中屋敷法仁の嫁は誰?子供は息子?ハイキューの脚本を担当!評判は?

脚本家として若き天才のを欲しいままにする中屋敷法仁さん。
見た目はどこか小沢健二さんを彷彿とさせる風貌で、私生活ではモテ男で間違いなさそうです。
そんな彼が選んだ奥様はどんな方なのか?
家族やハイキューについてご紹介します。

中屋敷法仁の嫁は誰?

桜美林大学を卒業後は快進撃を続ける若き天才・中屋敷法仁(なかやしきのりひと)さん。
1984年生まれの34歳がパートナーに選んだ女性は一体どんな人なのでしょうか?

母の日にカーネーション

norihitonakayashiki【母の日】愛する妻へ!僕と息子からのサプライズ大成功!
いつもありがとう妻!
そしてよくやった息子!←カーネーションを手渡ししたのですっ
#母の日 #mothersday #happy #life #love #me #smile #family

havoc8228このドヤ顔!笑

↑の画像は母の日に息子と中屋敷法仁さんが奥様にカーネーションを送った写真です。
これを見れば、家族が仲良く暮らしていることは一目瞭然。
中屋敷法仁さんはとっても素敵なパパをやられているのです。

妻と美容院

エピソード①
【私生活】
妻が美容院から帰宅なう。
かわいい。
もうかれこれ10年くらい、この人が美容院から帰ってくるたびに、毎回同じこと思う。
めっちゃかわいい。

スポンサードリンク

エピソード②
妻を初めておんぶしたのは学生時代!散歩中にケンカして怒って歩かなくなった妻を無理矢理かついだのがきっかけです!よいしょー!

↑の画像、左側の女性が奥様です。
これぞ和風美人、かなり説得力のある美人な方だったのです。

↑で紹介した2つのエピソードは、旦那である中屋敷法仁さんがツイッターで奥様のことを表現した時のものです。

美容院から帰って来る妻はいつも可愛い、妻をはじめておんぶしたのは学生時代…素敵過ぎるエピソードに「こんなこと言ってくれる旦那様がこの世にいるんだ!?」と驚いてしまいました。
あぁ私もこんな人と結婚してみたかった…。

子供は息子?

↑の画像の可愛い男たちが中屋敷法仁さんの息子さんです。
お揃いのボーダーがめちゃくちゃ似合っていて、お洒落キッズ→将来はイケメン確定?!な印象です。

活力源は息子

【あなたの活力源は?】

最近は何だろうなぁ……。
やっぱり息子ですかね。
いま必死に教えているのは「僕には飛び込んできていい」ということ。
ダッシュをして僕にぶつかってきたり、パンチをしたり、抱き合ったり、噛みついたり、キスをしたり……、彼が僕にする肉体的な接触を受け入れ、全身で感じています。

やはり生き物は体温の接触が必要なんだなぁと、最近如実に感じています。
人間は、誰かと抱きしめ合うことで免疫力が高まるんだそうです。
逆に誰とも抱き合っていないと免疫力がどんどん低下してしまう。

だからおじいちゃんおばあちゃんは孫が生まれると元気になるんですって。
人が人と信頼を持って触れ合えるというか、ペットとの触れ合いも同じことだと思うんですけど、そういうことが、最近の活力源になっているのかな。

……これ、言葉にするとすごく浅く感じますね(笑)。
でも、そういうことを絶やさないようにしたいと思っています。
僕はもう大人だから、両親から抱きしめてもらえないけど、逆に息子を抱きしめたりとか、息子が成長して僕がもう抱きしめられなくなる頃には孫が生まれたりとか、そうして体温の連鎖が続いていくのかな、という気がしています。『赤鬼』の創作のヒントになるとも思っています。

スポンサードリンク

人と人とのスキンシップって本当に馬鹿にできない効果があるんですよね。
実はその効果は人だけでなく、ペットでも意味があるのだとか。

ちなみに私はもうすぐ63歳になる実の母と会うたびにハグするようにしています。
日本人同士となるとちょっと恥ずかしい行為かもしれませんが、ハグは薬と同じくらい癒しや元気を取り戻す効果があるのです。

ハイキューの脚本を担当!評判は?

そんな中屋敷法仁さんは最近、ハイキューの脚本を担当されました。
その評価はどうかったのかというと、最新技術を使ってバレーボールを表現したところなどが観客に大ウケ。
成功した理由は演出が良かったという一面もありますが、脚本家としての中屋敷法仁さんは以降、演劇界の若い旗手と呼ばれるようになりました。

最近の2.5次元舞台

近年、女性を中心に話題となっている2.5次元舞台。演出家として活躍する中屋敷法仁さんは、『黒子のバスケ』『文豪ストレイドッグス』(演出)、『ハイキュー!!』(脚本)などで知られるクリエイターです。
高校演劇全国大会で最優秀創作脚本賞を受賞した後、大学時代から劇団「柿喰う客」で人気を博してきました。

――ここ最近の2.5次元舞台の成長には驚かされます。この動きは以前から予想していましたか?

僕が15年前に青森から東京に出てきた時にはすでにミュージカル『テニスの王子様』が人気で、今後、もっと伸びていくだろうなと感じていました。

舞台が2.5次元になるという部分にいち早く反応したのが中屋敷法仁さんだったのです。

演劇の世界で輝く才能

――演劇のどんなところが魅力だったのですか?

ふだんの僕は、意見をスルーされることが多くて、会話も下手で、「空気が読めてない」とよく怒られる。
でも学芸会や文化祭の僕は、台詞を一日で覚えてくるし、友達には泣きながら怒るし、ビックリするぐらいモチベーションが高いんです。
それなのに、みんなが僕の言葉に耳を傾けてくれる。修学旅行で「あっち回ろう」と言っても聞いてもらえないし、家族で食事に行く時も意見が通らないのに、演劇だけは特別だと感じていました。

↑のコメントはまさに天才のエピソードといった感じですね!!
普通の世界では生きられない天才…そんな言葉が彼にぴったりです。

才能ある人だけが売れるわけではないルール

あと、友人たちに僕のことを“天才”と呼ばせていたことも評価につながったように感じます。

――天才!? それはなぜですか?

「中屋敷って天才らしい」と噂が流れて、周囲から本当にそう評価されやすくなるから。
といっても、学生時代の話ですけどね。
たとえ僕の芝居がつまらなくても、「自分の感覚がズレてるのかな」と思わせられるかな、と。

そうそう、友人に天才と呼ばせる才能というのも意外と大事だったりするんですよね。
世の中から評価される人って…時と場合によって、才能があるから売れるというケースだけではないもんなんですよね。
中屋敷法仁さんというは、そういう面を上手く利用しているのではないでしょうか…。
そして自分の才能を誰よりもシビアに評価しているのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)