川嶋勝重の嫁は誰?画像は?店をやってるの?才能や現在について。

今回は元プロボクサーの川嶋勝重さんの嫁、お店や才能、現在についてしまべてみました。

 

川嶋勝重の嫁について

川嶋勝重さんの嫁はどんな人でしょうか?

嫁の名前は工藤環さんです。

嫁はもともとジュエリーショップを営んでいたようです。

夫がチャンピオンじゃなきゃ「毎日がつまんない」。

こんなことをテレビ番組で嫁が言っていたようです。

気の強い方なのでしょうか。

スポンサーリンク

一般の方のようで検索しましたが、あまり情報はありません。

嫁との出会い&馴れ初めについて

嫁との出会いと結婚までの馴れ初めはどんなものだったのでしょうか?

2人は2004年の6月28日に入籍しています。

川嶋さんが現役の時に結婚されていますね。

川嶋さんと奥さんとの結婚までの馴れ初めなどを検索したのですが情報が出てきませんでした。

川嶋勝重は店をやっている?

川嶋勝重さんはお店をやっているようですが、どんなお店をやっているのでしょうか?

川嶋さんは引退後に嫁が経営していたジュエリーショップを一緒にやっているようです。

川嶋さんもジュエリーを作っているそうです。

川嶋勝重の才能とは?

元WBC世界スーパーフライ級王者の川嶋さんの才能とは一体どんな才能なのでしょうか?

彼が初めてジムに来た日のことは、よく覚えています。僕が1から教えましたから。まず鏡の前に立たせて、構えを覚えさせて、シャドーボクシングをさせて…。高校時代は野球部だったというから少しは期待をしたんですが、ボクシングセンスはゼロ。「1週間コースかな」。それが、川嶋に対する第一印象でしたね。

こう語っているのは大橋ボクシング会長です。

世界の王者にまでなった川嶋さんがボクシングセンスがゼロというのは驚きですね。

ただ、練習への集中力はすごかった。入門後、来る日も来る日も、誰よりも真面目に練習していました。この集中力があれば、ボクシング以外で役に立つんじゃないかと思って、本人にも「(ボクシング以外の分野で)大物になれるよ」と言ったこともあります。

スポンサーリンク

彼はすごく優しい人間なんです。スパーリングでも、同じジムの仲間だと打てない。無意識のうちに遠慮してしまうのだと思います。だから、練習と試合では全然違いましたね。精神力はとにかく強かった。それは入門した頃から変わらないですね。
ボクシングの素質はありませんでしたから、「もう無理だよ。危ないから辞めろ」と言ったことは何度もあります。今まで世界チャンピオンになった人間を何人も見てきましたが、やはりチャンピオンになる人間というのは人とは違うものを持っているものなんです。ジムにも川嶋よりセンスがあって強い選手はたくさんいたし、そういう選手たちが試合に出てもなかなか勝てなかった。そんなボクサーをたくさん見ているから、川嶋はこのまま続けても無理だと思っていました。

大橋会長は最初から川嶋さんに期待をしていたわけではなかったんですね。

02年4月、佐々木真吾(木更津グリーンベイ)に勝って日本タイトルを獲得して、その後、防衛戦にも勝った。プロにもなれないと思っていた人間が、日本チャンピオンにまでなった。これは、タイミングと運さえあれば、世界チャンピオンもいけるかもしれない…。もしかしたら、と可能性を感じたのはその頃ですね。

川嶋さんの粘り強さや根気強さがあったからセンスがないと言われてもボクシングを続けることができたようです。

なかなか出来ないことですよね。

川嶋勝重さんには努力の才能があったということではないでしょうか。

川嶋勝重の現在について

川嶋さんは2008年にボクシングを引退しています。

現在は何をされているのでしょうか?

妻がアクセサリーショップを経営していたので、そこで修行をして、アクセサリー職人を目指すという選択をしました。ボクサーが引退したら、トレーナーかボクジングジムを開くかというのが、イメージしやすい進路なのかもしれないですけど、僕は、ひとつのことを集中してやりきってしまうと、別のことをしたくなっちゃうんですよね。だから、指導者になるということは、考えませんでした。

指導者という道もあったのかもしれませんが、川嶋さんはアクセサリー職人の道を選んでいます。

 アクセサリー職人として、さらに素敵な作品を生み出していきたいと思っています。イメージを形にするという作業はとても難しい仕事ですが、イメージ通りにできたときの喜びは、何度味わってもいいものなので。自分はもちろん、お客様にもご満足いただけるものを作りたいですね。

いずれは一般の方が楽しめるボクシングジムを経営してみたいなという気持ちもあります。

川嶋さんはボクシングジムを経営する夢もあるようです。

学校や企業で講演会も行っているようです。

引退した後も川嶋さんは努力を重ね、様々なことに取り組まれています。

今後の活動も楽しみですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)