はりけーんず前田の嫁や現在について。愛犬がかわいい。

今回はお笑いコンビ・はりけ~んずの前田登(まえだ のぼる)について調べてみました。

 

はりけーんず前田について

東京進出後、ツッコミ担当の新井義幸さんと「はりけ~んず」を結成したボケ担当の前田登さん。

本職は芸人ですが、アニメ鑑賞が大好きで放送されているアニメはほぼチェックするほどであることから、CS・BSアニメ関連番組とイベントの仕事が多いようです。

そんな前田登さんの結婚した嫁や現在について調べてみました。

 

はりけーんず前田の嫁は?

前田登さんは既婚者ですが、奥さんは一般人のようで、顔や名前などは不明です。

アニメネタの場では、自分の奥さんのことをデ・ジ・キャラットになぞらえて「嫁キャラット」と呼んでいるそうです。

 

現在について

スポンサーリンク

芸人としての仕事ではあまりみかけないはりけ~んずですが、実は2人ともかなりのアニメオタクであり、そのこともあってかアニメ情報番組関連の仕事が多いようです。

はりけ~んずのネタは主に漫才で、アニメに関係したものより、毒舌を中心とした漫才を行うスタイルです。

アニメ関連のボケを入れる時もあるが、客層によって全くウケない時もある。

ネタのウケ具合は差が激しく、他の芸人が滑りまくった年配層の客相手に大ウケした事もあれば、ボケた直後に空調の音が聞こえるほど滑った事もあり、後輩芸人にネタにされる事がある。

新井はその強面な顔を弄られる事が多く、ネタでは前田から「タッチの原田くんみたいな顔しやがって」とイジられ、笑い飯の西田には「新井さんは凄く優しい人だけど、顔だけで言ったら白竜さんみたいに怖い」と言われたり、前田の友人であるやまけんには「殺人者みたいなツラ」と言われている。

テレビ関連の露出は少ないですが、舞台やイベントでの仕事で多忙なため、最近「コミケに行けないでいる」と嘆いているのだとか。

このため、コミケ関連の仕事を入れてでも参加する方向で計画をたてているらしいです(笑)

 

アニメオタク

特に前田登さんは普段からアニメキャラクターのTシャツを着たり、多数のフィギュアを所持していたり、自ら声優オーディションを受けて声優デビューするほどの筋金入りのアニメオタクです。

それが高じてか、漫画「おんたま!」の原作者もつとめるほどの突き抜けっぷりです。

初めて声優と関わり、初めてラジオを一緒にやったのは川上とも子さんであり、稀に「川上とも子のうさぎのみみたぶ」に宣伝絡みでゲスト出演していました。

スポンサーリンク

近年は前田登さんのアニメ声優ネタオンリーの単独ライブも開催し、アニメオタク漫才師として着実にその地位を上げています。

はりけ~んずと中田なおきの3人でM-1グランプリの敗者復活戦の司会を担当した際の会場は、コミックマーケットが開催されている最中の東京ビッグサイトと目と鼻の先にあるパナソニックセンター東京前に設置された、特設屋外ステージであった(第2・3回目。4回目も同様であったが、このときはコミケと開催日程が重ならなかった)。

観客の中にはコミケ帰りと思われる客もちらほらいたため、司会の最中にいじったり、コミケのことを意識する発言をしており、「同人誌を作ってコミケに出て儲けるねん」という発言までしていた。

ただ、この公言は仕事の関係でまだ達成されていない模様である。

定期的に「登風」という前田単独のお笑いライブを開催している。

これは主にアニメをネタとしたお笑いライブである。

コンビでもソロでも、アニメ関連の仕事がメインで活動していくのでしょうね。

 

愛犬がかわいい

前田登さんは、吉本興業の中でもかなりの愛犬家として知られています。

愛犬である「あかまる」は、たくさんの芸を持つ芸犬として有名で、吉本興業オフィシャル芸犬に認定されました。

お手、おかわり、伏せはもちろん次々繰り出される芸の数々、そしてその愛くるしさに、ファンになってしまう芸人も続出。

そんなアカマルの魅力をたっぷりご紹介していきます。

飼い主はりけ~んず前田のTwitterにたびたび登場するアカマルのプライベート写真も必見です。

あかまるはポメラニアンで、うるうるした瞳が特徴の可愛い犬です。

二足歩行などの王道芸や珍芸など約30種を取得しているあかまるは、随時新芸練習中のようです。

 

芸犬オーディション

2014年には『代々木公園わんわんカーニバル2014』で、よしもとが運営するドッグサイト「ワン!ダフル」のイベント『出張ワン!ダフル「芸犬オーディション」』が開催されました。

よしもと所属の“芸犬”第一号の“アカマルくん”がステージに登場し、“芸犬”ならではの芸を披露してくれることに。

実は“アカマルくん”は、はりけ~んず・前田の愛犬。

ところが、飼い主である前田が、掛け声に合わせてポーズする「エイエイオー」や、人間の腕をつかむ「タイホ」などの芸をさせようとするものの、アカマルくんはなかなかやってくれません。

前田によると、奥さんの指示はよくきくものの、前田のいう事は全く聞いてくれないとのこと。

前田は、舞台の裏にいる奥さんに向かって「嫁ーーー!!」と助けを。

すると、空気を読んだアカマルくんが、見事な「タッチ」を披露してくれたのでした。

前田登さんより奥さんのほうになついているのですね(笑)

この日出場した愛犬たちは、今後吉本興業所属の“芸犬”として活動していくようです。

あかまるにも後輩芸犬ができたということですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)