ルー大柴の嫁は誰?息子は信用金庫の銀行員なの?結婚してる?画像は?

お笑いタレントであり俳優でもあるルー大柴さんのお嫁さんについて取り上げます。

また、息子さんが信用金庫に勤める銀行員という噂があります。

息子さんの画像をご紹介するとともに、結婚しているのかについても注目!

 

ルー大柴の嫁

ちょいちょい英語を挟んで話し、周りから「ルー語」をウザがられていたルー大柴さん。

そんなルー大柴さんのお嫁さんはどんな方なのでしょうか?

ルー大柴さんは1981年6月26日に結婚されています。

ルー大柴さんが売れない役者だった頃から支えてきたお嫁さんです。

お嫁さんについての情報はほとんど公になっていません。

スポンサーリンク

ただ、あの濃くてくどいルー大柴さんと人生を共にした時点で、ルー大柴さんの一番の理解者であり、一番のファンなのかな?と思います。

ルー大柴さんがブレイクしても決して表に出てこなかったあたり、よくできたお嫁さんです。

 

ルー大柴の子供

ルー大柴さんには2人の子供がいらっしゃいます。

長男が大柴泰雅(たいが)さん、次男が大柴翔(つばさ)さんです。

 

長男・泰雅

長男の泰雅さんは現在29歳で、職業は川崎市内の信用金庫勤務だそうです。

ルー大柴さんからは想像できないくらい、お堅い職業に就かれていますね。

ルー大柴さんも自慢の息子なのではないでしょうか。

どこの信用金庫かまでは分かりませんでしたが、分からなくて当然です。

息子さんは芸能人ではありませんから。

 

結婚してる?

泰雅さんは既に結婚されていて、2017年には子供が生まれています。

ルー大柴さんもおじいちゃんというわけですね。

泰雅さんも一般人ですので、お嫁さんやお子さんについての情報はありません。

 

次男・翔

次男の翔さんも、偶然なのか信用金庫に勤める銀行員です。

もしかしたらお兄さんの姿を見て、同じ道に進もうと思ったのかもしれません。

お兄さんと同じ信用金庫ではありませんが、兄弟で同じ職業に就くのは珍しいですよね。

翔さんは25歳前後だと言われていますが、結婚したてか、これから結婚する予定であることが分かっています。

何でもルー大柴さんに婚姻届の証人を頼んでいるそうです。

スポンサーリンク

 

息子の画像

それでは、ルー大柴さんの息子さん方の画像を公開します。

ルー大柴さんに似なかったのか、お二人とも爽やかな好青年という感じですね。

この写真はルー大柴さんの62歳の誕生日に芋焼酎をプレゼントした時の写真だそうです。

ルー大柴さんも家ではただのいいお父さんなのですね。

 

ルー大柴の現在

ルー大柴さんを見なくなって久しいですが、ルー大柴さんは今何をなさっているのでしょう。

その前に、一時あれだけテレビに出ていたルー大柴さんが、ぴたりと出なくなったのには訳があったのでしょうか?

 

干された理由

ルー大柴さんは以前は、小堺一幾さん、関根勤さんが所属している浅井企画に所属していました。

2007年、ルー大柴さんは「藪からスティック」「休みもホリデーホリデー言え」などのルー語が受けて大ブレイクを果たします。

ブレイクの裏には新しく変わったマネージャーの存在が大きかったのです。

マネージャーが代わった途端に再ブレイクしたルーからしてみれば、当然の道理だったかもしれない。

しかし、事務所関係者からは『再ブレイクした途端、天狗になって出て行った』と受け取られてしまい、この“独立事件”による両者の溝は埋まらなかった。

その後、ルー大柴のメディア露出は激減し、最近ではテレビで見掛ける機会はほとんどなく、ブログのコメント数も数えるほどになってしまっている。

一気に売れっ子になり、調子に乗ってしまうのはよくある話し。

ですが、自分ひとりで売れたと過失してしまう人が多いのです。

現実、ルー大柴さんも事務所を独立してからぱったりメディア出演が減ってしまいました。

 

お茶お師範代になっていた!

芸能界から姿を消したルー大柴さんですが、お茶の世界へ入門したそうです。

流派は『遠州流茶道師範』のようです。

そして現在『準師範』として活躍しているそうです。

師範名は『大柴宗徹』という名前で活躍しているそうです。

ちなみにこの名前は準師範になった際に、家元から頂戴したそうです。

若い頃から海外に親しみ、英語もマスターしたルー大柴さんも、やはり日本人の心を持っていたのでしょう。

それなのにルー大柴さん、茶道を「ティー道」などと呼んでいて、まだまだルー語健在!だったようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)