深川栄洋の嫁の宮澤美保の画像。結婚までの馴れ初めや子供は?

千葉県出身、専門学校東京ビジュアルアーツ在学中から、早くもその才能を認められていた深川栄洋監督。

彼の奥さんは美人という噂ですが、一体どんな人なのでしょうか?

現在お子さんはいらっしゃるのでしょうか?

インターネットドラマなど、最新作についてもご紹介します。

 

深川栄洋の嫁の宮澤美保の画像。

現在42歳の深川栄洋監督、日本を代表する才能があるということは、↑のようなふとした写真からも伝わってきます。

金髪だけどチャラくない、彼の瞳や頭は一体何を捉え、何を考えているのでしょうか?

そしてそんな深川監督が選んだ奥様は一体どんな方なのでしょうか?

42歳でこの透明感

スポンサードリンク

すごい透明感ですよねぇ!好きですw

しかも、168cmで43kgってどんだけスタイルいいんですか。

おそらく直でお会いしたら、相当お綺麗なんだろうなぁと想像がつきます。

生年月日から考えると、2016年10月で年齢は42歳ですかね。

↑の画像の女性が深川監督の奥様、女優の宮澤美保さんです。

168cmで43kgという数字だけを見ても、一目瞭然、めちゃくちゃスタイルがいいことが分かります。

そしてさらに↑の画像を撮影した時、彼女は42歳だったのだとか。

ほぼすっぴんに近い宮澤美保さんは20代と言ってもおかしくない容姿です。

また再婚という噂もありますが、初婚のようです。

元彼はチュートリアルの徳井

なになに!?

チュートリアルの徳井義実さんと何やら関係があるとか?

まぁ年齢も近いですし、元カレだったといっても驚きはしませんが。

ということで調べてみると、昔、3人の男が宮澤美保さんの役の女性を巡って繰り広げられる恋愛ドラマで共演経験があって、しかも、なんとも羨ましい!

というシーンがあったようですね。

なんだ~!!

宮澤美保さんがチュートリアル・徳井義実さんの元彼女という情報はデマ、2人は過去に共演したことがあるというだけでした。

結婚までの馴れ初めや子供は?

ここ数年は、インターネットドラマの脚本も手掛けている深川監督。

出演者には、本田翼や大谷亮平など、かなりの大物が揃っている状態です。

きっかけは高速の渋滞

21日に結婚が報じられた映画「白夜行」「神様のカルテ」シリーズなどで知られる深川栄洋監督と妻で女優の宮澤美保さんが22日、会見を行った。

深川監督は「3年前に『神様のカルテ2』に出演していただいたときに、宮澤さんのことを知った。ゴルフが大好きで、2年ぐらい前からゴルフ仲間としてお付き合いをしていました」といい、「2人でゴルフの帰りに高速道路で渋滞に遭い缶詰状態になり、家族、恋愛の話をしているうちに(宮澤さんのことを)いい人だと思った」と交際のきっかけを明かした。

スポンサードリンク

高速道路が渋滞していると、運転席、そして助手席に座った恋人たちの話題はどんどんと深まっていく…私もこれは何度も経験したことがあるので良く理解できます。

車の中という逃げられない場所では、つい本心が出てしまうのか…、最初は相手の本音にイラっとすることがあっても、最後は誤解が解けて前よりもっと理解できたなんてことがあるのです。

心臓が止まるかと思う体験

深川監督は「幸せな家庭を築けたら」と言いながら、「ひっそりと生きている人間なのですが、昨日、Yahoo!ニュースになっていて心臓が止まるかと思いました」と苦笑しながら、交際の申し出とプロポーズは深川監督からしたといい、「今年1月から交際を開始し、3カ月くらいたって、僕らも若くないので結婚しようとなった」と話した。

宮澤さんは「入籍は今年の7月です」と改めて結婚時期を報告した。

お互いに引かれた部分について、深川監督は「映画監督は変なんです。変態だって言われます。彼女は、その部分をいいんじゃないかと思ってくれているようで、社会生活がうまくできなくてもいいと言ってくれて好きになりました」と明かし、宮澤さんは「変態は好きです。お仕事で知り合いましたが、人間性も尊敬できて信頼できました」と微笑んだ。

私もひっそりと生きるのがとても好きなタイプです。

お願いだから、目立ちたくない…目立って得することなんて一つもないと思ってしまいます。

この点については共感できるのですが、変態が好きという部分は全力でNOと言いたいところです。

私は過去に変態な夫がいたことがあります。

最初は何をするにも新鮮で、それが逆にかっこいいと思いました。

でも…実際に結婚生活を続けていると、「あ~普通の生活がしたい…」毎日そう思うようになってしまったのです。

映画『洋菓子店コアンドル』

江口洋介&蒼井優初共演、深川栄洋監督最新作として注目を集める『洋菓子店コアンドル』。

悲しい過去を秘めた元・伝説のパティシエ十村(江口洋介)と、恋人を追って上京してきたケーキ屋の娘なつめ(蒼井優)。

二人が出会った街角の洋菓子店には、美味しいケーキとたくさんの人生に溢れていた――この冬、幸せのひとくちに心が温まるビター&スイートな感動作。

深川監督●なかなか日本ではケーキを題材にした映画というものがないのですが、僕はケーキが大好きなのでケーキの映画があったらいいなって思いました。

辻口●なんで僕が主役じゃなかったのかなって思うぐらい素晴らしい映画でした(場内爆笑)。

辻口●スイーツを題材にした映画は日本では珍しいと思うけど、このような作品を創ろうと思った理由はなんですか?

深川監督●ケーキって凄くきれいで奥深いものを感じる。

僕の姉が元パティシエで、彼女が頑張っている姿をずっと見ていた。

朝4時に起きて帰ってくるのが午後11時過ぎ、この凄くきらびやかで小さなものを創るのにどれだけの修行が必要なのか。

そしてそれだけの思いが込められているから美味しい。

そういうケーキの裏側にいる人たちのドラマを創りたいと思っていました。

辻口シェフが発した「なんで僕が主役じゃなかったのかなって思うぐらい素晴らしい映画でした」という言葉、あまりに素敵なコメント過ぎて、もうこの言葉だけで、この映画を見るしかない!という気分にさせられてしまいました。

深川監督の言うように、ケーキって不思議な魅力があるんですよね。

まるで宝石みたいに美しくて、食べたらなくなってしまうから儚さもある…。

そんなケーキと男女の関係がどんな風に描かれているのか、もうこれは1回見るしかなさそうですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)