落語家・桂塩鯛の嫁&娘まとめ。病気で痩せた?

今回は落語家の桂塩鯛さんについてみていきましょう。

桂塩鯛について

4代目桂塩鯛さんといえば、上方落語協会理事を務めており、2代目桂ざこば一門の筆頭弟子ですね。

前名は桂都丸(かつら とまる)として活動しており、京都出身であることと、ざこばの当時の名である朝丸からと名付けられました。

1980年には仮面ライダー スカイライダー(MBS制作・TBS系) で「がんがんじい」こと「矢田勘次」役で後半の34話から出演し、全国の子供らに人気を博していました。

朝のホットライン (TBS系)にリポーターとしても出演するなど幅広い活躍を見せている桂塩鯛さんですが、その結婚した嫁は誰でしょうか?

 

桂塩鯛の嫁は誰?

桂塩鯛さんは結婚しているのでしょうか?気になる家族についてですが、実は既に結婚しています。

奥さんの名前はわかりませんでしたが、たまにブログにも登場しており、夫婦仲は良さそうです。

スポンサードリンク

 

息子・娘について

桂塩鯛さんと奥さんとの間にはお子さんが2人いらっしゃいます。

ブログを見た限りでは子供は長男・長女2人のようです。

娘さんとは良く一緒にお酒を飲むそうで、かなり溺愛している様子がうかがえます。

娘も25歳になりました。遅ればせながらの誕生会です。

ビールもワインも日本酒も、なんでもいける口の娘です。

よぉ~鍛えてはりますわ。お料理は、どれも結構な物でした。

撮り忘れたものもあるので、全部綺麗にいただいたらお腹いっぱいになりました。

さすがに趣のある所でした。

25歳といっても、朝は起こしてもらい、お弁当は作ってもらい、なにからなにまでお世話になっているのでした。

まあ、元気でやってください。

息子さんは既に結婚していて、子供も2人いらっしゃるようなので、桂塩鯛さんからすると孫が2人いるということになりますね。

もう一月経ちました。孫の健やかなる成長を願って初宮参りでございます。

まあ、人のアルバムやビデオを見せられても…という感じではありますが、孫かわいさに載せました。

誕生というのは、人を家族を幸せにいたしますね。みんなが笑顔です。

どうぞ、健やかに大きくなってください。

この夜、お嫁さんのお父さんと機嫌よく一升瓶を飲み干しました。

幸せなおじいちゃんです(笑)

 

病気で痩せた?

スポンサードリンク

1955年2月9日産まれの桂塩鯛さんは、現在63歳。

還暦を迎えて体調が気になるところですが、今のところ病気はしていないようです。

元々ややぽっちゃりしていた桂塩鯛さんですが、2014年1月時点で13kgほど痩せたそうです。

・桂塩鯛さんは“ウォーキング”で駅までの3kmは必ず歩き、場合によっては目的地の手前の駅で下車してさらに歩く。

塩鯛さんは、目標の体重に到達しますと、たぶんすぐに手綱をゆるめると思いますが、今は猪突猛進です(笑)

まあ目標の体重と言いましても、まだまだ重いのですが…痩せすぎても心配になるのは、同感です。

・私も、まあまあ元気ですよ。 卓球やらバレーボール、熱風の体育館で動いています。なかなか痩せませんけど…(笑)

・塩鯛師匠、生で見たのは初めてかなー?まず痩せたな笑高座も良かったな〜 笑った、 笑った。

「蜆売り」は久々に聞いたけど、人情噺として聞かせるより、ああいう演出で終わらせる方がスッキリするんかなー

体を考えてのダイエットだったようで、病気でやせたわけではありません。

「ざこば 南光 二人会」桂ざこば 代演について

5/27(土)より「左中大脳動脈閉塞症・塞栓性脳梗塞」のため、現在も大阪市内の病院にて入院加療及びリハビリ中ではございますが、病院の外出許可を頂き、【昼の部】【夜の部】ともにご挨拶のみの出演とさせていただきます。

つきましては、【昼の部】13:00の回は 桂雀三郎 【夜の部】17:00の回は 桂塩鯛 がそれぞれ1席ずつ代演させていただきます。

病気療養というやむをえない状況のため、何卒ご諒解を賜りたくお願い申し上げます。

公演当日は、出演者始めスタッフ一同、お客様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

2017年には病気の桂ざこばさんの代役を務めているようですね。

 

弟子は?

2010年8月6日に4代目「桂塩鯛」を襲名した桂塩鯛さんには、3人のお弟子さんがいらっしゃいます。

桂米紫(かつら べいし)さんが桂塩鯛さんの一番弟子で、誕生日は1974年3月20日の44歳。
京都府京都市出身となります。

二人目の弟子が、桂鯛蔵(かつら たいぞう)さん。誕生日は1979年2月10日の39歳。
広島県広島市出身となります。

三人目の弟子が、桂小鯛(かつら こだい)さん。誕生日は1984年6月23日の33歳。
岡山県倉敷市出身となります。

桂塩鯛さんは立命館大学経営学部中退後の1977年1月3日に桂朝丸(現在の2代目桂ざこば)に入門しています。

当初は米朝に入門を申し出ていますが、住み込み修行中の弟子が多いため断られ、その後2代目桂枝雀にも申し出たものの、米朝同様弟子がいたため断られています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)