神谷明の嫁は誰?子供は息子と娘がいる?現在や復帰の可能性は?

声優の神谷明さんのお嫁さん情報を発信!

子供についても言及します。

神谷明さんは現在何をされているのでしょうか?

復帰の可能性と共にご紹介します!

 

神谷明の嫁

声優界では大ベテランであり、これまで有名どころの声をたくさんされてきた神谷明さん。

声優という広いようで狭い世界にいる神谷明さんの私生活を知りたいと思うのですが、やはり役に入り込むことが多いからか、その私生活はほとんど謎に包まれていました。

特に結婚については触れられていません。

結婚してお嫁さんがいらっしゃるのか、結婚されていないのか?

スポンサーリンク

まず、ここから分かっていません。

声優の奥様と、俳優の奥様では一体何が違うのでしょうか?

声優ですと顔バレがあまりないので、家族で外出する時などは楽かもしれません。

ですが、声優さんが一番苦労するのは、役の声に自分は合っているのかどうかと言う点。

特に原作がある場合は、始めは違和感を持たれてしまいがちです。

定着するまでは厳しいかと思いますが、長く続けられた時にその声以外考えられなくなる最強の声となるのだと思います。

声優さんのお嫁さんが苦労することといったら、声をケアしてあげることでしょうか?

 

神谷明の子供

先にも申しましたが、神谷明さんのプライベートはあまり公表されていません。

子供に関してもそうなのですが、やはり親心からなのか、神谷明さん自身のブログでお子さんについて書かれていることがあります。

そこで分かったのが長女と次女の娘さんがいること。

息子さんもいらっしゃるのかどうか分かりませんでしたが、神谷明さんは別の意味で息子というワードが出て来ます。

 

息子について

神谷明さんと同じ名字の神谷浩史さんという声優さんがいらっしゃいます。

同じ苗字で同じ職業ということで、神谷浩史さんは神谷明さんの息子さんなのでは?という声があります。

神谷浩史さんがラジオ番組で「(神谷明さんは)僕のお父さん。」などと述べていたせいでそのような話が出ていますが、これは冗談であり実際は血縁関係はありません。

実際、ラジオ番組のスタッフの中には5年間も本気で親子だと信じていた人もいたそうです。

何とも紛らわしいですね。

ですが、声優界も二世が活躍するという例はあるのでしょうか?

二世タレントさんや二世俳優さんとはよく聞くことですが、二世声優さんもいらっしゃるのですかね?

 

長女について

神谷明さんの長女は、シナリオノベルシリーズで「エレンディール剣の聖女」という本を出版されたそうです。

本のイラストも長女さんが描いたようで、手作り感満載です。

娘さんの宣伝もしっかりするところが、親の愛を感じます。

 

次女について

スポンサーリンク

神谷明さんの次女は自閉症という障害をお持ちですが、ソロCDを発売されました。

たえさんは、幼いころから聴いたばかりのCM曲をおもちゃのピアノで弾くなど、音楽に親しんできた。

都内や神奈川県などを拠点にするアートスクール「ホットジェネレーション」の一員として15歳で主演を務め、障害者と健常者が共演するミュージカルで活躍してきた。

3日は品川区での公演に出演。

神谷さんは「たえがミュージカルに出会えたのは幸せなこと。たえの歌を多くの人に聴いてほしい」と話している。

障害を個性にして武器に変えるなんて素晴らしいことです。

多くの障がい者に影響を与えたことと思います。

 

神谷明の現在

神谷明さんと言えば、誰でも知っているような有名キャラクターの声優を多くされてきました。

そんな神谷明さんが注目されたのは、2009年に「名探偵コナン」の毛利小五郎の声を降板されたことでした。

そのことが発端でほぼ全ての役がなくなり、干されてしまったというのです。

 

降板理由

神谷明さんは「名探偵コナン」の毛利小五郎の声を降板したのではなくて、降板させられたことを今一度正確にお伝えします。

偵役の毛利小五郎といえば、主人公コナンの謎解きになくてはならぬ大事な役どころ。

この件に関して、神谷明は、「私の不徳の致すところ」と、はっきりとした理由を語らなかったことから、ファンの間ではさまざまな噂や憶測を呼んでいます。

元来、「声優」という仕事は、今のように脚光を浴びた華やかなものではなく、売れない俳優が食べていくための「副業」という地味なイメージでした。

それが今では憧れの職業となっています。

また、声優界を牽引する者として、こんな考えがありました。

神谷明は、俳優業と比較して、「権利料」が格段に低かった声優業の収入面に関して、自ら先頭に立って交渉していたといいます。

本人としては、「後輩たちの生活向上のため」矢面に立つ覚悟で臨んだのでしょう。

しかし結果的に、テレビ局や製作側と決裂する最悪の形となり、自分が降板することで責任を取ることになったようです。

声優界を変えて行こうとする姿勢が偉い人には理解出来なかったようですね。

今、スポーツ界でも古い体質を改革しようという時期に来ています。

声優界でもそれは同じです。

 

復帰の可能性

こちらが心配するまでもなく、神谷明さんは声優以外のお仕事で廃れることもなく、成功されています。

神谷明は、現在、「冴羽商事」という事務所を立ち上げて、声優活動の他に、ナレーションや、司会業、講演会や、コンサートのマネージメントなどの仕事を手広くやっています。

1946年生まれで御年70歳ですが、「冴羽商事」に掲載されている「冴羽コラム」(神谷明のコラム)を読む限りでは、「今日も朝からスケジュールで一杯です!」と、干されるどころか超エネルギッシュな様子。

神谷明さんのキャリアを傷つけることなく、ますますスキルアップしていく姿は多くの声優の卵にも影響を与えていることだと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)