佐藤達也の嫁は佐藤恵美。年俸は?現在について。

今回はオリックス・バファローズの佐藤達也選手について調べました。

ネット上では「サトタツ」の愛称で親しまれていますが、活躍に不安視する声もあるようです…。

 

佐藤達也について

佐藤達也さんは埼玉県立大宮武蔵野高等学校出身で、東海大学に進学。

3年の秋にはエースとなり、東海大学を5年ぶりの優勝に導きました。

その後プロ志望届を提出しましたが指名されず、本田技研工業に入社し狭山野球部に所属しました。

Hondaでは1年目の2009年春から公式戦に出場し筑川利希也や武藤祐太らと共に投手陣を支え、3年目の2011年は主戦投手として活躍し、第82回都市対抗野球大会出場に貢献している。

同年10月27日のオリックス・バファローズから3位指名を受け入団。

プロになるのも厳しい世界ですが、ようやく活躍が認められ見事プロ野球選手としてのスタートを切ることができたようです。

スポンサードリンク

ちなみに、佐藤選手の球速は

スリークォーターから平均球速約146km/h、最速155km/hの速球とスライダー、フォークボールを投げる。

とありました。

 

プロ入り後

プロ入り後は一軍入りと登録抹消を繰り返しています。

2013年は開幕一軍入りしたものの、4月24日に腰痛で登録抹消される。

その後、5月9日の福岡ソフトバンクホークス戦にはビハインドの場面で登板し、9回にチームが逆転サヨナラ勝ちしたことでプロ初勝利を記録した。

プロ初勝利は、プロ入りから2年後のことでした。

登録抹消の原因はどうやら腰痛のようですね。

スポーツは何かにつけて腰を酷使しますから、腰痛は避けられませんよね。

佐藤さんは試合後の映像チェックを欠かさないと2014年の記事にありました。

「本音を言えば、見たくない試合もあるんです。

そのまま寝ちゃいたいな、と思う時も。

でも、これをやらないと一日が終わらない。

実際、ビデオで確認すると、マウンド上での自分の目線とテレビ越しの目線が違っていたりすることがよくある。

コースにしても、高さにしても。こうした情報は次につなげるために、とても貴重だと考えています」

こういったたゆまない努力のおかげか、2014年は67試合で48ホールドポイント、首位ソフトバンクには無失点、3位日本ハムには自責点0という好成績を残していました。

 

嫁は佐藤恵美

佐藤達也さんは2011年に奥様である佐藤恵美さんと結婚されています。

プロ野球オリックス・バファローズのドラフト3位ルーキー佐藤達也投手が、交際6年の一般人女性(27)と今月下旬に結婚することが報じられた。

なお妻となる女性は既に妊娠中で、来年には第一子を出産予定であるとのこと。

プロ入りされた年に結婚発表をされたみたいです。

スポンサードリンク

交際6年ということは、プロ入りを目指す佐藤さんの側でずっと応援していたということですね。

まさに糟糠の妻!ですね。

妻の恵美さんとは学生時代から交際されていて、2歳上の年上女房だそうです。

ドラフトで指名されたことを報告すると、平静さを装いながらも弾んだ声が返ってきた。

「好きにしたら、いいんじゃない?行くしかないんじゃないの」

年上ならではの落ち着きと、反面あふれ出る嬉しさがかわいらしいですね。

 

子どもが二人いる

結婚発表と同時に妊娠もしているとのことでしたが、2012年に第一子の男の子が誕生、2014年には第二子となる女の子が誕生しているそうです。

ちなみに佐藤達也さんは7人兄弟で育ったとのことでした。

 

年俸について

結婚し、まだまだ育ち盛りの子供さんが二人いらっしゃる佐藤達也さんですが、気になるのはやはり年俸ですよね。

佐藤達也さんの年俸は、2018年度は5500万円になっています。

オリックス・バファローズの中でもかなり上位に食い込んでいます。

変動があるとはいえ、年収5500万円ってすごいですよね…未知の世界です。

しかし2015年・2016年の最高年俸9000万円からはかなり下がってきてしまっています。

2年連続パ・リーグ最優秀中継ぎ選手として輝いていましたが、やはり腰痛の悪化のせいでしょうか…。心配ですね。

 

現在について

主に腰痛でファンから心配の声も多く上がる佐藤達也さん。

2015年は開幕から打ち込まれる場面が目立ち、4月15日には腰痛で登録抹消される。

5月2日に再登録されるも、6月15日に「椎間板性腰痛」のため再び抹消登録となる。

6月27日に再度登録されるが、8月11日のソフトバンク戦でサヨナラ3ランホームランを含む5失点した。

2016年も開幕から調子が上昇せず、2013年以降では登板試合数、防御率などで自己ワーストの成績となった。

最近は疲労の蓄積も相まって、全盛期と比べさらに成績が落ちてきているみたいです。

とはいえやはり期待のルーキーとしてプロ入りを果たした佐藤さんは依然マウンドに立ちボールを投げ続けています。

そしてその努力は並大抵の人には出来ることではないでしょう。

現在は二軍で調整中のようですが、マウンドに流れる「心絵」を心待ちにしているファンも多いですよ!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)