中川雅治の嫁&息子まとめ。韓国の噂や自宅について。

今回は自民党所属の参議院議員・中川雅治さんについて調べてみました。

 

中川雅治について

中川雅治さんは、東京大学卒業後の1969年に大蔵省(現財務省)に入省し、税務署長や国税局長、理財局長等を経て、2001年から2003年まで環境省にて環境省総合環境政策局長を務められました。

57歳の時に第20回参議院議員通常選挙に出馬しトップ当選、以降も政治家として活躍をし続け現在3期目を務めています。

2017年からは環境大臣、内閣府特命担当大臣(原子力防災担当)に就任されています。

 

エピソード

中川雅治さんについて調べていると、このようなエピソードがありました。

1977年3月18日、出張で乗り合わせた千歳発仙台行きの全日空機でハイジャックに遭遇(全日空724便ハイジャック事件)。

ほかの乗客3名と共に犯人を取り押さえ、警察庁長官、運輸大臣などから表彰された。

なんとハイジャックに遭遇し、犯人を捕らえるということを経験されていました!

スポンサーリンク

なかなか勇気がないと出来ない事ですよね、あっぱれです。

また、祖父や父が医者だったことから、子供の頃の夢は医者だったそうです。

父の医者としての仕事とか、祖父の衛生学者としての文章や記録を見ていて、世の中のために貢献したいという気持ちが強く、医者にならないとしても、世の中のためになる仕事がしたい!と思っていた。

だそうです。

そうして政治家を志すようになっていったのですね。

 

評判について

さて、気になる評判についてですが意見が真っ二つに分かれる方のようです。

ある意見では

正義感の強い人物です。

実際に一度話を聞いた時、「この人は近い将来、必ず大臣になる」と確信しました。

この人になら今の困難な日本の政治も任せられると思います。

少し大袈裟かもしれませんが、遠い将来、いつか総理大臣になっても決して不思議ではない人です。

と絶賛されている一方で

炎上するきっかけとなった「昔いじめをしていた」発言は、そのいじめの内容を見る限り人間性に問題があるのではないかと感じた。

このような人に政治を任せる気にはならない。

こういう人が議員として当選できてしまうところが国民の政治離れを如実に表しているのではないか。

と、2015年の発言に不信感を抱く方も少なくないようです。

 

昔いじめをしていた?

上記にある「いじめをしていた」発言については以下のとおりです。

2010年頃から自身のサイト内で掲載していた義家弘介衆議院議員、橋本聖子参議院議員(ともに自民)との対談記事「教育鼎談」というコンテンツ内にて、「中学時代は男子校で、クラスの悪ガキを中心に皆いつもふざけていて、小さくて可愛い同級生を全部脱がして、着ていた服を教室の窓から投げるようなことをよくやっていました」と書いていたことが、2015年になっていじめであるという批判を招いた。

毎日新聞の取材に対して「自分はやっていない、そういうことがあったのを見たということ。

あっけらかんとしたもので、いじめとは思っていなかった」と説明している。

という経緯のようですが、見て見ぬふりをするのもいじめだとも言われますし何とも言えないですね。

ハイジャックの勇気がこの頃にあればまた違った話になっていたかもしれませんね。

また、その当時の選挙ポスターには、「今も大切、こどもたちの未来も大切」と書いてあったそうで、そちらとも相まって非難が殺到したようです。

スポンサーリンク

 

中川雅治の嫁について

中川雅治さんの奥様は、元参議院議長の原文兵衛さんの次女だということが分かりました。

お名前は美穂さんというそうです。

原文兵衛さんは警視総監に就任されていた際、当時は戦後最大の事件と言われた「吉展ちゃん誘拐殺人事件」や戦後日本の犯罪史に名を残す未解決事件「草加次郎事件」で陣頭指揮をとられたほどの方です。

元参議院議長が義父というところから、もしかしたらお見合い結婚だったのかもしれませんね!

 

息子について

中川雅治さんには、息子さんが2人いらっしゃるそうでした。

長男:俊輔(会社員) 妻:琴美 孫:2人

次男:勲平(銀行員) 妻:理沙子 孫:1人

と公式プロフィールに記載がありました。

お二人ともご結婚されてて、お孫さんも3人いらっしゃるようですね。

それにしてもお子さんだけではなく、お嫁さんのお名前も明らかにされているということは、今後息子さん達も政治家になる可能性があるということでしょうか…?

なんにせよ、にぎやかで幸せそうですね!!

 

韓国の噂について

中川雅治さんが韓国人なのでは?との噂がありましたが、これは間違いです。

ですが、民進党に「中川正春さん」という方がおられ、その方の国会での発言から読みが同姓同名の中川雅治さんだと勘違いされたようですね。

ちなみに、民進党・中川正春さんが批判されるようになった一連の流れは

2017年4月7日の衆議院外務委員会で、民進党の中川正春議員が慰安婦像問題を巡る日韓関係のこじれについて韓国国民をどう納得させるのか日本が配慮すべきだとして岸田外相に反省を迫る場面がありました。

民進・中川正春議員「韓国国民の納得が重要だ」中川議員は質疑の冒頭から「まず韓国」と重視している姿勢を見せると長嶺大使帰任の話題を取り上げ、「落胆を持って見ている」と岸田外相を牽制すると共に帰任したにも関わらず韓国首脳と会えないとされる報道への見解を求めていました。

日本国民の納得より先に韓国の国民を納得させるのが重要だと主張し、一部から「韓国を庇うなんて韓国人なのでは?」との声が上がったようですね。

まあネット民はわりと事あるごとに在日扱いをするので、本当かどうかはあまり気にしなくてよさそうです。

 

自宅について

中川雅治さんの自宅が結構検索されているみたいですが、どこにお住まいなのか等の情報はありませんでした。

父親が医者なことや、中川雅治さん自身も超エリートコースを歩んできたことを考えると、豪邸に住んでいてもおかしくはないですね。

人間性が問題視されつつも、政策の方向性や実務能力には長けていると評価されている中川雅治さんですが、次回の選挙ではどのような結果になるのでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)