新城幸也が嫁の飯島美和と結婚!年収やけがについて。お腹が出過ぎと話題。

プロロードレーサーとして活躍し、リオオリンピック男子ロードレーサー日本代表にも選出された新城幸也(あらしろゆきや)。

結婚した飯島美和さんとのこと、年収などプライベートについて紹介します。

 

新城幸也の経歴

小学校5年生のときに初めてロードバイクに初めて乗ったのは小学5年生のときですが、中学2年の時にハンドボールに出会い、高校3年夏まではハンドボール部に所属します。

高校卒業後に本格的に自転車競技へ転向。

フランスに自転車留学し、頭角を表します。

2006年にU-23部門での日本選手権で優勝、2007年には日本選手権で優勝します。

2009年には日本人として日本人としては戦後2人目となるツール・ド・フランスに出場。ゴールスプリントでいきなり5着に入るという実績を残します。

 

新城幸也が嫁の飯島美和と結婚!

新城幸也さんはフリーサイクルアナウンサーの飯島美和さんと結婚しています。

スポンサーリンク

飯島美和さんは元ロードレース実業団選手としての経歴を活かし10年以上に渡り、国内の主要レース、国際レースの実況MCをしてきた。

飯島美和さんも実業団のロードレーサーで、その後MCを務めたそうですから、ロードレースで知り合ったのでしょう。

飯島美和さんはかつて飯島誠さんという同じくロードレーサーと結婚していたことがあるので、新城幸也さんとは再婚になります。

 

現在はフォトグラファー兼マネージャー

フォトグラファーで新城選手のマネージメントも務める飯島美和さんはトークショーに夫婦で出演しました。

飯島さんがフォトグラファーとして本格的に活動を始め、現在はさまざまなフォトグラファーをまとめる「Cor Vos」(コール・ヴォス)というオランダの老舗フォトエージェンシーに所属している。

今年はチーム サンウェブやロットNL・ユンボなどUCIワールドチーム6チームを担当し、アジア人女性として初めてバイクにのって3大グランツールを撮影するなど、147レースを転戦。

新城選手と一緒にフランスの自宅で過ごせる日は、年に30日にも満たないというほど多忙を極めている。

フランスを生活の拠点にしていて、新城幸也選手やヨーロッパのトップレーサーを撮った写真展も開くなど、フォトグラファーとしても多忙のようです。

スポンサーリンク

フォトグラファーになったのは新城選手の広報業務に携わるなかで、知り合いのフォトグラファーの方々に教えを請い、カメラの腕を磨いていったそうです。

 

新城幸也の年収は?

ロードレーサーの平均年収は300万円とか500万円とか言われていますが、プロレーサーである新城幸也さんの場合はどのくらいもらっているのか興味があります。

ツール・ド・フランスで総合優勝すれば賞金は5000万円くらい出るそうですが、それは世界のトップ中のトップ。

その他スポンサー契約料が収入としては大きいようですが、

新城幸也選手が初めてヨーロッパで契約したときの契約料が250万円と言われています。

はっきりとしたことはわかりませんが、現在は年収1000万円くらいと言われていますが。

危険と隣り合わせの自転車競技にしては、他のプロスポーツ選手と比べると安い気がします。

 

新城幸也のけがについて。

2016年2月12日、中東・カタールで開催された「ツアー・オブ・カタール」の最終日だった。

スタート直後の5km地点で新城は落車し、そのまま救急車で救急搬送されたのだ。

診断は左大腿骨骨折の重傷で、翌13日には緊急手術を受ける。

大腿骨の折れた部分をつなぐため、長さ30センチ以上のボルトを脚に通し、支えるためのボルトも上下に計3本埋め込んだ。

6時間に及ぶ、大がかりな手術だった。

脚の骨折は、今回が初めてだ。

「折れ方は単純だったので、骨の回復は順調」だというが、手術時に大腿部にある大きな筋肉を切ったため、筋力の回復が今後の課題となる。

落車、けがの危険が伴う自転車のロードレースですが、新城幸也選手も骨折は何度も経験しています。

 

新城幸也はお腹が出過ぎ?

自転車レースのような過酷なレースをしているアスリートなのに、このお腹はびっくりです。

でも、このぽっこりお腹はそこら辺の中年サラリーマンのメタボではありません。

腹圧といって、非常に強い体幹をもっているロードレーサーは、下腹部が膨れて来るそうです。

腹圧が高いことによって食べ物の消化が促進され、内臓が元気な状態に保たれ、またペダリングに活かされるそうです。

プロロードレーサー新城幸也さんの嫁、飯島美和さん、2人の生活や年収などプライベートについて紹介しました。

飯島美和さんはレースからは引退していますが、今は新城幸也さんのマネージャーであり、レースフォトグラファーとして、フランスでタンデム走行しています。

お子さんはいないようですが、いいパートナー同士ですし、オリンピックも目指しているようですので2020年の東京で活躍するのが楽しみです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)