窪田等の嫁の画像。子供は娘がいる?年収や創価学会の噂について。

今回は声優の窪田等(くぼた ひとし)についてみていきましょう。

窪田等について

窪田等さんといえばベテランナレーターとして『情熱大陸』や『F1』関連番組などで広く認知されています。

明確で分かりやすい口調・過剰に主張しすぎない語り口・抜群の安定感といったナレーション技術に定評があり、「彼の声を聞かない日はない」と言われるほど、あらゆるメディアでのオファーも多く「日本で最も忙しいナレーター」と言われています。

多い場合で月に100本を超える仕事をこなしたこともあるなど超多忙な窪田等さんですが、気になるその嫁や子供について調べてみました。

 

窪田等の嫁は?

窪田等さんは結婚しているようですが、お相手についての情報が一切明かされていません。

24歳で結婚しました。

結婚が早かったのも、なんとなく不安だったから支えてくれる人がそばにほしいといった気持ちがあったからかもしれないですね。

スポンサードリンク

愚痴をこぼせる人がほしいとかね。

「今週仕事がないよ」と愚痴をこぼしてもカミさんに「なんとかなるでしょ」と言われるとふっと安心できましたね。

一般人なのでしょうか?

超多忙な窪田等さんを支える献身的な奥さんなのでしょうね。

 

娘がいる?

窪田等さんと奥さんとの間には娘さんがいるという情報がありますが、こちらも奥さん同様画像や詳細は分からず終いでした。

結婚して2年後に子供が生まれたそうなので、お子さんは現在41歳、もうだいぶ大きくなられていますね。

 

年収は?

長年レギュラー番組をもっている窪田等さんですから、気になるのはそのギャラや年収ですよね。

通常ナレーションの仕事はそこまでギャラは良くないのですが、窪田等さんのように人気番組のレギュラーをもつと、収入もぐっと増えるようです。

ベテランナレーターは年収5000万円を超えることもあるようなので、窪田等さんもそのくらいかもしれません。

 

ナレータになったきっかけは?

そもそもナレーションの道へ進む前は、富士通に勤めるサラリーマンだった窪田等さん。

マレーシアへの転勤話が持ち上がった際にどうしようかと悩んでいたとき、たまたま通勤で乗っていた東横線の電車の中で「CMナレーター養成講座 受講生募集」という吊り広告がぽんと目に入ったそうです。

まさに運命の出会いだったわけですね。

講座には会社帰りに週3回通っていました。

上司に「習い事をしたいから」とお願いして定時で上がらせてもらって。

ナレーションの勉強は予想通りおもしろかったですね。

高校時代の放送部での下地があったので余計すっと入れたんだと思います。

スポンサードリンク

それから一番大きかったのが、やっぱり原稿を読むことの心地よさを教わったことですね。

言葉だけで表現するって非常に楽しいことだなって、やればやるほど思うようになったんです。

その後も時々仕事の依頼が来るようになったのですが、サラリーマンだから、なかなか思うように請けられないんですよね。

事務所のマネージャーから直接会社に電話がかかってきていたのですが「明日○○の仕事があるんだけどどう?」「え?明日ですか?会社休めるかどうか……」「だったらいいのよ〜」という感じで。

たしかに二足のわらじは簡単にはいかないですよね。

かといって生活があるので、ナレーション一本に絞るのはそう簡単ではありませんでした。

それで「もういいや、辞めちまえ」と会社に辞表を出したわけです。

ここから僕の無鉄砲人生が始まったわけですよ。

 

創価学会の噂について

窪田等さんは創価学会員という噂がありますが、真相は定かではありません。

学会には声優の方が多く在籍しているようなので、もしかしたら窪田等さんも会員かもしれませんね。

 

情熱大陸

「情熱大陸」のナレーションを17年にわたり務めてきた窪田等さん。

800回記念の際に、感想を語っていました。

「17年って長いですよね?

(だが、自分は)毎週の仕事のルーティンとしてやっているから、そんなに長く感じることがないんですよ。

でも、これだけの方を紹介してきたのかと思うと、一種恐ろしい感じがしますね(笑)」と語った。

また、これまでの放送の中で感動した回について「東北楽天ゴールデンイーグルスのとき」と答え、「テスト時の曲が流れて皆さんの映像がパパパッと映ったときに、いい表情出してくれたりするから、何だろう…胸にグッときたんですよ!作り手の僕らとしては『いいじゃない!』

『頑張ってるじゃない!』と、グシュグシュに泣いてしまうんですよね。

その分、本番のときは意外とクールになれるんですよ」と、現場での裏側を明かした。

『情熱大陸』で唯一、1998年4月の初回から現在に至るまで制作に携わっているのが窪田等さんです。

番組が始まったばかりの頃から『情熱大陸』は放送前日に台本をもらうことがほとんどで、なかなかそういう仕事はありませんよ。

それだけギリギリまで取材をしているんですよね。

最初にビックリしたのは、震災からちょうど半年後の2011年9月11日に放送した「石巻日日新聞」の、番組史上初の生中継。

あれはほんとにイヤだった(笑)。

アナウンサーではないので、生放送の仕事なんてほとんどありませんもんね。

窪田等さんだからこそやり遂げられたことだと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)