土肥ポン太の嫁・福田多希子の画像と結婚までの馴れ初め&離婚の噂について。

野菜好き芸人としても、農業プロデューサーとしても活躍している、異色のタレント土肥ポン太さん。

そんな彼の結婚と最近の動向をまとめました!!

土肥ポン太の嫁の福田多希子の画像。

インスタグラムに投稿された写真ですが、二人とも自分たちの農園を前に、楽しそうにしていますね!

結婚相手は元アイドルだった?

ポン太さんの結婚相手は福田多希子さんというアイドル出身の吉本新喜劇の女優さんです。

大変かわいらしい顔をしていながら、吉本新喜劇でドタバタをやっていたというのですから驚きですね?!

福田多希子さんは2009年にNSC大阪校、女性タレントコースに入学。吉本が主催する女性アイドルユニット「つぼみ」の5期生として参加したのが、この世界に入ったきっかけのようです。

スポンサードリンク

 

そこで長らく主要メンバーとして活躍していたそうですが2012年に、吉本新喜劇座員オーディション2012、そして第6個目金の卵オーディションに合格してつぼみを卒業。

そして、吉本新喜劇に入団して女優の道を歩み始めたそうです。

アイドル出身の演劇人は多くいますが、お笑いの道に進まれるとは珍しい人ではないでしょうか?

2人の結婚までの出会いや馴れ初めは?

土肥ポン太さんは「つぼみ」に福田多希子が在籍していた頃から注目していたそうです。

しかし、厳しい芸能界、なおさらアイドルの事。土肥さんは福田さんに手を出さないように我慢していたそうです。

その後、土肥ポン太さんのラジオ番組に福田多希子さんが、ゲスト出演したことで親密になったそうです。

その後、福田多希子がアルバイト先を探していたため、土肥ポン太が自分の畑と店に誘ったのがきっかけとなって交遊が始まったとか。

福田多希子さんは病気でバイトをやめることになったものの、土肥ポン太さんがお見舞いに行ったのを機に、親密の仲となったそうで、以来彼女も農園に出入りするようになったそうです。

元々結婚願望はあったものの、中々踏み出せなかった土肥ポン太さん。

しかし、一生懸命に働き、真面目な彼女の姿を見て、自身も決心をします。

畑での彼女の動きがすごく良かったり、鶏糞っていう肥料があるんですが、この肥料がすごく臭いがキツイんですけど、嫌な顔ひとつせず『パーマ液と思ったら大丈夫』と言った時に、この子や!と思いました

その時の様子を、土肥さんは上のように語っていました。

そして2017年4月、自分のタマネギ畑で、プロポーズ。

玉ねぎ畑というのも面白いですが、告白の言葉も非常にユニークなものでした。

「僕が野菜なら君は肥料だ。
僕を枯らさないようにそばにいてくれ」

このプロポーズを福田さんは受け入れ、めでたくゴールしました。

少し変わっていますが、如何にも芸人さんらしいいいエピソードですね!!

離婚の噂はデマ?

一部ネット情報では離婚をしたなどという話が出回っておりますが、

先日も夫婦揃ってトーク番組に出演して、仲睦まじいところを見せていました。

二人が離婚したというのは悪質なデマでしょう。

副業がスゴイ!

ピン芸人と活躍している土肥ポン太さんですが、野菜芸人と米・食味鑑定士という不思議な肩書を持っており、それを生かした副業として八百屋さんを経営しています。

その肩書の通り、農業と食に対する造詣が深く雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!」では「しょうが芸人なる愛称で出演を果たしたほどです。

スポンサードリンク

そんな副業との出会いは、まったく売れなかった若手時代、八百屋さんでアルバイトをしたのがきっかけだったそうでう。

野菜の行商や卸売りなどを経験し、現場の波や厳しさにもまれながらも、稼げるノウハウを得たポン太さん。

一時期は普通の人の数倍も売り上げがあり、芸人稼業よりも儲けていたとか‼‼

そんなノウハウを生かして、2004年に独立をして、八百屋を開業しました。

その名も「ポン太青果」。可愛らしい名前ですが、本人は至って真面目にやっていたそうです。

その頑張りとノウハウが見事に生かされて、2008年には二号店を構えるほどの人気店になりました。

 

八百屋の場所は生野?

店は一号店、二号店共に長らく生野区にありました。その頃の様子がこちら。

その後、店の利便性と収益を図るために2014年に大阪南港のアジア太平洋トレードセンター、通称「ATC」に移転をして活動していました。

しかし、移転した店も2016年1月11日限りで閉店しました。その事が土肥ポン太さん本人のブログに書かれています。

皆様へ
ご報告遅くなりましたが、
1月11日を持ちまして、ポン太青果南港ATC店は閉店致します。
沢山の方々にご愛顧頂き、誠に感謝致します。
今後は農業をメインに自分達で作った野菜を販売して行こうと考えてます。
実際に、能勢町で農業を始めております。
片手間で農業は出来ません。
本気で、農業に取り組み生産者として、
チャレンジしています。
ロケや取り引きしている農家さん達の姿を見て、
自分もしたいと言う気持ちが日に日に強くなって行きました。
スタッフに農業経験者もいて、心が動かされました。
南港ATC店の契約が切れるこのタイミングで、
農業の方で当面は頑張ります。
販売の方は出張販売を行って行く予定です。
沢山の方々にお店に来て頂いた事、
心より感謝しております。
一旦、店舗営業はお休みしますが、
春ぐらいから出張販売を始めますので
その時は、お時間あれば覗きに来て下さい。
生産が軌道に乗れば、また店舗もやる予定です。
暫しお待ち下さい。

ただ、上のブログ記事を見る限りでは、八百屋から農家への方向転換や賃貸契約などの諸要因による閉店のようであって、経営難や事業の失敗による閉店ではなさそうです。

現在では大阪府豊能郡能勢町上杉313 きのこ村へと拠点を移し、自分の手で畑を耕しながら、コラボ企画や農業体験など、農業に関するプロデュースをしているそうです。

サイトなどを見ると、「ドレッシング」や「ジュース」など、斬新なアイデアによって生み出されたポン太農園のグッズが売られています。まさに農業タレントとして軌道に乗ることができたといえるでしょう。

新たな農業タレントとして注目を集めている土肥ポン太さん。これからも土や野菜、そして奥さんと共に農業のすばらしさを啓もうしてほしいですね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)