門博文の妻の画像は?離婚の噂?娘について。中川郁子とキス!

門博文さんは、「和歌山をそして日本をよくしたい。経営者の感性でふるさとのすばらしい未来を目指します。

故郷と人を大切にする政治」という理念を掲げる自由民主党所属の衆議院議員です。

今回は、門博文さんの妻や娘さんについてや中川郁子さんとの不倫疑惑について迫ってみようと思います。

 

門博文の妻

門博文さんは家族について一切明らかにしていないようです。

普通、政治家の公式サイトのプロフィールには、妻と結婚した年や名前くらいは書かれているのですが、なぜか門博文さんは一切家族について触れていないようです。

その理由は後程お伝えしますが、まずは数少ない妻の情報を探ってみることにします。

ある記事に門博文さんの妻についてこんなことが書かれていました。

「彼女は小学校の教師をやっとって、礼儀正しくてしっかり者よ。

旦那は東京暮らしやから、留守中は奥さんがこっちの後援会事務所によう顔出して、支持者への挨拶回りもしとる。」

スポンサードリンク

門博文さんの後援会の関係者が妻について話されていますが、妻は小学校の教師をしているそうで礼儀正しくしっかり者という評判みたいですね。

妻は後援会事務所によく顔を出し、支持者へのあいさつも欠かさないそうです。

地盤を固めるのは妻の務めとして、日々頑張っていらっしゃるようです。

 

妻の画像は?

残念ながら門博文さんの妻は顔写真を公開していません。

門博文さんが書いた「幸せ度数年表」があるので見てみましょう。

・・・結婚後に謎の落ち込みがあるのが気になりますが2013年頃までは「幸せ度100」だったようです。

この後はどうなったんでしょうか?

 

門博文の娘

門博文さんのお子さんについても公式サイトに記載はありません。

先程、妻について話した後援会の関係者がお子さんについても話されているのでそちらを紹介します。

「昨年末の総選挙で、比例で当選が確定した瞬間、娘さんたちが父親と抱き合って号泣してたんよ。

あれからまだ3か月やで。しかも下の子は、高校受験の最中でな…」

門博文さんには娘さんたちがいるようですね。

以前、門博文さんは公式サイトに家族のことを記載していたそうで、少しだけ娘さんたちの情報がネット上に残っていました。

その情報をご覧ください。

・「家族 妻、3人の娘・サンディー(ビーグル犬)」「好きな言葉 至誠」など
・ 門博文の娘は、大学3年、高校2年、中学3年の3人
・ 門博文の選挙では家族総出で応援していた

2015年当時の情報ですが、大学3年、高校2年、中学3年の3人の娘さんがいるみたいです。

2014年の衆院選では家族総出で応援していたそうですが、2017年の総選挙ではそういった応援は一切なかったようです。

なぜなんでしょうか?

 

中川郁子とキス!

スポンサードリンク

2015年2月、週刊新潮が中川郁子議員との不倫を写真付きで報じました。

2015年2月23日に農林水産大臣政務官の中川郁子と路上で接吻している姿を週刊誌に掲載され、不倫関係にあると報じられた。

3月5日、「お酒で気が緩み、軽率で誤解を招く行動だったと深く反省しております」と謝罪コメントを出した。

しかも、2人は路上でキスをしているところも撮られてしまいました。

これでは言い訳は無理でしょうね。

軽率で誤解を招く行動・・・

キスまで撮られているのになんの誤解があるのか分かりませんが、このスクープは大騒動へと発展してしまうのでした。

中川都子さんは農林水産大臣、経済産業大臣、財務大臣、内閣府特命担当大臣(金融担当)を歴任した故中川昭一さんの妻で、夫の死後に政治家に転向されました。

その為、中川都子さんとの不倫報道は注目され、一躍、門博文さんを有名にしたのでした。

不倫騒動では家族にも影響があり、門博文さんは家族についての記述を公式サイトからすべて削除したそうです。

門氏の公式ホームページにも異変が起きている。

不倫報道前にあったプロフィル欄の一部の家族構成や趣味などが確認できないようになってしまった。

こういった経緯から門博文さんの家族についてはほぼ情報がありません。

もしかすると、これまでは妻の顔も公開されていたのかもしれませんが不倫報道後に削除されてしまったのかもしれませんね。

 

離婚してる?

不倫報道後、門博文さんはマスコミから取材が殺到し、家族から不満が出ていることを示唆しました。

「君が帰った後、オレは大変やで。(家族から)『お客さん誰?』と聞かれる。家族は不愉快や!」

家族から総スカンをくらっていましたが離婚はしていないようです。

一時は離婚危機もあったそうですが、現在は家族から許されたようです。

同紙が報じている通り、門さんは2015年12月の時点で奥さんとの離婚疑惑が取り沙汰されていました。

しかし、新潮の取材を受けた彼は離婚疑惑を一蹴しており、2017年6月現在に至っても「離婚した」という報道は確認されていません。

また、一部関係者の証言によると、奥さんと3人の子供(娘)は門さんの不倫を許したと言うのです。

このことについて同紙は次のようにも報じています。

和歌山の自民党関係者が言う。

「結局、奥さんと3人の娘さんは、門さんを許したそうです。一番上の娘さんの怒りの矛先は、中川郁子さんに向かっているとか」

この証言が事実だとすれば、門さんと奥さんが離婚する可能性は低いと見ていいでしょう。

現在、家族の怒りの矛先は不倫相手の中川郁子さんに向かっているそうですが、2人は選挙で明暗がくっきりと別れました。

2年前、週刊新潮に路チュー不倫をスッパ抜かれた2人は、仲良く選挙区で“失落”した。

自民党の門博文氏(52)=和歌山1区=も選挙区で敗退したが、比例で復活当選した。

不倫報道が尾を引いていたのか、2人とも2017年の衆院選で落選。

しかし、門博文さんだけは比例で復活当選しました。

門博文さんは好きな言葉として「至誠」を挙げています。

これからは妻や娘さんたち、そして有権者に至誠な人であってもらいたいですね。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)