前川喜平の嫁画像。息子は厚生省の医師で東京医科大学出身?

文部科学官僚の前川喜平さんの嫁と息子についての情報をまとめていきたいと思います。

息子さんは東京医科大学卒業の医者という噂がありますが、本当なのでしょうか?

 

前川喜平のプロフィール

こちらは前川喜平さんのプロフィールになります。

本名:前川喜平(まえかわきへい)
生年月日:1955年1月13日
出身地:奈良県御所市
出身校:東京大学法学部
職業:(元)文部科学官僚
肩書:文部科学省官房総括審議官、官房長、初等中等教育局長、文部科学審議官(文教担当)、文部科学事務次官

東京大学法学部を卒業後、文部省に入省し、官房政策課政策調査官や教育助成局財務課教育財務企画室長などを務めます。

義務教育費国庫負担制度批判や数学必修廃止論などの問題に取り組まれているとのことです。

 

結婚した嫁(妻)について!画像は?

前川喜平さんの結婚情報について見ていきましょう。

前川さんは1981年に結婚されたという情報が公表されているようですね。

スポンサードリンク

気になる結婚相手の奥さんについて調べてみたのですが…。

奥さんは、前川喜平さんの妹(小泉和久東天紅会長夫人)の親友だったそうです。

という事だけが分かりました。

前川さんの妹さんは小泉グループの社長夫人という事ですが、あくまで一般人の為、その親友である奥さんも一般人でしょう。

顔写真や名前等の情報は見つかりませんでした。

 

息子は東京医科大学出身の医師(医者)?

前川喜平さんは、奥さんと結婚して、息子さんが2人いらっしゃるようです。

息子さんが2人いて、1人は厚生労働省の前川佑作(まえかわゆうさく)さんなのではないの!?って囁かれています。

もう1人の子供さんは、医師とも囁かれていて、前川喜平さんと同じ東京大学出身と言われています。

ネット上には、前川喜平さんの息子さんは東大出身、あるいは東京医科大学出身だという噂があるみたいですね。

しかし、どちらの息子さんも、厚生省で働いている、医師をされているのかどうかは不明です。

出身が東京大学、同郷医科大学かどうかも証拠が無いため、何とも言えませんね。

スポンサードリンク

父親が政治家をされている家系は、子供も同じような道へ進む事が多かったり、医者や弁護士になっているケースがとても多いため、真若和喜平さんの息子さん達も官僚や医師になっていると思われているだけでしょう。

しかし、前川さんの息子の一人が役人になっていることはどうやら事実のようです。

その情報源が、上記の家族①でご紹介した前川喜平さんの義弟にあたる中曽根弘文さんのファミリーブログから。2012年に前川喜平さんの姪に当たる方が更新した内容です。

看護師さんに『ご家族は?』と聞かれキヘイおじは『息子が2人で妻は1人です』と返事。

ちなみにそんな父親の姿を見て育った息子(私のイトコ25歳)も役人になりました。

その壮絶さを誰よりもわかっているはずなのに。

尊敬出来る姿だったのでしょう。

彼に先日久しぶりに会ったら『毎日死ぬかと思っている』と言っていました。

既に凄まじい日々が始まっているようです。

父親と同じ役人をしていて、さらに厚生省に同じ「前川」という名字の方がいたため、そのように思われているのですね。

それでも、前川佑作さんが前川喜平さんの息子さんかどうかは分かりませんが。

 

現在の職業は?

前川喜平さんは、2017年に天下りあっせん問題が発覚したことで、文部科学事務次官を辞任されています。

その後の前川さんの職業について調べてみました。

前川喜平の現在の職業は調べてみたが不明だった。

しかし、Ameba TVに出演した際に「基本的には無職」と語っている。

どうやら現在の前川喜平は職業に就いているのでは無く、ボランティア活動を行っている様だ。

福島県福島市と神奈川県厚木市にある民間教育団体が運営する自主夜間学校で高齢者を中心に勉強を教えている。

また、子供の貧困・中退対策の為に土曜日に学習支援を行う団体の先生としても活動している。

前川喜平は元文部科学省官僚と言う事もあり、現在のボランティア活動もやはり教育に携わる物であった。

なぜ特定の職業に就いていないのかまでは分からなかったが、現在の活動は前川喜平にとって官僚時代よりも楽しい物であるとも語られていた。

天下りの問題については擁護のしようがありませんが、官僚をしていた時は彼にしか分からない苦悩があったのかもしれませんね。

なので、お金が絡む事のないボランティア活動は、今の前川さんにとってはとても気楽なのかもしれません。

人にものを教えるのが得意なようなので、教師はとても向いている職業なのかもしれません。

前川さんが政界に戻る気があるのかは分かりませんが、彼にとって一番ストレスのない選択をしてもらいたいですね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)