中川秀直の嫁は誰?息子の中川俊直は元ソニー?ベッドのスキャンダル写真。

中川秀直の嫁は誰なのか、息子の中川俊直は元ソニーの社員や、ベッドのスキャンダル写真のことについてまとめてみました。

中川秀直の嫁は誰なのか?

旧姓は佐藤と言います。

つまり彼は婿養子なんです。

慶応大学の卒業した時に結婚しました。

これほど有名な人が婿養子だということがびっくりだと思います。

旧姓は佐藤ということもそうなのですが、男の人がまさか名前が変わるなんて・・・

と思った人も沢山いると思います。

そして大学を卒業したと同時に結婚したという事も、かなり若いうちに結婚していることが判明しました。

スポンサードリンク

これもびっくりですね。

ところが調べるいくと、奥さんのことについてはほとんど出てこないのに、名前が「悦子さん」という形でできましたので、この点を深くみていきたいと思います。

 

この人は誰なのか?

衆議院議員の中川俊直さんの嫁は悦子さん。

中川俊直さんさんの嫁が病気で乳がんとの噂があります。

… 退社後、元衆議院議員の父親である中川秀直さんの秘書を務め、 父親が政界を引退した後、2012年に衆議院議員総選挙で初当選・・・。

嫁は中川の陸上部のマネージャーで、30年以上も付き添っているということだ。

また、嫁は韓国人であるという噂もある。

これは中川秀直さんの嫁さんではなく、その息子さんの中川俊直さんのお嫁さんの名前だということなんですね。

ですので、本来の奥さんの名前についてはわからずじまいでした。

しかし、息子さんのお嫁さんの名前はわかったのですが、今は重い病気であったりとか、良くない噂が流れているなど、こちらも大変な思いをしていると思われます。

 

息子の中川俊直は元ソニーの社員なのか?

彼には兄がいます。その彼が大手企業に勤めていたといわれています。

その会社がソニーではないかといわれていますが、真相は定かではありませんでした。

大きな会社に勤めていたという事がわかります。

また、それがソニーなのかどうかまではわかりませんでした。

さらに、これは息子さんといっても兄の方ではないかと推測されます。

有名人の父のもとで育った息子さんはこう言った点でも、誤解されたり間違ってとらえられているということも多いのでしょうね。

 

ベッドのスキャンダル写真は本当か?

スポンサードリンク

てか、ストーカー議員ってすげーなwww 世も末ですな。

週刊新潮のスキャンダルによって発覚した経済産業省の中川俊直政務官の女性問題ですが、これがただの不倫問題ではありませんでした…。

なんと、浮気相手とのハワイでの重複ウェディングとストーカー事件が暴露されています!?

それも”ゲス不倫”に没頭する中川俊直氏の傍ら、妻は癌で闘病中であったって…。

あまりにも残酷すぎますね。

これはどうやら息子さんの方がスキャンダルになったという事なのでしょうね。

そしてしかもただ単なる不倫のスキャンダルというならまだしも、ちょっと重婚の話など、一般的には考えられないこともありました。

それがなぜわかったかと言いますと、ハワイで結婚式を挙げたからです。

なので、ちょっと常軌を逸している部分があるととらえられた方も多いのではないでしょうか。

ただ、これは息子のはなしです。

では父親については、こういったスキャンダルがなかったのかについて、もう少し見ていきたいと思います。

 

父親は違ったのか?

そんな、中川俊直氏の父親である中川秀直氏も過去に女性問題でスキャンダルになっています。

やっぱり親子は血は争えんってことでしょうか?

週刊新潮のスキャンダルが事実であれば国会議員の辞職も不可避との見方もあるそうですが…。

やはり父親もか・・・

といいたいところですね。

なんかかっこ悪いというよりも、女性からしてみればドン引きでしょうね。

くずとか、最低な親子とか捕らえられても仕方が無いでしょう。

しかも、下の文章をみれば分かるのですが、これではダメですね。

中川秀直氏も官房長官(森内閣)を歴任した大物議員だが、女性問題で官房長官を辞任している。

父親の名前は中川秀直さんですが、 2000年に愛人と一緒にいるところをスクープされたことがあったようです。

2000年10月 – 愛人問題や右翼団体員との会食などスキャンダルが報道され、3ヶ月で辞任に追い込まれた。

この辞任劇が低迷する ….. 2000年、写真週刊誌等に中川が愛人と一緒に撮影した写真やビデオが掲載され、内閣官房長官辞任に追い込まれた。

親が真面目で子供だけが真面目でしたらまだわからないわけではなく、ここは親子ともどもそういった形でスキャンダルされていたんですね。

全く耳を疑うというか、残念な結果に本当に驚いています。

また政治家としても人間としてもとても情けなく感じてしまうところです。

政治的なところの手腕を発揮していて、現在活躍されていることが表に出るのならまだしも、こういった全く政治は関係ないところで話題になるというのは何とも寂しい限りです。

これからしっかりと仕事をして結果を残して欲しいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)