土井善晴が嫁と結婚してる?父親・土井勝の画像。声の病気なの?

料理研究家の土井善晴さんが結婚したお嫁さんをご紹介。

父親である土井勝さんの画像も大公開します!

土井善晴さんは声の病気と言われていますが、その真相についても迫ります。

 

土井善晴の家族

主婦層に人気がある料理研究家の土井善晴さん。

土井善晴さんのお父様もお母様も料理に関係するお仕事をされています。

そして、気になるのはお嫁さんはいるのか?

子供はいるのか?

ということです。

スポンサードリンク

土井善晴さんの豊かな家族に注目しました。

 

嫁について

土井善晴さんが結婚したのは1987年で、土井善晴さんが30歳の時でした。

理想的な結婚適齢期だったと思います。

ただ、お嫁さんについては一般女性だからなのか、情報がほとんどありませんでした。

それだけ、大事にされている証拠でしょうね。

不用意にメディアに出ると、すぐにSNSであることないこと言われてしまう時代です。

控え目くらいでちょうどいいんです。

 

子供について

土井善晴さんには娘さんが1人いらっしゃいます。

19991年生れなので現在27歳の年齢です。

娘さんも父親と同じ料理の道を選び、フランスのリヨンにあるポールボキューズの料理学校で料理やマネージメントを専攻していたようです。

学校を卒業してリヨンの企業に就職したようです。

娘さんが同じ道に進んでくれるなんて、父親としては最高の親孝行ですね。

小さい頃からその背中を見せて育ててきたのでしょう。

子供は想像以上に親の背中を見て後を追っているものです。

 

父・母・兄について

土井善晴さん一家は妹さん以外、全員料理研究家という肩書をもつ一家です。

お父様は土井勝さん。お母様は土井信子さん。お兄様は土井敏久さん。

と、いう事はさぞかし毎日の食事は美味しくて、バランスが取れて、豪華だと思いがちですが、意外にも普通の家庭料理だったそうです。

それも、お手伝いさんが作っていたというので、何のための料理研究家か!?と思いましたが、それが仕事なのだから家庭で仕事はしないという主義だったのかもしれません。

まあ、単にお父様もお母様もお忙しいという理由もあったのでしょう。

 

父親・土井勝の画像

土井善晴さんの父親は土井勝さんで、「おかずのクッキング」で初代の司会者をされていました。

30年ほど土井勝さんが司会をしていましたが、土井勝さんの体調不良により、土井善晴さんが司会を務めるようになります。

30年続いた番組を引き継ぐっていうのは、けっこうなプレッシャーですよね。

そんな土井勝さんの画像がコチラです。

スポンサードリンク

個人的なのですが私は土井勝さんより、土井善晴さん世代なので、「おかずのクッキング」は土井善晴さんのイメージが強いです。

 

土井善晴は声の病気

土井善晴さんのことを調べていますと、何故か「声の病気」というのが出てくるのですが、一体何のことかと調べの先を行っても、何のことだか分かりませんでした。

土井善晴さんが声の病気を患っているということもなく、ご家族も声の病気に関しては無関係のようです。

ただ、近いかな~という情報は、土井善晴さんのあるツイートかな?と思ったりしました。

そのツイートがコチラ。

「二つ星シェフ」という映画を見たのですが。

シェフが、怒鳴り散らして、気に入らないと物を投げつけて、スタッフをビビらせているような調理場からは、おいしいお料理は、生まれません。

そんな調理場から、できてきた料理を食べれば、味に[痛み]としか言えない雑味が必ず見つかります。

この怒鳴り散らすというのが声に繋がったのか?と思ってみたりして・・・。

無理矢理ですかね?

ですが、このツイート大きな共感を呼びました。

ドラマや実際のお店などでもよく見かけますよね、料理長や上の先輩が下っ端を怒鳴っているシーン。

そういう厳しい世界だと思ってきましたが、本当の料理ってそういって作るものではないんだということを、改めて気付かせてくれた内容でした。

もちろん、下の人に指導することは必要でしょう。

ですが、指導と八つ当たりは違いますよね。

 

土井善晴が料理研究家になるまで

「おふくろの味」というのを広めた第一人者と言われている土井善晴さんですが、彼が料理研究家になるまで、どんな修行を積んできたのか調べてみました。

大学三年生の時に留学し語学学校に通いながら、超一流のホテルローザンヌバラスの調理場で無給で働きました。

一時帰国した際は神戸のレストレランで仕事をしながら大学に通ったそうです。

そして、1978年にもう一度フランスへ渡り、フランス最優秀料理人の称号を持つマルク・アリックスさんの家に居候しながら修行をしました。

帰国後、お父様の土井勝さんの料理学校でアシスタントをし、25歳で大阪の高級料亭味吉兆で修行。

4年後に当時料理学校の社長だったお兄様土井敏久さんの学校を手伝うようになります。

1992年独立して「土井善晴おいしいもの研究所」を設立しまして、1993年に東京へ進出してきました。

そして、今の土井善晴さんがいます。

海外での留学、修行など、料理研究家への道のりには苦しいことばかりのような気がしてしまうのですが、好きな料理に携わっているというのは土井善晴さんにしてみれば、幸せなことなのかもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)