柳沢幸雄の嫁&息子まとめ。ハーバード大学にいたの?

開成学園の校長として、また、教育者や大学教授としても名高い柳沢幸雄さん。

凄まじい経歴をお持ちの方ですが、奥様やお子さんはどんな方で、あの世界でも名の知れたハーバード大学にいたというのは本当なのでしょうか?

調べてみましたのでご紹介します。

 

柳沢幸雄について

まず、柳沢幸雄さんはあまりメディアに出る機会のない方ですが、教育についての教鞭、講習会を開いたり本を執筆したりと、教育熱心なお母さん方にはよく知られた方です。

今現在は日本一ともいわれるエリート高校、開成中学・高校の校長先生として子供達を指導しています。

ご自身も開成→東大という難関コースを勝ち抜いてきた経歴の持ち主。

1947年生まれですので現在は71歳になりますが、まだまだ教育の場では現役として熱弁を奮っています。

 

柳沢幸雄の嫁について

柳沢幸雄さんはご結婚をされていますが、奥様についての情報は一切出てきません。

スポンサーリンク

柳沢さん自身も芸能人ではないため、当然といえば当然ですね。

ですが教育熱心な柳沢さんですので、それに寄り添う奥様もきっと教育についてはご理解や勉強をしていらっしゃる方なのでしょう。

 

柳沢幸雄の息子について

柳沢幸雄さんには息子さんがいらっしゃるそうです。

詳しい名前や年齢ははっきりとしていませんが、講演会ではこんな事を話していました。

私の子どもは男の子なのですが、時々想像するんです。

もしも、娘がいたらどういうふうになるんだろうなと。

例えば娘が20歳くらいで、「お父さん、銀座へ行こう」と言われて腕でも組まれて「あのハンドバッグ買いたいの」と言われたら、すぐに買ってあげると思うんです(笑)。

ところが、うちは息子ですから「お父さん、あの時計が欲しいんだけど」と言われても「自分で稼いで買いなさい」となる。

開成の校長先生も、娘さんがいたら普通のパパさんになってデレデレしてしまうのですね!

スポンサーリンク

ですが実際に居るのは息子さんで、決して甘やかして育ててはいない印象があります。

もしかしたら逆に教育を学ぶ立場の人として、一般家庭よりも厳しく躾けてきたのかもしれませんね。

 

ハーバード大学にいた?

柳沢幸雄さんの経歴を調べていると、こんな内容を見つけました。

1971 – 1974年 システムエンジニアとして日本ユニバック株式会社に勤める。
1981 – 1985年 東京大学工学部化学工学科 助手。
1984 – 1985年 ハーバード大学公衆衛生大学院環境健康学科 研究員。
1986 – 1992年 ハーバード大学公衆衛生大学院環境健康学科 助教授。
1992 – 1997年 ハーバード大学公衆衛生大学院環境健康学科 准教授。
1993 – 1997年 地球環境産業技術研究機構 主席研究員。
1997 – 1999年 東京大学工学部化学システム工学科 寄付講座教授。
1997 – 2002年 ハーバード大学公衆衛生大学院環境健康学科 併任教授。
1999 – 1999年 東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻 教授。
1999 – 2012年 東京大学大学院新領域創成科学研究科環境システム学専攻 教授。

なんだかものすごくてクラクラしますね…!

ですが1984年〜1997年まで、ハーバードで教授として在籍していたことは間違いなさそうです。

また、同時に出身校でもある東京大学でも教授として活躍していました。

ハーバード大教授→東大教授→開成高校教授って、どんな前世でどんな徳を積んだらそんな人生を歩めるのでしょうか……。

ちなみにハーバード大学で教授をしていたころと現在について、柳沢さんはこんな風に語っています。

私はハーバード大学で教鞭を取っていました。

その経験から感じるのは、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学の新入生と開成生を比べたら、開成生の方が遙かに優秀である、ということです。

もちろん、生徒個人の能力の高さもありますが、開成で過ごす6年間で彼らの「世界一の能力」が培われると感じています。

すごい…!

今自分が開成の校長をしているからという立場もあるのかもしれませんが、それでもハーバードで教鞭をとっていた方がこのように言うということは、やっぱり開成の生徒って凄いのですね。

月並みの言葉で申し訳ないですが、これからの日本を引っ張る子供達の指導をこれからもぜひよろしくお願いします、柳沢さん!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)