無く日本人です。

それでも、やはり発言には気をつけてもらいたいものですね。

 

この発言がきっかけか?

民主党参議院議員 小川敏夫「一緒にね、生活して、一緒に地域をつくって、そして、えー、納税という義務も果たしているわけですから、ですから、その、地域の在り方について、積極的に参加していただきたいと」

韓国びいきなことを下からバッシングされたといっても過言ではありません。

別に勧告がいいとか、悪いとか言っているのでは有りません。

日本人なら日本びいきでないと、国民から非難を浴びるのは当然です。

身から出たさびといったほうがいいのかもしれませんね。

さて、いろいろと述べてきました。

すてきな女さんと結婚されて、だれもがうらやましがられていたのに、残念です。

夫婦のことはその二人しかわかりません。

周りがとやかく言う必要はありません。

しかし、その後のことを考えると、別れてよかったかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)