桂枝太郎が嫁の大河原あゆみと結婚!結婚式や出産について。

今回は落語家の桂枝太郎さんについてみていきましょう。

桂枝太郎について

1996年6月に桂歌丸師匠に入門し、着々と昇進していき3代目桂枝太郎を襲名します。

古典落語はもとより、自ら創作する新作落語にも意欲的に取り組んでおり、三宅右近氏に師事し狂言を学んでいるため、狂言を題材とした新作も制作しています。

歌丸師匠から「不肖枝太郎が最後の弟子になる。」と言われていた桂枝太郎さんですが、その結婚した嫁は誰なのでしょうか?

 

嫁は大河原あゆみ

桂枝太郎さんが結婚したのは、フリーアナウンサーの大河原あゆみさんです。

現在でこそフリーランスとして活動している大河原あゆみさんですが、かつては「山口放送」に所属していました。

山口放送に入社したのは2009年で、入社以来、同局を代表するアナウンサーとして人気を博していた大河原あゆみさんですが、2013年10月31日をもって退社します。

スポンサードリンク

それ以降はフリーに転身し、現在では結婚式の司会などクリエイティブな活動を展開しています。

しかし、世間一般的に彼女の名前は決して有名ではありません。

2人の結婚について、2017年8月8日に配信された「スポニチアネックス」は以下のように報じています。

フリーアナウンサーの大河原あゆみ(31)が8日、自身のブログで結婚したことを報告した。

「私事ではございますが、この度結婚致しました。秋に横浜で正式な結婚式と披露宴を行いますが、主人の地元で披露目をして参りました」

「私は今まで、 誰かに肩を貸してもらうということが苦手な性分でございましたが、心の支えとなってくれる人がいることが、こんなにも日々の安心感やパワーに繋がるのだと実感しております」

このように大河原あゆみさんは「結婚した」という事実のみ言及しており、桂桂枝太郎さんとの出会いや馴れ初めについては明かしていませんでした。

アナウンサーと落語家という意外な組み合わせですが、一体2人はどのようにして出会ったのでしょうか?

 

馴れ初めは?

桂枝太郎さんと大河原あゆみさんの馴れ初めについて調査したところ、2人を引き合わせたのはキングコングの西野亮廣(にしの あきひろ)さんだったことが判明しました。

2人の馴れ初めについて大河原あゆみさんの友人のインスタグラムでは「お付き合いのきっかけはキンコン西野さんだったんだとか」とつづられていました。

西野亮廣さんがきっかけで交際に発展したという情報から、大河原あゆみさんと桂枝太郎さんの接点を調査してみたところ、2015年5月にイベントで共演していたことが発覚しました。

スポンサードリンク

このことについて、大河原あゆみさんは自身のブログで以下のように綴っています。

いや~☆最高にぶっ飛んだ、面白いステージを目撃しちゃいました

こんな勉強ならいくらでもしたいよ。こんな講義なら何万でも出したいよ。

落語家の桂枝太郎師匠にお誘い頂き、キンコング西野亮廣さんのカンファレンスイベント【サーカス】へ(^ー^*)

この中で綴られているように、大河原あゆみさんは西野亮廣さんが主催するイベントに、桂枝太郎さんと共に出席してるようです。

このイベントをきっかけに、大河原あゆみさんと桂枝太郎さんが交際に発展した可能性は十分に考えられますよね。

ですが、彼女のブログにもあるように今回のイベントに誘ったのは桂枝太郎さんなので、2015年5月の時点で2人は既に面識があったということですよね。

このことから、2人はこれ以前に西野さんを通じて面識を持っていた可能性が高いですよね。

 

結婚式は?

2人の結婚式は、2017年10月22日にとりおこなわれました。

無事に結婚式を挙げ、結婚披露宴を行うことができました。

高校卒業から支え育てて下った桂歌丸師匠と女将さんがおひらきまで見守って下さいました。

昨日はあゆちゃんの結婚式。出会ってもう何年?

今はフリーアナウンサーになった大河原あゆみちゃんに、一年前、私の結婚式の司会もお願いしました。

ユーモアやアドリブも完璧に最高の段取りで進めてくれました。

今回はそんなあゆちゃん本人がおめでとう。

お相手は落語家の三代目桂枝太郎さん。

結婚式の会場は横浜だったようですね。

 

出産について

2017年11月9日、2人の間に新しい命が宿ったことが発表されました。

落語家、桂歌丸(81)の“最後の弟子”、桂枝太郎(40)が来年(2018年)1月にパパになることが8日、分かった。

7月に結婚した夫人のフリーアナウンサー、大河原あゆみ(31)が妊娠8カ月で、来年1月15日に女児を出産予定。

大河原は徐々に仕事をセーブしており、体調を見て産休に入るという。

サンケイスポーツの取材に応じた桂枝太郎さんは、「あと20年は死ねない」と照れ笑いを浮かべていたそうです。

 

名前は?

桂枝太郎さんは女児の名前は「笑歌(えみか)」に決めたと明かしていて、「笑は日本テレビの『笑点』から、歌は師匠からいただきました」と語っていました。

結婚保証人にもなった師匠には報告済みで、「あらま、頑張るしかないな」と祝福された。

パパになり、師匠に朗報を届け、ますます芸に磨きがかかりそうだ。

結婚したのが2017年8月で、2018年1月出産となると、できちゃった結婚だったということですね。

その後、無事第一子となる長女を出産したようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)